今さら

「写ルンです」が人気再燃。いま注目のノスタルジックマーケティングとは

あんなもんが売れちゃうんですねぇ。

ワタクシはフィルムの頃は写真に興味がなかったので、ほとんどいじる機会もなかったんですが、まぁ出かけて記念写真を撮るとかで写ルンですを使ったことがある程度ですか。

なので、思い入れは全然ないんですよね。ついでに言えばフィルムカメラもあまり興味がないという。ま、デジタルで写真のことがわかったんで、フィルムもやってみてもいいかな、レベルなんですよね。

記事にもありますが、カメラマンがフィルムに回帰する理由もわからないでもないんですよ。デジタルはパキパキに写るんで、そういう写りを嫌うってのはあると思うんですよね。ただ、まぁフィルムで撮っても出し先がInstagramじゃあんまり意味もないと思うんですけど。

懐かしいから買っているっていう層はいるんですかね。フツーの人はやっぱり買わないと思うわけですよ。現像しなきゃいけないし撮ってからどう写ってるかすぐにわからないし。写真好きでフィルムを使ったことがある、という限られた層にウケてるだけじゃないんですかね。
by peugeot206ccs16 | 2016-07-11 00:23 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/25780273
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。