2017年 09月 08日 ( 1 )


ものだとばかり思ってたんですけどね。

高高度で核爆発させると強力な電磁パルスが発生して、地上のあらゆる電子機器が損傷して使い物にならなくなるっていう現象。実は2年くらい前のアニメでも同じネタを使ってます。アニメでは爆発せずに済んだんですが、アニメでやってるくらいなので案外認知度は高いと思ってたんですけどね。

これ、国民の危機感が薄いのは当然なんですよね。少なくとも人死は起こらない。けど、電子機器に重大な影響を与えるって言われても想像付かないと思うので。直接の核攻撃だったら、数十万規模で人死が発生するので、こっちは危機感があると思うんですよ。それに広島・長崎の実例を知っているので、少なくともあの規模では人命に被害が出ると学習しているわけで。

電磁パルス攻撃の場合、電力を使うものはひとしきりダメになります。送電はもちろんできないので、停電するし、停電すれば交通網が全面的にマヒします。もっとも、送電を復旧させても車やら電車やらが動かなくなってしまうので、意味もないんですが。通信網も全滅します。だから、政府やら地方自治体が何か通達したくても通達する手段が失われるわけです。テレビもダメ、ラジオもダメ。

人は死にませんが、生活には重大な影響が出るし、復旧させるには相当な努力が必要になってくるわけです。だから、本腰を入れることにしたわけだし、北朝鮮も脅迫の材料に使えるわけです。

とは言え、高高度の核爆発を防ぐ方法なんて現状ないし、爆発したあとの電磁パルスを防御する方法もないんじゃないですかね。