いわゆる仕事に

貴賤なし、ってヤツですね。

おそらく、AV女優みたいな職業は男性にはあまり抵抗感がないんじゃないかと思いますね。女性にはものすごく抵抗感があるんでしょうが。

まぁ、AV女優と一括りにしても、なった動機はいろいろあるので、その辺の「闇」の部分と実際のお仕事に関して抵抗があるんでしょうね。風俗嬢と似たり寄ったりの立ち位置でしょうか。

とは言え、AV女優でもこの人のように仕事に誇りを持って取り組んでいる人もまたいるわけで、その姿勢はやる気のないOLなんかよりもよっぽど気高いというか、真摯なものを感じますね。確かに偏見に晒されやすい仕事ではありますが、違法ではないし、ある意味で「演じて」ギャラをもらっているわけなので、脱ぐか脱がないか、するかしないかの差だけで女優と変わりないところはあると思うんですよね。

当の本人もいろいろ葛藤はあるようですが、応援している人もまたいるわけで、その人たちのためにも自分のためにもがんばってほしいものです。

by peugeot206ccs16 | 2017-01-09 02:59 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/26303745
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。