<   2009年 07月 ( 39 )   > この月の画像一覧

シンガポールの牛角は高級焼肉店!?

牛角ってほとんど入ったことがない(というか、焼肉屋なぞ直近で入ったのは何年前か、ってくらいの話ですわ)んでアレですが、ま、想像の範疇を超えない、いわゆる焼肉屋だと思うわけですよ。

が、シンガポールの牛角の写真を見ると……すげぇ(笑)。一体、どこの高級レストランじゃい、ってくらいの勢いですわ。

日本の牛角に行き慣れた人が、日本の牛角のつもりで入ると、えらいギャップに戸惑うかも、ですねぇ、コレじゃ。ま、客単価は確かに高めではあるけれど、日本でも焼肉って言ったら、割と一人頭の単価はこのくらいになっちゃうんじゃないかな、と思うので、単価自体はあまり驚きはないですね。

とにかく日本のそれとはかけ離れた内外装がすげぇ。

日本で仮にこのテイストで出店したとしたら……やっぱウケないだろうなぁ(笑)。まして、こんなご時世だし。シンガポールだって不況の波をもろに受けてると思うんですが、それでもコレでやって行けてるんですかね?
先週の月曜日、風鈴市へ行った後の話です(笑)

何気に明けて今日は木曜日だったりするので、一体どんだけ遅くなっとるんじゃ、って話ですが(笑)

で、川崎大師からみなとみらいへ移動したんです。先週の月曜日は海の日。海の日恒例(とラジオでは言っていたような気がする)のイベントらしい、日本丸に帆をかける、というのがあり、そーいえば帆のかかった日本丸って見たことないよね、ということで、行ってみました。

とりあえず3枚どーぞー。
c0071763_3202125.jpg

c0071763_3203179.jpg

c0071763_3204238.jpg

ってな感じで。

まぁ、日本丸自体は繋留(というか静態保存)されっぱなしなので、特に動くわけでも何でもなく、単純に帆が張られました、というだけなので、必然的に写真も角度違いでなんとなーく、というのになっちゃいました。

1枚目と2枚目はE-P1で撮ったもの。2枚目はアートフィルターの「トイフォト」をかけてみました。まぁ、確かにチープでどこか古めかしい写真になったような気はしますね。1枚目の喫水線をよーく見ると、ちょっと左に傾いでるような感じです。こんな角度で撮ったことないので、撮って初めて分かりましたが。

ってことで、日本丸終了(笑)
この日はやたらめったらカメラをかついだ、小脇に抱えた、首に吊りさげた人を見かけましたが、まぁ、たまのこういうイベントはやっぱり撮りたくなりますよね。
リサイクルショップに「出戻り」する商品って?

お金にはそれなりに困っているものの、今のところはお世話になったことがないリサイクルショップ。

なので、リサイクルショップの実態ってようけ分からんのですが、話を聞く限りでは確かに安いものがあったり、不要なものを引き取ってもらえたり、となかなか便利っぽいですな。

なので、確かに健康家電みたいな「ちょっと試してみたいけど、大枚はたけない」というようなブツは、リサイクルショップで買って、飽きたらまた売っちゃう、というのはお得というか、必然というか(笑)。感覚的には、安い値段でレンタルしてるようなもんかも、ですね。

と書いてみると、意外にいいじゃん、と思わないでもないんですが、そのゼニを払うのもどうももったいないような気がして(笑)。それに、リサイクルショップって偏見やも知れないんですが、どうも整理されたキレイなお店ってないような気がして、入りにくいんですよね。中に。

なので、ワタクシにはやっぱり縁遠いままになりそうです。
ガンダム出現で、変わりはじめた周辺ホテルの需要

この記事に書かれてるような話はどっかで読んだ気がします。

まぁ、いつでも気が向けば行けるような距離に住んでいれば、「ああ、ガンダムね」くらいの話で終了、なんですが、これだけ話題になっちゃうと、日本全国津津浦々のみなさんも観にくることでしょうし、あのあたりはホテルもあったりするんで、話としてはごく自然な話だったりしますね。

ただ、ホテルから眺めるガンダムって、たぶんさほど面白くないと思うんですけどね。観に行ったから言えることですが、あれは近くで「一度」見れば十分、って代物(笑)。1/1サイズでつっ立ってるってのがすべてなんで、大仏様のごとく一度拝めば二度目三度目はご馳走様、って感じだと思うんですけどね。

まして、屋内から見てブライトさん感覚になるかと言われると、間違いなくならない(笑)

ホント、話のタネに一度だけ至近距離で拝めば十分だと思うですよ。
これぞ究極のベジバーガー!?

こういうのがお好きなようで。
ってか、人が多いせいもあるんでしょうが、やることが極端に振れることが多々ありますよね。

ま、前回の「ベジタリアン向け機内食」もネタにしたんですが、この話にいたってはもっと極端で、動物性のものは一切ダメ、って話ですよね。

まぁ、機内食のところでもチラッと書いた、ベジタリアンの本を読むと、意外にもベジタリアンな生活を楽しんでいる風なことが書いてあったりもしたんですが、コレはそういう方向ではなく、単純に「流行り」に乗ってるっぽい(笑)

どうなんですかねぇ。

バーガーというなら、敢えて野菜だけで作らずに素直に「バーガー」を食えばいいのに、と思ったりするわけですよ。火を通さずに作る「ロウフード」なるものも、ピザを敢えて焼かずに食うくらいなら、いっそフツーのピザを食う方がいいと思うんですけどね。

どだい「それっぽい」ブツなだけで、本家の代用品でしかないし、代用品を食べるベジタリアンな生活って豊かじゃないような気がしないでもないんですけどねぇ。本家があるんだから、ムリしないで素直に本家本物を食べる方が、よっぽど健全だと思うんですけど。

