コレは確かに

お粗末としか言いようがないですね。

国会では「内閣総理大臣」で、それ以外では「自民党総裁」って立場を使い分けて、「自民党総裁」としての発言は新聞読めってそりゃないでしょう。

しかも、「新聞を読め」ではなく「読売新聞を読め」なんですよね。この件に関して他の新聞社からインタビューのオファーがたまたまなかっただけなのかも知れませんが、としても1社名指しで「それを読め、詳しく書いてあるから」はないでしょう。自民党総裁の立場で改憲に関する私見を述べたにしたって、公的に私見を述べる場を設けて等しく説明するべきだったと思いますけどねぇ。

なんでか知らんですが、ここに来て急に改憲に前のめりになってますが、コトは一国の規範となる法律の改正なわけですから、軽々しく口にするべきじゃないだろうし、立場が違うからと言って片方で言いたいことを言うのはスジ違いってもんでしょう。

ただ、本当に残念なことに現状、安倍ちゃんに代わる総理の人材がいないんですよね。国民も選挙に際しては「安倍ちゃん最高」で入れてるわけじゃなくて、「替えがいないから仕方なく」で投票してると思うんですよね。本人はわかってるんでしょうが、そこは伏せて「国民の信を得ている」と言っちゃうところが狡猾というか。困ったもんです。

by peugeot206ccs16 | 2017-05-09 01:35 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/26645729
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。