2017年 05月 17日 ( 1 )

それでもまだ200万部を割り込んだっていうだけで、現状の出版業界から考えると雑誌で200万部ってすごい数字だったりするんですよね。マガジンが96万部、サンデーが31万部って数字らしいですが、サンデーくらいで一般誌なら十分売れてる雑誌に分類されるはずです。

まぁ、ピークが650万部なので、1/3まで部数が落ちているっていうのは事実なんですが、それだってまだ190万部出てるわけで、仮に相当な高コスト雑誌だったとしても削れば十分にやっていかれる数字なはずなんですよね。

こう言われてみると、確かに電車の中でマンガを読んでる人ってほとんどいないですからね。みんなスマホをちくちくいじってる感じで。スマホがあればマンガも読めますし、実際に読んでいる人も少なからずいるので、紙が衰退するのも仕方ないところでしょう。

アニメは業界的に問題を抱えているにせよ、盛り上がっているジャンルである一方で、マンガがこれだけ衰退しちゃってるっていうのは、魅力がなくなっているんでしょうね。大手三誌がこの状態なので、その他もろもろのマンガ雑誌もそれなりに苦戦を強いられてる可能性は高いですよね。