<   2010年 07月 ( 32 )   > この月の画像一覧

もう月日が経つのは早いもので(笑)
貴船神社を上げたあと、さらに3日も経過しているとは(笑)

で、貴船神社の番外編です。
なんで番外編を上げるか、っちゅーと、ここ、ひたすら水辺というか川っぺりなんですよ。あちこちから水が流れてたりして、自分的に気持ちのいい場所です。

なので、そんな写真がバラバラとあったので番外編(笑)
c0071763_13392196.jpg

貴船口駅からこんな滝もどきが見えちゃいます。雨降りの日だったんで、水が濁っているのはご愛敬。
c0071763_13404819.jpg

自分のiPhoneの待ち受けにしてる写真。狙ったワケじゃない(というか狙えないカメラ)のに、上手いこと撮れちゃった一枚。
c0071763_1342385.jpg

上に同じく。

で、夏の京都は三度目なんですが、三度とも「鴨川のもどき」は目にしていながらも、本物は見ていなかったのが、コレ。
c0071763_13435492.jpg

c0071763_13453972.jpg

ちょっと分かりにくいかも知れないですが、川床です。鴨川のもどきしか見たことがなかっただけに、「川が近くに流れてても暑いよなぁ」と思っていたんですが、貴船の本物を見て納得。貴船の川床はかなり涼しいと思われます。神社編でも書きましたが、下界と違って湿気が少ないし、水の流れで気温も低めなので。

ちなみに、この区域はSoftBankは圏外。Twitterで実況したかったんですが、iPhoneが使い物にならなかったので、ドコモケータイからちみちみツイートしてました。まぁ、不便なことこの上ない(笑)。普段使いでiPhoneにいかに依存しているかを痛感しましたです。はい。

で、神社編の終わりにも書きましたが、下山して出町柳まで戻って京阪に乗り、次なる場所へと向かいます。まだまだ続く(笑)
立体モデル化でわかる、レオナルド・ダ・ヴィンチの天才的発想力

何だかよく分からないけど、何しろ天才でしょう。
絵も遺してるし、こういった立体物のアイデアも多数遺してるし。果ては、人体やらそんなもんまでスケッチを遺してるんですよね。

15~16世紀にかけて生きていた人って考えると、とてつもない頭脳を持っていた人だと思うです。凡人のワタクシでもそのくらいは分かる。

でも、そうは言ったって、なぜに今ダ・ヴィンチのもろもろをモデル化したのか、と考えると結構不思議だったり(笑)

ま、ようけ分からんけど、造形が面白いし何となく、ってところが真相なんでしょうけどね(笑)

ただ、逆におもちゃとして使えるのであれば(記事中にもそんな記述があるけど)、それはそれで楽しいのやも(笑)。ワタクシはちょっとコレにお金を払う価値を見出せませんけど(笑)
銀行ATMに出てくる、気になる「顔」

これって、結構メジャーだったりするんですかね? ま、記事中にも但し書きはされてますけど(笑)

とりあえず都銀ばっかり4つ挙げられてるわけですが、もしかしてもしかすると、と思ったわけです。実は、コレって目に入らないというか意識に残らないレベルで受け取っちゃってるんじゃなかろうか、なんて(笑)

そもそも現物を見たことがないので、どういう表示のされ方をしているのかが全然分からなかったりするんですが、ATMなのでさすがに全画面で「どかーん」と出てきちゃったりはしてないんだろうな、と思うんです。と、なれば、画面の隅のどっかに表示されているんだろうし、そりゃまぁ何かミスでもしなけりゃ、記憶に残らないんじゃないの、と思ったり思わなかったり。

ちなみに大きめの地銀とかではないんですかね、こういうの。
横浜銀行とかならあっても良さそうな。でも、あったところで何に役立つか、と言われるとちょっとビミョーとも思ったり(笑)
ってことで、早くも2週間経ってしまいましたが、やっと貴船神社編です(笑)

で、この前の叡山鉄道編で書いたように、出町柳から電車に乗ること30分ちょい、さらにそこからバスで5分ちょっと山を登ったところにあるのが貴船神社です。

貴船神社は三宮あって、手前側から本宮・結社・奥宮となってます。これがまたそれぞれボチボチ距離がある上に、登り道なので結構しんどかったりするんですが(笑)。御利益はとにかく「縁結び」が有名です。恋愛だけでなくさまざまな「ご縁」を結んでくれるので、そのあたりを狙って(あとはパワースポットなので)お参りに行った次第です。

