<   2010年 02月 ( 33 )   > この月の画像一覧

<大津波警報>三陸沿岸に最大3m 第1波は午後1時半

昨日のチリ地震で、津波が来るってのは知ってましたが、まさか三浦半島・相模湾方面で2mクラスとは。

今からちょうど50年前、同じようにチリで巨大地震が発生し(コレって観測史上世界最大規模だったらしいですね)、やっぱり東北を中心に人的被害も含めてえらい大きな被害が出たようですが、同じくらいすごいことになっちゃったりするんでしょうか。

こと、ウチに関して言うなら山の中だし、高台だし、心配しちゃいないんですが、さすがに2mの津波が来るかもね、と言われると、あまり安穏としちゃいられない感じです。

三浦半島で言うなら三崎港のあたりとか三浦海岸から久里浜、浦賀、観音崎、汐入から田浦、追浜と一連の海沿い区域は大丈夫なんですかね? 海沿い区域で言うならR134の秋谷から葉山、逗子〜二宮あたりなんて、全線海沿いなんですけど。

追記
この後、電車も止まったし、道もあちこち封鎖されてたようですが、少なくとも横須賀市内では混乱はなかったようです。市長がTwitterで情報発信し続けていたのが印象的でした。
最近の「老子」人気を探ってみた

最近の、と書かれてはいるものの、老子に人気が出てきているなぞ、初めて聞きましたが。本屋でもコーナーができるとか、そういう感じには見えないんですけどね。

ちなみにワタクシ、老子とか孟子とかぜーんぜん分かりません(笑)。ま、分かりませんというよりは「理解しようとしていない」って感じでしょうか。

だって、今ひとつピンと来ないし、記事に書かれてるような「実生活に即した」感もイマイチないから。別に信じないわけじゃあないですが、風水ってのも実践しようと思うとえらく大変だし、スローライフやらエコやらってのも、ぶっちゃけ興味ゼロ(笑)

まぁ、そういう古い思想に触れて、いろんなことを感じることもまた必要なのかも知れないですが、今を考えることだけで手一杯だし(笑)
「採血しづらい人」って、どんな人?

まぁ、ワタクシは採血されても、フツーに「ちゅー」ってな感じで抜かれるだけなので、採血に失敗した、やらかされた、って経験はないですな。

むしろ、一昨々年入院したときに射たれた点滴に若干問題があったことはありましたが(笑)

んでも、採血の時に「失敗」ってのはよく聞く話です。
する側からすると、記事にあるように「血管が細くて」とか「血管が見えない」とかって話みたいで、そりゃまぁ失敗もするよな、的な納得もできちゃうんですけどね。

これまたワタクシには経験ないんですが、抜かれているときに気分が悪くなってくる、みたいな現象が起こる人もいるようで。この場合は採血自体はさほど問題なくても、抜かれる側は意外に大変だよな、と妙に納得したり(笑)

ってことで、個人的には結構気軽だったりするんですが、やっぱ人それぞれいろいろあるようですね、コレは。
道路って、どのくらいの厚さでできてる?

意外というのは、もっと厚みがあるような気がするから。

もっとも、この時期夜になるとおっ始まる道路工事を見てる限りでは、少なくともアスファルト部分の厚みってもっと薄いようにも思えるんですよね。せいぜいが5~10cmあるかないかくらい。

総体で40~60cmの間、ってのは何となくしっくりくる数値ですが、それもアスファルトの下まで掘り返して整備している、って光景を最近あんまり見ないような気がするので、あくまでも感覚的にしっくりくる、ってだけの数値。

しかし、10~15cmって厚めに盛ってある割には、そう時間がかからずに轍ができちゃいますよね。ってことは、それだけ交通量が多くて、アスファルトが削られていく、ってことなんでしょうか。

なんか、アスファルトってとっても体に悪そうなので、あれが削られてどうなってるのか、ってのは気になるような。
「誰だっけ?」――名前が思い出せないとき

前はそんなことなかったんですが、最近急激に増えてきているような気がするです。「あの人、誰だっけ」現象(笑)

それだけでなく、「アレって何だっけ」とか大枠は覚えているけど、細かいところをすっぽり忘れてる、なんてことも頻発しつつあったりするわけです。

ま、記事の内容によれば、ごく自然なことらしいし、ネタにして上に書いたようなことが起こっているワタクシですが、特に気に病んでいるワケじゃないので、どうでもいいっちゃどうでもいい話。逆に言えば、それだけ興味をひかない出来事のあれやこれやが身の回りに多発している、ってことでしょうな。

実際、そんな気もするし(笑)

こう書いてみると、物忘れうんぬんよりも、むしろ身の回りで記憶に色濃く残るようなことがおきてない、ってその事実の方が重大な事態のような気がしてきた(笑)
海外メニューを食べられる吉野家

気がするですよ。この海外メニュー。

まぁ、写真に載ってる「コンボ」もさることながら、結構前に(もしかしたら、吉野家が経営破たんする前くらいの話かも)CMで流れていた「ボウル」がとっても気になるですね。

しかし、なんでまた高速のサービスエリア限定で提供しちゃうんでしょうね?

