2017年 07月 23日 ( 1 )


仕掛けの公園ですね。日本にはこういう発想はないので、アメリカならではの仕組みじゃないですかね。有り体に言えば金を持っていれば使えるというサービスみたいな。

257人が年間で4万弱払うことで利用しているらしいですが、たかが公園に4万払えるんだから、やっぱりそこそこいい収入があって、余裕のある人たち限定の公園ってことになるんでしょうかね。

しかし、簡単に計算してみると257人が年間に払う額を4万として、年間トータルで1028万。一見、額はデカそうに見えますが、かなり広いこの公園を維持するのに1000万やそこらで足りるもんなんですかね。

ホテルに泊まることで鍵を借りて入場することも可能なようですが、それでもやっぱり1泊4万弱なので、どっちにしても4万は使わないと入場できないようで。鍵を持ってる人が5人まで同伴して入場できるそうですが、257人しか鍵の持ち主がいないんだからフツーの人じゃまぁ入れないでしょう。

園内は一切の娯楽が禁じられているようなので、中に入ってボーッとする以外にやることはなさそうですが、その時間が重要と考える人は4万払っても惜しくない時間ってことなんでしょう。

日本でもこういうの作ってみればいいような気がするんですが、そもそもこの公園は個人所有の公園のようなので、日本だと金云々の前に個人所有の場所にお他人さまを入れないですよね。だから、日本じゃこういう文化が根付かないのかも知れないですね。