2017年 11月 09日 ( 1 )


そもそも、非喫煙者に匂いの比較をさせたところで無意味でしょ。

3つとも加熱式の電子タバコですが、公衆の面前で堂々と吸うことはないんだから。どれを選んで吸ったとしても、喫煙所か喫煙席になっちゃうんだから、非喫煙者が分け入らない場所。そんな人たちに匂いがどうこう言わせるのは何の意味もないと思うんですけどね。

そもそも、非喫煙者がこれらを非喫煙者の前で堂々と吸っていい環境があるのであれば、何の問題もないんですけどね。世の中は加熱式だろうがフツーの紙巻きたばこだろうが、葉巻だろうがパイプだろうがキセルだろうが、一括りで「タバコ」として認定している以上、そんなことはあり得ないわけで。

おそらく、企画した人は「匂いが少ない加熱式タバコの実態はどうなんだ」ってのを確かめたかったんだと思うんですが、喫煙者から言わせれば浅はかな企画もいいところです。

これを読んで「じゃ、Ploom TECHなら吸ってもらっても大丈夫かな」とか非喫煙者が思ってくれればいいのかも知れませんが、だからって非喫煙者と同席して加熱式タバコを吸う環境ってどこだろう、と考えると自宅か車の中くらいしか想像できないんですけどね。外へ出れば喫煙所直行なので。

もうひとつ言わせてもらえば、現時点で比較するのは無意味ですね。iQOSはようやっと入手しやすくなってきたし、普及も進み始めているのがわかりますが、Ploom TECHは未だに都内でしか買えないし、抽選販売が続いてる状況。gloに至ってはどこで買えばいいんだろう状態で、浸透の度合いが全然違います。

全部がフツーにどこでも買えるようになって、一定の普及度合いとユーザーの好みでどれかを選べるくらいになってから初めてこういうのをやってもいいかも、ってところです。

ということで、非喫煙者の声なんてどうだって構いません。意味もないし、別に理解をしてもらえるわけでもないので。