<   2011年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

“下着”と“県民性”の因果関係

県民性って現れるもんなんですねぇ(笑)
年間の購入枚数から購入金額、色やデザインまで多種多様に違いが出るとは。

まぁ、野郎の下着なんぞ金をかけてる輩がいないとはいいませんが、3枚1000円のもんだって全然いいわけで、そこから考えるとブラの購入枚数だの下着の購入金額だのって、野郎とはやっぱりかけ離れた世界の話だなぁ、と思ってみたり。

記事中では、何でこんな結果になっているのかは定かでない、と断りを入れてますが、そこはそれ、社内ではちゃんとそれなりにそれなりな分析を加えていると思うんですけどね。マーケティングのデータとしては極めて有効なデータですしねぇ。

って、ホント女子の下着ってこういう観点で考えたことがなかっただけに、ちょっと新鮮なデータではありますね。
ホームレスの男性、ダイヤの指輪をくれた女性は誰?(AP)

謎ですなぁ。

小銭とダイヤの指輪を渡すってあたりも謎。小銭じゃなくて、すぐに使える札を渡せばよかったのに、とも思ったりするんですが、彼の国はあんまりキャッシュを持ち歩かない国だけに、小銭しかなかったんでしょうかね? で、簡単に渡せる金目の物ってなことで、ダイヤを渡してみたとか。

もらった方もそりゃびっくりしますわなぁ。
ダイヤの指輪いきなりもらっちゃうわけだし。ただ、やっぱりこの手のブツはすぐに質屋に出しにくいというか、換金しにくいですよね。ありがたい、って気持ちもあるだろうし。

斜に構えて見ると、案外質屋に流してもらうところまで狙いで、それを回収するところまで考えてたりして(笑)

ま、めんどくさいことを考える人はこんなことやりませんわな。
題して「ジョージ•ワシントンバーガー」
c0071763_13521791.jpg

ストレス社会のサラリーマンへ、癒し系オバカエログッズ

この手のバカグッズ(笑)

ワタクシはメガネをかけるので、需要としては「ふきパン」の方にあるわけですが、パッと見分からないでしょうね、コレ。広げて見せて、初めて「あ、パンツだ」となるんじゃなかろうかと。柄だけじゃなくて、ブルマまで用意してあるあたり、確信犯ですな(笑)

「うたた寝夢枕」はちょっと欲しいかも(笑)
胸の谷間に頭を埋めて、って、ワタクシのようなおっさんの心に刺さるアイテムじゃなかろうかと(笑)

どうせなら、コレも胸の大きさ別でバリエーションがあっても良かったんじゃなかろうか、と思ってみたり(笑)。ただまぁ、使いどころに悩む一品ではありますけどね(笑)
ひっくり返しても着けられるブラジャー

ってヤツでしょうけど、コレについてはどうなんでしょうね?
ワタクシも女子ではなく、おっさんなので、そもそもこういうものを着けたことがないので何とも言えないのですが(笑)

下着をリバーシブルにする、って言っても、そもそも見せる機会も相手も極めて限定されているから、おしゃれに使うってのはちょっと難しいのかなぁ、と思ったり。

あと、気になるのは下着だけに裏返したときにどうなんだろ、と思ったりして。
特にショーツとかは裏返したときに気になるんじゃないかなー、と思うんですけど、どうなんでしょ?

1枚で二度美味しい、という意味で、1枚の下着を表裏で2日装着……する女子っていないだろうなぁ(笑)。いるのかなぁ(笑)
冬の半袖・ノースリーブは絶滅したのか

そんな時期もあったような気がしますねぇ。
でもって、確かにハタから見てると「よく寒くねぇなぁ」と思っていたわけですが、やっぱり寒かったんでしょうなぁ(笑)

今はさすがにそんな軽装のおねーさんは見かけませんね。
むしろ、やたらと重装備なおねーさんは目に付きますが。そんなに着込んで重くね? ってくらいのおねーさんもちらほらいたり。

個人的な感想ですが、重装備だと外にいる分にはいいんですが、空調の効いている場所に入ると途端に暑い(笑)。冬なのになんで汗かいてるんだろ、的なことに遭遇したりすることも多いですね。