まぁ、健康志向なのはどの国も同じみたいなので、こういうのもまた流行ったりするんでしょうね。
本当の!? 登山国道を歩いてきた

いやぁ……ねぇ……。

鉄分も高めですが、道も好きだったりするワタクシ(笑)。ネタはどっちも面白いので初の両方TB(笑)

ワタクシの読書ブログにはまだ書いてないんですが、ついこの間まで道の本を読んでいました。そこには、記事文末にサラッと触れられている国道291号線が大々的に書かれていましたが、この手の国道ってあるんですよね。291号線は本当の山岳ルートなので、もはやそこを通って「踏破」なんてやる人もそうそういないと思うんですが、289号線はギリギリなんとかなりそうな道なんですね。

だからって、行くかと言われりゃ行きませんけど(笑)。いわゆる「酷道」は、体験記を読むのが楽しいのであって、自分で体験しに行くのはシャレにならんので。道としてつながっていても、酷道の場合は軒先をかすめる極細ヘボヘボ道路だったり、クルマで登坂できるのか、っていう急勾配があったりって、もはや冒険のレベル(笑)

道は好きでも冒険をするつもりはない(ついでに行くヒマもお金もない・笑)ので、こういうのは読んで楽しむのが一番(笑)。酷道だけでなく、険道・腐道はもっとヘビーなところがあるらしいので、気になる方はネットで検索(笑)
鉄道模型レイアウトは「デスクトップ」サイズの時代

ブツですよね、コレ。

いや、ワタクシは鉄分高めなだけで、テツではないんですが、ガキの時分にやっぱりハマるべくして鉄道模型にハマったことがあり、この手のモノはちょっと気になるワケですよ。

で、その当時は当然金もないし、ましてやジオラマを作るなんて想像の範疇を超えた作業だったので、ジオラマの作り方みたいなものを目にしつつ、「いいな〜、コレ」と思っていただけだったんですが、デスクトップサイズで、しかも半完成品が販売されてるとなると、いいですなぁ(何がや・笑)

ただ、このKATOから出ている半完成品、ちと高いです。約4万円。場所によっては2万円台後半から売ってるみたいですが、にしてもやっぱ高い。コントローラーと車両と残りのジオラマパーツを買わないと話にならんので、もろもろ合わせると10万円近い出費になりそうな。

……とは言え、カメラ買って、レンズ買って、ってやりゃ10万円を軽くオーバーか(笑)。いやいや、買いませんよ。そんな余裕もないし(笑)
って、月曜日に行ってきて火曜早朝に一発目を上げ、なんで次が土曜日なんだ、と(笑)

自分で書いて自分でツッコンでるんだから世話ないんですが、まぁ、予告通り風鈴市第2弾です。単純にカメラを変えて、アングルを変えて撮ったら、何となく違う雰囲気になったぞ、というだけの話ですが、ひとまず7枚まとめてどーぞー。
c0071763_0164979.jpg

c0071763_017339.jpg

c0071763_0171472.jpg

c0071763_01729100.jpg

c0071763_0174154.jpg

c0071763_0181853.jpg

c0071763_0183055.jpg

という感じで。

単純に上から撮ったり、下からあおって撮った結果、何となく人が入ったり飾り物が入ってにぎやかな感じになったので、祭りっぽいかな〜、という印象があった、ってだけのことです(笑)

ま、花ではよくやるんですが、こういうのをこういう場でやってみるのもなかなか面白いな、と。ただ、下からのあおりは、一歩間違えると盗撮と間違えられるので、そんなリスクを背負ってまでやる価値があるかどうかは結構ビミョー(笑)

ってことで、風鈴市お終い(笑)
実はこの後に、横浜へ移動してたりするんですが、また近々アップしましょう。

おまけ
“マンモスの肉!?”スナックを喰らう

見た記憶があるんですけどね、コレ。

ま、思い出せないからいいや(笑)

いずれにせよ、マンモスの肉なんて食えるもんじゃないから、「らしきモノ」ってことですが、マンモスの肉っちゅーよりは「ぎゃーとるず」的肉ですよね、コレ。……そうか、ぎゃーとるずに関係する何か、で見たんだ、こういうの。

……そうかそうか、それは本物の肉だったな、そう言えば(笑)

閑話休題。

とりあえず1個130円は意外に……いや、結構高いプライスだと思うんですが。それに1個あたりもさほど大きくないっぽいし。味の記述だけ読むと結構イケそうですが、だからって130円は払えないなぁ(笑)

それに肉の食べ方はいいとして、味付けもいいとして、マンモスの肉を食ったことある人がいない以上、ベースにした「肉」は一体どういう味付けなのか(笑)。やっぱ牛肉なんでしょうな、きっと。

……書いててちょっと興醒めしてきた(笑)
「時計」を何年生で習いましたか

「時計の読み方」って確かに小学校で習ったのは間違いないですが、一体何年生の頃にやったのか、と思い返すと記憶がない(笑)

あと、ひとつ記憶に残っていることと言えば、習った当時はまったく時計が読めなかったこと(笑)。結局、小学校にいるうちは読めても心もとない、って感じだったような気がします。それこそ、読めない腹いせに「デジタルで読めばいいじゃん」とか言ってたりした記憶も(笑)

なので、事実上学校で習ったことってほとんど役に立たなかったわけですが(笑)、小学校1年生から習うんですね、今は。

ワタクシ、仮に小学1年生だったら、時計は読めるんだろうか? かなり自信がない(笑)

今じゃフツーに時計も読むし、それこそ毎日着けてる腕時計もフツーに機械式。一体いつから読めるようになったんだろ?(笑)