仕方ないことなんでしょうが


作り手側からするとそれなりに痛い措置ではありますね。

成人誌とありますが、要はエロ本ですよね。エロ本って数がとにかく多いですが、あれは多く作って取次に渡さないと金が入ってこないから。で、エロ本業界って結構パイが小さいんですよね。意外に思う人もいるかも知れませんが、1万部売れたら大ヒット誌、ってくらい小さな市場だったりします。

一般誌だと物や版元にもよるんでしょうが、1万部だとおそらくペイしないので休刊・廃刊は避けられないでしょうね。そのくらいの規模の差があるんです。

で、1万部程度で大ヒットってくらいだから、おそらく数千部くらいしか刷ってないんですよ。その代わりおそらく返本が少ないからギリギリやっていかれると。

ってな状況で、人が出入りするコンビニで成人誌を扱ってもらえなくなると、結構影響すると思うんですよね。本屋が淘汰されて中規模以上の書店しか生き残れなくなっている状況で、その辺の本屋ってエロ本置いてないんですよね。置いてもらえないのか、本屋での需要が見込めないから敢えてコンビニへシフトさせてるのかはわかりませんが、仮に後者だとすると置いてもらえなくなると、さらに目に付かなくなって売れなくなってしまうと。

現時点ではミニストップだけが表明しているので、2000店舗程度の話で済んでますが、これがセブンイレブン、ファミマ、ローソンと動き始めると、エロ本ってどこで売るんだ、って話になってくると思います。業界の死活問題になってくるんじゃないですかね。

by peugeot206ccs16 | 2017-11-22 03:21 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/28326976
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。