有り体に言えば

マニュアル免許ってもう不要かも知れないですね

普通の乗用車を買う分には、国産車を選ぶ限りマニュアルシフトの車を探す方が大変なくらいAT化が進んでるし、それでもマニュアルを選ぶと買い替えのときのリセールバリューはATよりも安くなっちゃうから旨みもないですしね。

記事にもあるように、何かおきたときのためにマニュアル免許っていうレベルか、業務上マニュアル車を運転する必要があるっていう事情がない限りマニュアル車に触れることはないでしょう。

あとは、外車に乗る場合に関してはマニュアルしか入ってきていないスポーツモデルとか、フェラーリやらランボルギーニやらそもそもATって何ですか、っていうスポーツカーを運転するにはマニュアル免許が必要なので、どっぷり運転好き、車好きはマニュアルを取っておいた方が後々役に立つこともあるでしょう。

ワタクシが免許を取ったころはそもそも普通免許は普通免許でしかなかったので、AT限定ってなかったんですよね。なので、フツーにマニュアル免許だし、右ハンドルでも左ハンドルでもマニュアルの運転ができます。

個人的に言うのであれば、役に立たないし教習が大変かも知れないですが、とりあえずマニュアル免許を取っておく方がいいんじゃないかな、って気はします。「何かのときに」に近いですが、持っていて別に損はないし、一生AT車を運転することになってもそれはそれで、って話ですからね。あと、運転が好きならマニュアル車を選んで乗るって選択もできるようになるので。

by peugeot206ccs16 | 2017-06-12 01:18 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/26732538
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。