ここ一週間くらいで


すっかり話題になっているヒアリ。

外国から入ってくるコンテナに居着いているのは理解できるんですが、コンテナに居着いたのに気がつかないまま内陸に入っちゃったのがこの一件のようですね。

というか、体長5cmくらいの大きな昆虫であれば、割と簡単に駆除もできそうなもんですが、アリサイズになると目視で見つけるのは相当難儀ですよね。なので、神戸で最初に見つかった段階で、恐らくは他の港でも同時に入っていたんだと思います。

で、100匹だろうが500匹だろうが、水際で完全に駆除できれば内陸の繁殖は抑えられるんでしょうが、何せアリなので、駆除の目をかいくぐったヤツが必ずいると思うんですよね。結果、そいつらが繁殖能力を持っていたとすれば、あっちゅー間に日本に居着く害虫になると思います。

時には死人も出るという猛毒を持っているアリではありますが、とにかくアリなので見つけて見分けることさえできれば何とかなると思うんですよね。これが蚊とかだったりすると、空中にいるしどんだけ入ってきたかも見当がつかないでしょうから、より厄介なことになっていたと思います。ましてや蚊だと感染症を媒介したりしますからね。

by peugeot206ccs16 | 2017-07-11 03:30 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/26804991
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。