<   2010年 10月 ( 34 )   > この月の画像一覧

時速115キロの風に負けない傘

こりゃすげぇ! って傘なんですけどね(笑)

前にも強風の時に「風を逃がす」ことで、強風に強い傘、ってのが小ネタで紹介されてましたが、こっちはかなり本格派ですなぁ。

空気抵抗と強度、傘の張力で強風に対抗って、かなり科学的に考えられてるっぽい。でもって、野暮ったい傘かと思えば、意外や意外、結構かっちょいい傘じゃないですか。ほんのりデザインされてるっぽいあたりがナイスな感じだと思うんですけどね。

ただまぁ、台風の暴風雨域に入った状態でも大丈夫な傘、とは言え、実際には傘を差してないところも濡れちゃったりするんで、そんな強風に耐えられる傘も、あくまで「気持ちの問題」的な側面もなきにしもあらず(笑)

7140円って値段も傘にしてみるとちと高め。
果たして、そこまで払って強風に耐えうる傘が必要かどうか。

個人的には面白そうなので、あともうちょっと安かったらアリかなぁ、とは思うんですが(笑)
韓国、撮影費約35万円の超B級SF映画が快進撃中

なぜか話題になる(笑)

ぶっちゃけ、前評判ほど大したことなかった「パラノーマル・アクティビティ」も確か百何十万だかで作った映画だったけど、30億だかの興行収益があったような。

この映画は、その上をいく35万だもんなー(笑)。しかもSFでちゃんとCGまで使ってるっていうんだから、なかなか大したもの。予算に対しては(笑)

こうまで書かれると一度くらいは観てみたくなるのが人情ですが、コレってきっと日本で上映されることがあっても単館上映だろうからなー。ってか、シネコンで上映されるようなクオリティはないだろうし(笑)

果たしてどんな出来なのか、それだけがちょっと気にかかりますな(笑)
あなたも美の女神になれる!? 叶姉妹ロール

まだ影響力のあるタレントだったんですねぇ(笑)
個人的にはだいぶ過去の人になってるんですけど(笑)

ま、それはさておき、叶姉妹プロデュースのロールケーキと。上にも書いた通り、ワタクシにとっては過去の人なので、コレ自体に惹かれるものはないし、さらに言えば、叶姉妹がどどーんと出てこられると、食い物なんかだとむしろげんなりしたりして(笑)

とは言え、何となく素材にはこだわりがあったりするみたいなのが、アレですな。

ロールケーキなのに、パープルのパッケージに金の箔押しってどうよ、と思わないでもないですが、それでも4000円近いブツが日に100本近く売れる、って言うんだから、ワタクシの認識には間違いがあったようです(笑)

食いたいか、と言われると、結構疑問なブツではあるんですが(笑)
それでも「わらづと納豆」を売る理由

納豆ですなぁ、コレ(笑)

わらづと納豆って、結構前にはスーパーとかでもフツーに見かけたと思うんですが、確かに言われてみれば最近は発泡スチロールのパックに入ったものばっかりですね。

しかしコレ、納豆一束で500円とフツーの納豆ならどんだけ買えるんだ、ってな金額ですが、マジでわらづと納豆を作ろうと思うと、とんでもない手間がかかる、っちゅーのがよーく分かりました。ちょっとタメになった小ネタ(笑)

これだけ手間暇かけて作ってありゃ、そりゃ500円しますわな、ってな話で。

ただ、毎度毎度コレを選んで食う、ってワケにはいかない金額でもあるわけで、ホント納豆なのにありがたみのあるブツですなぁ、と。

あとは、果たして「The 納豆」と言えるだけの美味しさなのか、という素朴な疑問が(笑)
「サイレン+拡声器」の救急車が増えてませんか

記事にもありますが、前っからサイレンをワンワン鳴らして、拡声器で「どけ~おりゃー」くらいの勢いで走っているもの、という認識があるんですが(笑)

サイレンだけってあんまりないんじゃないんですかね? 幹線道路とかを通る必要がある分には、その気がなくったって拡声器でクルマやら何やらをどかさないと走るに走れないって状況があるわけで、今だから交通事情が悪くなって、拡声器で怒鳴る、ってなことはないような気がするんですよね。

むしろ、今ならクルマ自体は減りつつある、という状況があったりするわけで、ネタの仮説に沿って話をするなら、拡声器を使う必要が減ってくる、という話になったりしてくはず。

だから、今に始まった話じゃないと思うんですけどね~。
c0071763_16312782.jpg

飲んでみました。ヤバいです、コレ(笑)
『銀河鉄道999』に出てくるラーメンってこんな味?

