LINEを使い慣れていると


LINEなら何でもできそうだと勘違いしがちですが、LINEは緊急通報には一切使えません。理由はいたって簡単で、アカウントが電話番号と紐付いているクローズドなSNSだから。

110や119がLINEの専用アカウントを持つようになれば、あるいは緊急通報を使うことができるようになるかも知れませんが、まぁあり得ない話でしょう。

LINEに友だちを大量に登録してあって、常時誰かとやり取りをしてたりすると外部への連絡もあるいはできるんじゃないかと思うこともあるかも知れませんが、仕組みはP2Pなので登録した同士のお友達以外とは基本的にやり取りができません。

その点、例えばTwitterであれば、公的機関がアカウントを持っていることもあるし、オープンなSNSなので、予め決めてあるハッシュタグを使えば、救助する側はハッシュタグの検索だけで誰が救助を求めているかすぐにわかるという仕組みなわけです。

もちろん、Twitterとて万能ではありませんが、LINEより実は汎用性が高いので、こういう場面で活用することができたりするわけです。東日本大震災の時もそれは実証されているので改めて言うことでもないんですが。

by peugeot206ccs16 | 2017-07-07 02:27 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/26795204
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。