目にしたことも

相手にしたこともないので何とも言えないんですが、店員や立場の弱い営業に対して強く出るクレーマーや取引先ってのはいるようですね。

ワタクシなんぞが相手すれば、間違いなく折れてしまいそうですが、殺し文句ってのはあるんですね。まぁ、こういうのに当たった場合は面倒なので、誰かに振り替えるのが一番と思ってぶん投げるでしょうが、自分のところで解決できるのが一番なのは確か。しかも、殺し文句があれば、有無を言わさず引っ込まざるを得ないって状況に追い込めるのは溜飲が下がりますよね。

それにしたって、昔は、少なくとも20年やそこらくらい前はあまり問題にならなかったことだと思うんですよね。おそらく今と同じくらいモンスタークレーマーとかいたんじゃないかと思うんですが、問題になったって記憶はないですね。

今はいろんな細かい問題が表面化しやすいし、簡単に社会問題化しちゃうんで、こういうのも目に付きやすくなってるんでしょうかね。あるいは、モンスタークレーマーが本当に急増しているのか。

ワタクシもサポートに頼ることはちょいちょいあるわけですが、押せば何とかなりそうって状況以外では無理を言いません。それはどこまで行っても話が堂々巡りして時間が無駄になるので。適当なところで引っ込めるか、話をしてみて有利な条件を引き出すところまでにするか、せいぜいそんなもんですね。どなる、がなる、上の人間呼んでこいとかやらないです。恥ずかしいので。逆に言えば、やってる人は恥ずかしいという意識がないんでしょうね。

by peugeot206ccs16 | 2017-05-15 00:43 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/26661004
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。