実際のところ

南京大虐殺自体があったかどうか判然としない(あった派となかった派、その中間で意見が分裂して収拾がついていない)ので、一面的に「なかった」とする本を置くのは、中国人に対してはどうか、と思わないでもないです。

ま、その前にホテルが誰の差し金か知りませんが、右か左かを主張するのがそもそもおかしい、というところもありますね。やるべきことはそこじゃなくて、宿泊客をもてなすところが第一に来てしかるべきところなので、その観点からするとアパホテルのコレは明らかに間違いでしょう。

経営者やそれに近しい人たちが南京大虐殺に対して「なかった」と思うのは勝手だし、それを主張するのも別段問題はないと思います。それだけであれば。ただ、ホテルの客室でその主張を押しつけようとするのはやはり問題じゃないですかね。少なくとも気分を悪くする人がいるのが想定できる書物を置くのは問題ありだと思いますね。

by peugeot206ccs16 | 2017-01-18 03:04 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/26328784
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。