なので、分厚い上着の下がノースリだったり薄着だったり、ってのは、ある意味において理にかなってる、と言えなくもないんでしょう。それでもやっぱり外は寒いと思うんですけどね(笑)
睡眠口座のお金は、戻ってくるのか

とりあえず戻してはもらえるんですな、コレ。

ワタクシも休眠口座がいくつかあって、というかあるはずなんですが、そもそもどこにどのくらい口座を作ったか、ということすら忘れている始末(笑)

まぁ、もっとも残高は限りなくゼロかゼロなので、仮に口座が消滅していても何ら問題はないんですけどね(笑)

記事のケースでは2万円オーバーで残っていたから、少々手数料がかかっても十分回収する価値はあったでしょうけど、さすがに数百円とかって単位だと回収するだけ赤字になるでしょうから、やっぱり休眠させたまま、って感じになっちゃうでしょうね。

それよか、ホント、どこに口座があるのか、まずそれを確認するところから始めないと(笑)
ダイドーの自動販売機が当たりつきにこだわる理由

確かに昔は当たり付きの自販機ってかなりいっぱいあったような気がするんですが、今じゃ見かけるのはダイドーのだけかも知れないですなぁ。

さらに言えば、確かにダイドーの飲み物って珍しいワケじゃないし、ちょいちょい飲む機会もあるのに、コンビニとかで買った記憶がない。ってか、売ってない。いかに自販機で買っているか、っていう証拠ですなぁ。

で、当たり付き自販機の記憶と合わせて、ダイドーの飲み物を飲んでいるんだな、とつながるワケかぁ。

ま、当たり付き自販機で実際に何度かは当たったこともありますが、あれってうれしい時と意外に困るときがあるんですよね(笑)。当たれば当然うれしいはうれしいんですが、はてもう1本はどうしてやろう、って場合に、その自販機に飲みたいと思わせるものが入ってないとか(笑)

ただ、この記事を読むとやる方もなかなか苦労しているんだな、ってのが分かりますな。たかが当たり付き、されど当たり付き、ってところでしょうかね。
ってことで、試乗会本編です(笑)

そもそも、抽選だったこの試乗会。当たるとは思ってなかったし、まぁ応募だけしてみよー、と思ったらひょんなことで当たってしまった、というのがコトの発端。

何でも、競争率58倍とかでえらい競争率の中、当たっちゃったというのが真相のようです。相当運を使い果たしたっぽい(笑)

出発は大宮駅からで、特別に受付があってこんな感じ。
c0071763_851160.jpg

コレで出発1時間前。えらい混みようでビックリしました。
c0071763_854245.jpg

はやぶさはまだ営業運転していないので、単なる団体列車としての扱いです。次発も同じく試乗会列車と思われます。

c0071763_863531.jpg

ホームにすでに来ていた、E5系はやぶさ。緑の車体とこのロングノーズが特徴ですが、かっこいい、ってワケにはいかないような。
c0071763_874020.jpg

はやぶさを模したロゴが車体側面についています。
c0071763_881521.jpg

パンタグラフもちょっと見かけない特殊形状です。

c0071763_884236.jpg

インテリアはこんな感じ。ベージュ基調の落ち着いた雰囲気です。
c0071763_893276.jpg

シート。はやてではグリーン車に付いていましたが、ヘッドレストの位置が変えられるようになっています。コレがかなり快適。
c0071763_8103215.jpg

トイレ(笑)。新幹線らしからぬ、百貨店とかにありそうな雰囲気のトイレです。
c0071763_8112122.jpg

洗面台も同じく。アメニティ装備には気を遣ったらしいですが、なるほど相当に気を遣っているようです。

c0071763_812717.jpg

中には入れなかったので、車窓からグリーン車の内装。電動シートのようです。普通車のシートとはやっぱりひと味違う(笑)
c0071763_813457.jpg

c0071763_8131264.jpg

で、このE5系はやぶさにはグリーン車よりワンランク上の「グランクラス」なる車両がくっついています。これまた見学不可でしたが、シートは飛行機のファーストクラスのようなデカいシートでしかも革張り。ぜーたくこの上ない車両です。

ってな写真をバラバラ撮りながら、1時間つぶしていざ出発と相成るワケですが、長いので続きます(笑)
当たると思わなかった、東北新幹線はやぶさの試乗会です。

詳細は戻ってからまた上げます。

c0071763_14134687.jpg