最近いろいろと

透明な、いわゆる外見は水だけど味がいろいろ付いてる水ってのが次々と登場してますが、海の向こうではコーヒーまで透明にしちゃいましたか。

日本ではレモンティ止まりでしたがね。あれはワタクシも飲みましたが、味は間違いなくレモンティです。だけど、見てくれは完全に水。ならば、レモンティ飲めばいいじゃんと思わないでもないですが、別に透明になった分高くなってるとかそういうこともないので、メーカーとしても何か考えるところはあったんでしょう。

このコーヒーに関しては「歯に色が付くから」って実利的な理由だったりしますが、おそらくブラックコーヒーの味がするんでしょうね。ただ、コーヒーの難しいところは必ずしも誰もがブラックを飲むわけじゃないってとこでしょうかね。

ミルクやら砂糖やら入れた場合に果たして透明でいられるかどうか。日本のメーカーもきっと同じ事を考えて透明コーヒーって絶対に開発していると思うんですが、きっとミルクと砂糖の問題が乗り越えられないんじゃないかな、と。

もっとも、仮に出たからと言って喜んで飲むかと言われれば微妙なとこですか。一度はお試しで飲みますが、二度目があるかどうか。

by peugeot206ccs16 | 2017-05-29 03:09 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/26696865
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。