セブンイレブンの前に

高知唯一のルイ・ヴィトンが閉店→同じ建物にセブンイレブン入る

なぜに高知にヴィトンがあったのか、という素朴な疑問が。日本で3番目の路面店として登場したらしいですが、3番目の路面店に高知を選んだ理由がよくわかりません。マーケティングの方で何か思うところがあったんでしょうかねぇ。

で、当然のようにヴィトンが撤退して、建物はそのままにセブンイレブンが入っちゃったってのが今回のお話。

建物をそのまま使っちゃったもんだから、二階建てのコンビニとかよくわからないコンビニになっちゃったようですが。そもそも、コンビニなんである意味どんなもんでも置けるとは思いますが、2フロア使ってまで置く物があるのかどうか。イートインスペースに転用したのは正解でしょうね。ドーナツとかおでんとかあるし。

高知で4軒目になるらしいセブンイレブンみたいですが、まぁ最初の1店舗目以外は熱狂的に受け入れてもらうことはないでしょう。

このセブンイレブンがどういう立地にあるのか知りませんが、全国的にも珍しい店舗なはずなので、せいぜいつぶれないでほしいところですね。

by peugeot206ccs16 | 2016-09-10 03:20 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/25968742
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。