少なくともTwitter側に


他意も悪意もあるわけじゃないんですよね。ワタクシも含めて、フツーの人がフツーに快適にTwitterを利用できるようにするための措置のひとつなわけで。

ただ、問題はその方法論だと思うわけですよ。週で320万アカウントも不審なアカウントがあるのが本当だとすれば、人力でチェックなんかできるわけなくて、何らかのフィルターを機械的に使ってチェックをしているはずです。人力でやっているとすれば、どれだけ人的リソースを監視に使ってるんだ、って話ですからね。

結局、ある種のキーワードを含んだツイートとか、botのように自動ツイートを延々繰り返したり、リツイートしかしないアカウントなんかをチェックの対象として、条件付けした結果が「何もしてないのになんでアカウントが凍結されるんだよ」って事態を招いていると思われ。

トランプ大統領もかなり過激なツイートを繰り返して北朝鮮を挑発しているようですが、訳を読んでみると危険な言葉を直接的に使ってないんですよね。全文読めば「ああ、脅迫的だな」と取れますが、ワード自体はフツーのワードだったりするわけで。だから、アカウントの凍結がないと思われます。

まぁ、まだ大騒動になるほど大火にはなっていませんが、早めに対策した方がいいとは思いますね。やりようはいくらでもあると思うので、上手い方法を見つけられると思うんですが。

by peugeot206ccs16 | 2017-09-30 02:28 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/27786160
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。