ちょっと前にも

書きましたが、ワタクシは優先席でも基本的に席を譲りません。まぁ、行き帰りの時間に年寄りが少ないって理由もありますが、仮にいたとしてもよほどの理由がないと譲ることはありません。

理由は簡単。全員が全員とは言いませんが、譲られることを「当たり前」と思っている輩がいるから。別に席を譲ることは「勧告」されているだけであって、義務でも何でもないわけです。それをあたかも譲るのが当たり前のごとくに振る舞う輩がいるから、譲ったこっちも気分悪いし、だったら譲らない方がいいだろう、という判断です。

具合が悪そうだったり、辛そうな妊婦さんだったら譲る可能性は大ですが、年寄りには基本譲りません。記事にもありますが、こっちは疲れてるのに年寄りは遊び疲れてるだけで、だったら仕事で疲れてるこっちが優先だろうと。疲れるほど遊んだヤツに譲る席はねぇ、って話です。

譲ることは美徳かも知れませんが、もはや実情に即してないのかと思いますね。だいたい譲ってやってるのに断るってのもどういう了見かと。そんなのもいるので、だったら譲らない方がお互い干渉しないで気分がいい、って話になりませんかね。

by peugeot206ccs16 | 2016-12-19 00:33 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/26247862
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。