記憶にないなー。ラーメンの話は。
ま、全話通しで読んだり観たりしてはいないから、きっとどっかのエピソードに入ってるんだろうけど。

でもって、このラーメンは、直接「999」とは関係ないのね(笑)
悪い言い方をすれば「便乗商法」ってなヤツで。ま、それでも原作者がわざわざパッケージの絵を描いてるくらいだから、ある意味「公式」な商品なのかも知れんですけど。

999とラーメンって自分の中じゃまったく結びつかないんですが、原作に登場してりゃいかようにも商売に結びつけられるな、という好例のひとつなのやも知れませんな。

そのくらい商魂たくましくないと、このご時世わたっていけないか(笑)
“究極のランジェリー”ができあがった

何かとお高くできていますなぁ。野郎なんざ、パンツ3枚で1000円とかTシャツ3枚で1000円とかで問題なーんもないしなー(笑)

その点、女子の下着はやっぱりお高い。いや、まぁ、使ってる素材も違えば、デザインなんかもされてるし、装飾なんかも付いてたりして、お高くなる理由はいくらでもあるっちゃあるんですが(笑)

でもって、その下着は野郎どものために存在してるんだから、ある意味野郎どもは罪深い(笑)

女子同士で勝負下着の見せ合いなんぞしなかろうからなぁ。それとも、あるんかなぁ、そういう世界が(笑)

ワタクシみたいにこういうのに無粋かつ縁のない人間は「下着に1万円」と思ってしまうワケですが、女子にとっては「んでも1万円じゃん」って話になるんですかね?

うん、女子に生まれなくて良かった。女子はお金がかかる(笑)
国際空港で働く人は、毎日パスポートを持って行くのか

そもそも海外旅行ってたった一度しか経験がないし、そのときも流れに任せて出国手続きを踏んだもんで、今もってどういう仕組みでどうなっているのかさっぱりわからないワタクシ(笑)

なので、記事を読んでツッコむどころか、むしろ「そうなんだー」的に納得しちゃったんですが(笑)

そもそも、出国手続きを踏んだあとに「制限エリア」なるものが存在するのも知らなかったし、免税店の仕組みもぜーんぜん知りませんでした。

国際空港で働く人にパスポートは、というネタではあるんですが、こんなワタクシなので、フツーに「国内だしいらねーんじゃね?」と思ったわけですが、全然別の理由で不要だってのがよーく分かりました(笑)

いやぁ、国際空港って結構いろいろ仕組みがめんどくさいんですね。
ホント、変なとこでタメになっちゃいました(笑)
“忍者文字”が刻まれたトイレットペーパー

トイレには長居する方ですが、さすがに雑誌やら本やらを持ち込まない(笑)

よって、前にもトイレットペーパーに小説が書かれていたり何だり、ってネタがあったような気がするんですが、ワタクシに関して言えば、んなもんを読んだり目にしたりしてる場合じゃない、と(笑)

でもって、今度は忍者文字ですか(笑)

明治期から流行った偽書の類に利用されてたところもあって、神代文字ってのは胡散臭いイメージもあるんですが、ま、それはさておき忍者が使ってた、ってのは一応本当なんでしょうね、たぶん(笑)

それにしたって、50音順に並べてあってもなぁ(笑)。かつ、コレを学習してもなぁ(笑)

ま、作ってる方もネタだと思って作ってるだろうから、それはそれでいいんでしょうけどね。
しかし、ネタにしては1巻き400円ってのはトイレットペーパーにしては、相当破格の値段だと思うんですが(笑)