2017年 07月 22日 ( 1 )


斬新な考え方をしてお店を経営していかないと続かなくなっていくかも知れないですね。

これの勝因は50分単位で働ける環境がある「お手伝いさん」が全国から押し寄せることもさることながら、そもそもこじんまりとした店でやったところでしょうね。行ったことはないので何とも言えませんが、カウンターだけの店ってことはうなぎの寝床状に細長い狭い店なんでしょう。

これが、テーブル席が何席もあるような規模になると、店の維持費が大きくなって人件費がかからないとは言ってもそこそこ負担になると思うんですよね。ましてや神保町の駅近となるとショバ代も安くはないはず。

その点、店を狭くしてるんでそういうところのコストが低く抑えられているってのは大きいはずです。あとはお手伝いさんが喜んで自分のためにもなると思って仕事をやってくれるっていうのもあるでしょうね。

店主が頭のいい人なだけではなくて、人の扱い方がすごく上手いんだと思うんですよね。人件費は出せないけど、まかないは食べさせてあげるから。その分、学びたいことは学んで行ってね、っていう姿勢はなかなかできそうでできないもんです。

こういう一風変わった目線のお店がもっと増えるといいと思いますね。