これは

コインランドリーが増え続ける理由 10年で4000店舗増加

都心部だけの話じゃないですかね。ウチみたいな田舎になるとコインランドリーってそもそも儲からないと思うわけですよ。学生が住むでもなし、土着の人か住宅を持っている人が住んでいるような場所なので、洗濯は自前でやってると思うんですよね。

ということで、都心部には増えているらしいと。でも、増えてるって言っても急激な伸びを示しているわけではなく、10年で4000件程度なので、年で400件程度。広い都市から考えると大した伸び率ではないと思うんですよね。これが年間2000件ともなると、話は変わってくるんでしょうが、そんなに伸びたら過当競争間違いなしです。

記事には建てる側のメリットが書かれていますが、使う側からするとどうなんでしょう。例えば週1で洗濯物を持ってきて使ったとして、払った金額は電気代とか合わせるとペイするんですかね。洗っている間の時間は何もすることがないのは自宅で洗濯しても一緒。強いて言うなら干す手間が省けるわけですが、そこも込み込みで金額設定って安く感じるんですかね。需要があるから供給もされていると思うんですが、どづなんでしょう。
by peugeot206ccs16 | 2016-07-18 00:54 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/25800207
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。