2017年 04月 15日 ( 1 )

言い分が両方ともわからないこともないんですよね。

会社にしてみれば、社員が好き勝手に同人活動をして、会社のイメージを落とすようなことがあったら一大事だと考えるから、事前に見せろっていうのは当然と言えば当然でしょうし、受験者にしてみれば、個人の表現の自由をどうして会社に検閲されなきゃいけないんだ、って重いがあるでしょうからね。

なので、一概にどっちが正しいとは言い難いところはありますかね。ただ、会社の方がちょっと敏感になりすぎてる感はあるかも知れません。同人活動がダメなら、SNSはいいのかって話ですからね。同人で炎上するような例はさほどないですが、SNSは簡単に炎上するし、発言者の特定なんていとも簡単に行われるので、そっちの方が会社にとっては致命傷に至りやすい気がするんですけどね。SNSに関してはおとがめなしっていうのは、ちょっと脇が甘いというか、同人活動に対して一定の偏見を持っているのかも知れないですね。

ちなみにSNSやってるかと面接で聞かれたことは一度もないです。つまり、その辺の表現の自由は会社としては感知しないってことなんでしょうね。

ってことで、もしかしたら会社の方が分が悪いかも知れません。もっとも、記事にもありますが面接で同人活動をしていることを言ってもあまりメリットはないと思うので、言っちゃった受験者もやや軽率だったかも知れませんが。これ、受験者が切れて面接を途中で打ち切ってきたってことなので、これ以上論議になることはないんでしょうが。