日本人にはこういう

SNSがウケるんですかね。Twitterも日本人ユーザーがやたらに多いのは知っていますが、マストドンもそんな状況に陥っていたとは。

かく言うワタクシも友だちがインスタンスを作ったので登録して、Twitterの片手間で使ってたりするんですが、Twitterと違って始める障壁が結構高いと思うんですよね。

日本だと、最初にインスタンスを作った人のところかPixivが作ったインスタンスに人が集中しているはずですが、そのどっちにも登録したくないとなると、自分でインスタンスを作るかどっか日本でも海外でもインスタンスを探して登録するしかないんですよね。自分でインスタンスを作るのは要は専用サーバーを立てる必要があるわけで、知識がないとできないでしょう。

Twitterなら公式でもサードパーティーでもいいからクライアントを用意して、IDとパスワードを登録するだけで始められますからね。この差はでかいと思うんですよ、

にも関わらず、日本人がマストドンでも多いってことはどっちかの大手インスタンスに登録してるヤツがやたらに多いのか、スキルを持って自分でインスタンスをわざわざ建てて運営してるヤツが結構いるのかって話ですね。

TwitterとUIや操作性はほぼ同じなので、そういう部分の障壁は低いと思うんですが、Twitterの代わりになるかと言えば結構疑問ですね。今は素人しかいませんが、有名人が参入してくると状況は変わるかも知れません。

現状はTwitter黎明期のような様子ですよ、マストドンも。

by peugeot206ccs16 | 2017-05-06 02:05 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/26638398
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。