高音質化は結構ですが


それでもストリーミング配信だとせいぜいがCDレベルの音質になっちゃうんですかね。

しかも、このサービスはPCでの再生時のみCD音質を保証しているようで、実はあんまり意味がないというか。まぁ、CD音質でかつFLACで圧縮をかけたにしても、AACやらMP3に比べれば格段にファイルサイズが大きいので、モバイル向けでCD音質ってのは敷居が相当に高いのかも知れませんが。スマホでも聴けるようですが、音質がAACの128Kから360Kbpsになってしまうので、1960円払う意味はないでしょう。

いっそ、PCだけCD音質を保証するのであれば、PCなら光回線を使っているだろうしハイレゾ音源のストリーミングをやったっていいと思うんですけどね。HD画質の映像配信が可能なら、ハイレゾ音源の配信も可能だと思うんですけど。なぜかそこまでは踏み込まないんですよね。

でもって、CD音質の割に月額1960円と高め。おまけにフランスの会社なので、アニソンやらJPOPなんかの配信は望むべくもないでしょうね。だからこそ3600万曲って数字でごまかしていると思うんですけど。

先行してすでにサービスインしている定額制の音楽配信サービスに比べると、音質の良さ以外に取り立ててメリットがないんですよね。いきなり最新のアニソンやらJPOPが山のように含まれているとかってことであれば、謳い文句にもなるかも知れませんが、可能生は低いでしょう。

素直にApple MusicとかAmazon Musicとか安い配信サービスを使うのが正解だと思いますね。よほど音にこだわった機器を使わない限りはAACでもCDのFLAC音源でもたぶん区別付かないです。そこに1960円月額ってのはお高いと思いますね。今日び、そのくらいの値段でスマホを使える時代なので、音楽のためだけに払う金額じゃないでしょう。

by peugeot206ccs16 | 2017-12-09 02:57 | 感じたこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://cbcross.exblog.jp/tb/28519975
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。