何を以て

憲法改正の機が熟したと言ってるんでしょうかね。

まぁ、憲法改正の発議自体は国会議員の2/3の賛成があればできるので、現状の議席数を考えたら簡単にできるわけではあります。

問題は国民投票で賛成を得られるかどうかって話だと思うんですが、そこも自信持ってるんでしょうかね。今の日本は人口比から考えると若い衆は少なく、年寄りが多い構成になってるんで、戦争の記憶をまだ持ってる人がわんさかいるわけです。その人たちに憲法改正を賛同させることができるかどうか。相当に戦争アレルギーを持っている世代なので、9条の内容いかんではあっさり国民は拒否、ということになる可能性大だと思うんですけどね。

そもそも論なんですが、なんで安倍ちゃんはこうまで憲法改正にこだわってるんでしょうね。やっぱり9条を改正して、自衛隊を憲法解釈の上で成り立たせるのではなく、正規軍として縛りなく運用させたいんでしょうかね。そこ以外だと96条だかにある憲法改正の発議に関する部分を改正して、もっと簡単に憲法改正できるようにしたいってところもあるかも知れませんが。

爺ちゃんが成し遂げた日米安保更新みたいな大仕事を自分でもやりたいっていうことなんでしょうかね。

by peugeot206ccs16 | 2017-05-02 02:44 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/26628903
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。