長いこと売ってた

新生「リッツ」「オレオ」発表、中国で作り日本に輸入

割にあんまり食った記憶はないんですよね。

リッツは単体で食べるにはちと素っ気ない味だし、さりとてオードブル風に食うかと言われればそんな食習慣はないわけで。

オレオの方が食う機会はあったと思いますが、中のクリームが結構甘くてあんまり数を食えないんですよね。

なので、45年も売ってた割には縁遠いお菓子ブランドでしたね。ヤマザキがライセンス切れで生産を止めるってんで、日本ではお目にかかることもないのかぁ、と思っていたら、元々の製造元が作って輸入するっていうんだから、いよいよ感慨深さもなくなっちゃう感じで。

インドネシアと中国で製造するらしいですが、まぁたぶんフツーの人には味の差はわからないんじゃないですかね。レシピを変えるわけでもなさそうだし、工場生産なのでどこに工場があろうとクオリティコントロールしてるでしょうからね。

食い比べしている人もすでにいるようですが、リッツと後継のルヴァンではリッツの方がいいって意見は多いようですね。

by peugeot206ccs16 | 2016-09-07 03:11 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/25960760
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。