2017年 10月 10日 ( 1 )


まぁ、フリーランスと言ってもいろんな種類があるし、いろんな商売がありますからね。

ワタクシも今、ちょびっとクラウドソーシングを使って小銭稼ぎをしてますが、本当に小銭稼ぎ。月に3万くらいしか金にならないんじゃないですか、コレ。仕事に行っているがごとく、昼間から夜にかけての時間をすべて仕事に割くくらいの勢いで、仕事を持ってこないととてもじゃないけど1カ月生活できるだけの金になりません。

記事で言うところの自由業系フリーワーカーとかって人たちになると、おそらく安定した取引先が複数以上あって、そこから安定した収入が得られるタイプの人たちだと思うんですよね。これが、自営業系独立オーナーになると、まさに自営業。ぶっちゃけコンビニのオーナーも含まれるんでしょうが、建築士とか弁護士とか司法書士とか事務所を構えられるレベルの人たちがコレなんでしょうね。まぁ、営業は必要だけどとりあえず放っておいても仕事は何となく入ってくるし、一件あたりの単価が高いから月に何十件とかこなす必要がない人たち。

ワタクシも正直なところ、どっちかといえばフリーランスの方が向いているとは自覚しているんですが、いかんせん収入を得る先を見つけるのも仕事に漕ぎ着けるのも一苦労。だからクラウドソーシングなんですが、こっちはとにかく手間はかかるけど金にならない。

なので、思うにフリーランスでやっていける人って選ばれし人たちだと思うんですよね。フツーの人が会社勤めにうんざりしたからって安易にフリーの道を模索すると、簡単に転落人生になります。自分の才能と準備をよく考えてフリーになるべきだと思いますね。