客層が限られてるから、逆にメニューを増やさないと人が寄ってこないとか? どうなんだろう? 有楽町くらい大きめの店舗なら、めちゃめちゃウケそうな気もするんですけどね。

ただ、ああいう大きめ店舗で人が殺到しても逆に困るって話ですかね。基本的に客を回転させてナンボ、って世界の話でしょうから。

でも、一時は牛丼以外のメニューも多数提供してたんだから、こんな海外限定メニューもやってみればいいのに。マクドナルドみたいに(アレは海外限定でもないな・笑)
メガネ族のささやかな苦悩&解消法

まぁ、もっとも「苦悩」というほど苦悩しちゃいないわけですけど(笑)

ラーメンを食う時のメガネの曇り。
そうですねぇ。外であんまりラーメン食わないからなぁ(笑)。でも、根底から解消するなら、やっぱり外して食う、ってのが一番でしょうね。ついでに言うなら、スープがレンズに付いたりして、汚れが鬱陶しかったりもするので、外すのがベターだと思われます。

マスクを着けたときの曇りが一番鬱陶しいですかね。ただ、これもマスク側に工夫してあるのを着けると記事にあるように高くつくので、いっそマスクをしない、という選択肢になるでしょうか(笑)

雨の日のメガネも同じ。いっそ着けない(笑)。ってか、傘さえさしていれば、そんなにメガネが濡れることもないと思うんですけどね。

3Dメガネの「メガネオンメガネ」はこないだ初めて体験しました。
これまた鬱陶しいですが、でも、意外にフツーに観られちゃったりしたんで、どこまで気になるか、という気になる度合いの問題かも知れないですね。

全体的に「外す」という選択肢を選んじゃいましたが、ワタクシは裸眼でも見える人だったりするんで、裸眼で全然見えない人にはすべてが鬱陶しい話なのかも知れないですね。
飲み物で動くおもちゃたち

面白いブツですな。
子供心にこんなもんを与えられちゃったりしたら、大喜びで遊んじゃうかも。

が、食べ物というか飲み物をおもちゃのエネルギーとして使うのはいかがかな、という気がしないでもないです。

もちろん、口に入れるものを何か別の用途に使う、ってのはよくある話なので、それ自体は否定しませんが、子供の遊ぶおもちゃの動力源に使うとなると、子供はそっちに意識がいって、食べ物・飲み物を粗末に扱うようになるんじゃなかろうか、と思うわけです。

やっぱりどこまで行っても食べ物は食べ物で、粗末に扱われるべきものでないので、ブドウ糖の有用性はいいとして、製品化するときはちょっとそのあたりを配慮した方がいいんじゃないの、とガラにもなく思ってみたり。
なんだかあんまり間が空いてないような気がしないでもないんですが、食ってきました。

c0071763_331689.jpg

Big Americaシリーズ第3弾、ハワイアンバーガーでございます。

ニューヨークがわずか2週間で終わっちゃったのが残念なんですが、ニューヨークも出たときは当初の予定量の1.6倍を用意していて、それすら売り尽くしちゃった、とか何とか。果たして、ホントにそうだったのか? と疑いたくもなる短さでした。

で、このハワイアン。ニューヨークがえらい質素な包みだったんですが、こちらはテキサスと同様に専用品で厚手のものになっています。

何かこのあたりもニューヨークとは全然扱いが違うなぁ、と思ったりもするんですが。

包みを開けてみるとこんな。
c0071763_3101594.jpg

という感じで、今度は目玉焼きが挟まっていたりします。

で、これだとちょっと分かりにくいんですが、全体の仕様としてはデカいベーコンレタスバーガーといった雰囲気。あちらはレタスをざっくり剥いて挟まってますが、こっちはちみっと刻んで混ぜてあるので、ちょっと見えにくかったりもするんですけどね。

ある意味、一番評価に困るブツかもです。味も特にスペシャルなものではなくって、ベーコンレタスに月見って感じ。バンズは特殊仕様になっていましたが、それも全体の印象に貢献してはいません。何でもロコモコをイメージしたブツらしいですが、ぶっちゃけロコモコではなかろう、という感じです(笑)。味ならニューヨークの方が美味しいし、インパクトならテキサスの方がある、というどうにも中途半端なブツでした。

でもって、お約束のお値段。
コレは食べて納得できるものじゃあないですね。

ということで、最後のカリフォルニアに期待です。
画像ファイル形式、使い分けていますか?

ってか、フツーにパソコンを使ってる分には使い分ける必要もないと思うんですけどね。
使い分けが必要なのって、自分でホームページを持っている人くらいじゃないですか?

それ以外の人が画像を扱うなら「.jpg」だけ分かってれば十分だと思うんですが。デジカメの画像を扱うのだって、概ね「.jpg」だし。

ワタクシもそうですが、デジタル一眼とかハイエンドのコンデジで撮るときにRAWデータで記録する場合は、カメラの機種固有の画像フォーマットを使うわけですが、それはごく特殊なファイルなので、まぁ、この記事で言うような内容ではないですな。

ブログの更新に使うファイルも、全部ではないと思うんですが、たいがいは「.jpg」か「.gif」って指定されていると思うし、「.png」とか「.tif」「.bmp」って記事に書かれてるほどメジャーじゃないフォーマットだと思うんで、やっぱり触れる機会自体が少ないと思うんですけどね。

「.jpg」も圧縮率を上げるとガタガタになっちゃいますが、汎用性が高いし、ファイルサイズも軽めなので、やっぱりコレだけ知ってりゃいいんじゃないの、と思うんですが。