まずは本宮から。
c0071763_1352043.jpg

c0071763_135326.jpg

c0071763_1354765.jpg

ってな具合で、入り口の鳥居からえらい立派な雰囲気です。

境内は広いというよりも大きい、といった感じ。中にも神泉が湧いているなど、やっぱり水の神様をお祀りしているだけあって、空気も非常にいい感じです。

上に書いた通り、本宮・結社・奥宮という三宮に分かれていて、この三宮をお参りするときは「本宮・奥宮・結社」の順番で廻るのが標準らしいです。というのを、今さら知ったワタクシ(笑)

低いところから順繰りに行くのが正解、と思い込んで、結社に向かいます(笑)
c0071763_1424688.jpg

c0071763_1433421.jpg

という感じで、本宮とは打って変わって、こじんまりとした雰囲気。本宮からはひたすら登り坂を歩くこと10分くらい。もう、この時点で汗だくでした(笑)。つまるところ、いつもの京都ツアーと同じく、やっぱり苦行難行をしていたりして(笑)

で、ここはかの和泉式部が不仲になった旦那との復縁を叶えた、という言い伝えがあり、縁結びの神様としてえらい有名らしいです。

ここにひとつトラップがあって、願い事を書いて結びつけるのがお作法なんですが、その紙が本宮に売っているという事実をお参りしてから発見(笑)。最初は願い事を結ばずにそのままスルーして奥宮へ行って終了しようかとも思ったんですが、せっかくここまで来たし、と思い直して、一旦奥宮まで行くことにしました。

その奥宮はこんな感じ。
c0071763_1511569.jpg

本殿のかなり手前に鳥居があったりします。
c0071763_1514585.jpg

本宮よりもある意味立派な門構え。中に入ると
c0071763_1522350.jpg

ってな感じで、結構広かったりします。本殿はこんな感じ。
c0071763_153249.jpg

舟形石があるらしいんですが、すでに登りでグタグタになっていた上に「行く」ことだけ決めて、下調べもしていなかったので、ノーマーク(笑)

このあたりにはご神石、ご神木もこんな感じにあります。
c0071763_1591725.jpg

c0071763_1592848.jpg

ご神木には触れてきましたが、とってもいい気を感じた気がします。優しい雰囲気がありました。

この奥宮はかの有名な「丑の刻参り」をする場所としても有名で、今でもそれをしている人がいるとかいないとか、って話ですが、そもそもこんな山奥で、しかも暗いところに一人で来る度胸自体ワタクシにはありません(笑)

ということで、奥宮にお参りして再び本宮へ一旦戻り、結社にお願いするための紙を入手して、再度えっちらおっちら登って結社でお願いごとを結んできました(笑)。お参りの順番を無視したというか、遵守したというか、ビミョーな感じになったのは否めません(笑)

で、20分くらいバスを待って、再び駅へ戻り、そこでもう20分くらい待って一路下山します。

ここで終わりと思いきや、貴船神社編はもうひとつあります。なので続く(笑)

神社なので
こだわり凝縮の「フルーツシャーベット」

ちょっと違うようで(笑)

まぁ、似たようなネタを連日出しちゃうのもいかがなものか、って感じはしないでもないですが、何せ暑いし、ついついこうなっちゃうんでしょうね。

で、昨日のネタは「果物を冷凍庫で無造作に凍らせる」って話でしたが、今日のこのネタはちゃんと果物を加工したシャーベットのお話。

見た目は似たようなもんですが、仕上がりはだいぶ異なるものだね、って話です(笑)

どっちを選ぶか、と言われると結構ビミョーなとこですが、果物を凍らせるのはありものを冷凍庫にブチ込むだけでどうにかなっちゃいますからね。手間もお値段もお手軽そのもの。でも、実際にきっと美味いのはシャーベットでしょう。結構高そうだけど(笑)

そして京都ネタはまたも上げられず……。
いろんなフルーツを凍らせてみた

もっとも、ワタクシがガキの頃はマンゴーとかブルーベリーとかそんなんなかったんで、せいぜいがイチゴとかオレンジとかバナナとかパイナップルとか、って感じだったでしょうかね。

なので、個人的にはとっても今さら感たっぷりなネタだったりするんですが(笑)

記事にもなってますが、マンゴーとかは凍らせると美味いでしょうねぇ。ああいうタイプの果物はどうやっても美味く食えそうな気がするですよ(笑)

