2017年 10月 30日 ( 1 )


ニュースですかね。

校則で黒髪にせい、っていうのはよくある話なので、この話もそんな話の流れかなぁと思ったら大間違いでしたね。金髪の外国人留学生が来ても黒髪にしないと授業を受けさせないって頭おかしいんじゃないですか?

なんでそうまでして黒髪にこだわるのか、そもそもそこを知りたいですね。「高校生たるもの、髪を染めるなどもってのほか」とか当たり前の理由だったら誰も納得しませんよ、このこだわり具合は。

しかも、提訴したこの女子高生は染めたんじゃなくて、生まれつきそういう髪色だったって話じゃないですか。黒髪じゃないと日本人じゃないくらいの勢いで、授業は受けさせない、文化祭や修学旅行の出席も認めないって、そりゃ人権侵害で訴えられても仕方ないですよね。

しかも、生徒が髪色の件でいじめをしていたわけじゃなくて、指導側が積極的に嫌がらせとも思える処置をしていたんだから、手に負えないですよね。学校の方針だからって、異論を唱える先生はいなかったんですかねぇ。

いずれにせよ、教育を受ける権利を侵害されてるし、校則自体が矛盾をはらんでいるし、おまけに不登校に追い込まれてるんだから、これはさすがに100%学校の落ち度でしょう。

なんかイメージとして、随分前になくなったらしいですが、男子は坊主強要みたいなのが九州であったような気がするんで、九州ならこういうのもあるのかなぁと思ってよく見ると、大阪の府立高校なんですよね。これ、行政があの調子なんで、影響が学校にも及んでいるのかも知れませんね、もしかしたら。