そもそも

OSが違う両者でベンチを取って正確な値が出るのかってところに疑問を感じなくもないですが、まぁ、とにかくベンチを取ってみたわけですな。

記事ではMacBook Proの優勢だったようですが、まぁ仕方ないんじゃないですかね、コレ。

Macはいろんな意味で、OSからハードウェアからMacのために作られている印象があって、すべてが最適化されている感じがするんですよね。プロセッサが同じなので、Windowsも動いたりはしますが、単に同じアーキテクチャを使っているから動くだけで、基本はMac向けの設計になっているはずなんですよね。

その点、SurfaceはWindowsマシンなので、ある意味で他のWindowsマシンと大差ない作りになっていると思うんですよ。汎用性の高い設計になっているというか。それが証拠にMacでWindowsは動きますが、逆は動かないんですよね。それだけ汎用性の高いOSを動かすためのハードウェアなので、特別じゃないはずなんですよ。

いわば専用機と汎用機の戦いだったわけで、そりゃ専用機の方がいろいろ最適化されてる分だけスペックは高くなるし、ベンチの数値も高めに出るだろうさ、って話なんじゃないですか、これ。

by peugeot206ccs16 | 2016-11-24 03:02 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/26173960
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。