2017年 04月 21日 ( 1 )

例えば、コンビニで深夜帯で時給1100円とかでバイト募集してたりしますが、そういうのを見て、この記事にあるような計算をしたりするんですよね。で、記事と同じく「月収ベースにすると生活つらいな」という結論に落ち着くと。

1時間で1100円ってそこそこ高く感じる値段ではあるんですが、8時間労働しても8800円で1万円行かないんですよね。仮に1日1万円稼げたとしても、週休2日で週5万、4週間で1カ月として20万、年収で240万にしかならないんですよね。当然ボーナスとか付帯する手当てはないので、それがすべてになってしまうという。

なので、時給1500円を最低金額にせい、っていう運動をしてたりしますが、記事にある通り年収ベースだと300万にも届かないので、いわゆる貧困層に分類される方へ入ってしまうという。かと言って、じゃあ時給2000円とか2500円出す事業者がいるかと言えば、まぁないでしょうね。1500円で難色を示してるくらいなので、それ以上は考慮されることはないでしょう。時給ベースで2000円オーバーとなると派遣さんの領域になってきますね。もっともそれだって派遣会社にピンハネされるので、個人にはそのうちの何割かしか懐に入ってこないわけですが。

副業であればプラス年収200万はかなり大きいですが、バイトが正業になるとさすがにつらいところがありますね。自由とトレードオフなんでしょうが、にしてもバイトだって自由がきかないところも多いようなので、重要な戦力でしょうがメリットはあまりないですね。学生を上手く釣って使役する以外にないんじゃないでしょうかね。