この思考回路が


すごいですね。しかも思考したのは6歳の子ども。

2ケタ×1ケタの計算くらいなら暗算でもギリギリなんとかなりますが、それはあくまで小学校で九九を習って覚えているからで、かけ算の方法を習っているから。この6歳児はかけ算を習っていない状態で、足し算と引き算だけで正答を導いたってところがすごいんですよ。

17×6を17+17に小分けにして答えの34を3回足すって発想に至らないと思うんですよね。まして、16×4を68ー4って計算に置き換えられないですよね。普通の発想だと。それをいとも簡単にやってしまったこの6歳児は素直にすげぇと思います。

インドの算数教育ってこんな感じでやってるんですよね、確か。真っ正面から計算するんじゃなくて、数字を小分けにして簡単な計算に置き換えて3ケタ×3ケタの計算も暗算しちゃうみたいな。

現時点で算数のセンスを持っている6歳児だと思いますね。ただ、実際に学校でかけ算を習ったときにこの発想が殺されはしないかというのが心配ですね。日本じゃこういう教え方は絶対にしないので。

あと、中学に上がって数学になったときに苦戦しないといいな、と思いますね。四則演算では解決できない問題が山ほど出てきますから。ま、現時点でこれだけ柔軟な発想ができるんで、数字で困ることはなさそうな気もしますが。

by peugeot206ccs16 | 2017-07-27 02:38 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/26844285
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。