ってことで、コレ以上はちょっと書きようがない(笑)
ま、アイスとして買ってくるよりも手間はかかるけど、確かにヘルシーかもね、ってことで(笑)

京都ネタ、今夜にはなんとか!
もうしばしお待ちくださいまし(笑)
って、先々週の話になっちゃうんですな、コレ(笑)

もー、前と違って、帰ってきて夜何もしないでバタンキューなので、この手の更新が覚束ないという。かなりいただけません。

ってことで、鈴虫寺編からだいぶ経っちゃいましたが、次なる場所へと移動です。
経路は来た道を戻る感じで阪急松尾→桂→河原町、ここから徒歩で京阪祇園四条→出町柳、さらに出町柳から叡山鉄道に乗り換えで、一路貴船神社に向かいました。

この叡山鉄道なるローカル(?)線。
実は、詩仙堂へ行くのに去年も乗っていて、その時はただのローカル線、と思っていたんですが、今回は
c0071763_9434415.jpg

こんな車両に乗っちゃって、えらい観光列車風になってて驚きました(笑)。ちょうど席の向きだと電車がえっちらおっちら登っていく間に、良い景色が楽しめる算段になっているようで。

でもって、出町柳から乗ること35分。体感的にはもっと乗ってた感じもするんですが(笑)、何しろ貴船口駅に着きます。
c0071763_952397.jpg

見るからに山奥(笑)。そして、ここはソフトバンクは圏外です。ドコモは入ってたので、さすがドコモ、と思ったりして(笑)。コレが追々効いてくるんですが、それは次の話で(笑)

ここからさらにバスで5分くらい、歩けば30分の道のりを経て貴船神社に着けるんです(笑)。この先は写真が多いので別枠にします。できるだけ今夜中に上げたいな、と思っているので、期待しないでお待ちくださいまし(笑)
パソコンのメモリも冷却しないといけないの?

当然なんですが、フツーに使ってる分にはさほど問題ないです。熱耐性そんなに低くはないので。

ここで書いてあるようなオーバークロックをやろうと思うなら話は別。

ってか、メモリのオーバークロックなんざしたところで、体感速度はさほど上がらないっす。メモリを増やすと多少変わりますが、速度というよりは快適感が上がる、という感じ。

体感速度を上げるなら、ハードディスクをいいものに変えるか、SSDに交換するかが手っ取り早いところ。ま、それだってウェブみてブログ書いて、ちょっと写真の処理をしようと思うくらいなら、さほど必要もないもの。

って、メモリの冷却の話ですな(笑)
風を当てて冷却するのも良いらしいですが、ホコリも吹き付けるので、ヒートスプレッダーっていう冷却板の方が良いです。ノートユーザーにはまったく関係ない話ですけどね、コレ。あ、ネタ自体も(笑)
「酒が強そう」と言われる人について

ワタクシ、ガタイだけはムダにいいですが、酒は弱いです(笑)

お酒強そう、と言われることがないこともないし、ついでに言えば、飲みの席で甘いものなど頼もうものなら、言わないと別の人のところにオーダーした品が置かれてしまう体たらく(笑)

さらに言うと、ワタクシの周りにいる女子は顔色ひとつ変えずにじゃんじゃん飲む人が多いので、理屈で言うところの記事にあるような話はまったく当てはまらないです、はい(笑)

ま、飲めるに越したことはないし、きっと飲めたら人生もっと楽しかろう、と思わないでもないですけどね(笑)
カニ型ロボットが誘導するカーナビ

ただでさえナビって微妙な誘導をするのに、さらにファジーなこんなブツを入れちゃったりしたら、いっそう微妙になりそうな(笑)

だいたいナビも「○○m先右折」とかっていう誘導をするんですが、メートル単位で距離感を計って運転してるヤツなんて絶対いねぇ(笑)。たまたま曲がる地点が大きい交差点だったら問題もなかろうけど、角の道をちょいと曲がる、なんてときに困るですよ。

ワタクシはそれで何度かえらい目に遭ってるし(笑)

だから、曲がる地点の近所に来て、足をバタバタされてもぶっちゃけ困るぞ、と(笑)。ちかちか点滅してもやっぱり困るぞ、と(笑)。聴覚障害者の運転を容易にする手助けにはなるやも知れないですが、いっそナビの画面自体をでかくするなりして、地図ごと見せたっていいんじゃね? と思うんですけどね。

いずれにせよ、そもそもナビのないクルマに乗ってるワタクシとしては、微妙なものとしか思えなかったりするですよ(笑)