<   2012年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

電車内に設置されている「非常ボタン」押すとどうなるの?

いけません。もんのすごい数の人に迷惑がかかるので。

にしても、偶然押すタイミングにかち合うことなんてあるんですねぇ。ワタクシは幸か不幸か一度もそういう事態に遭遇したことがないんですが、このライターさんはある意味で貴重な体験をしたんじゃないですかね。

非常ボタンだけに、押せば何がしか起こるのはわかってますが、とりあえず記事を読むだに、そんなに切迫した感じにはならないで、割と淡々と対応されちゃうんですね。

あるいは、いたずらで押されることなんかもあるんですかねぇ?

ま、どっちにしたって、用もないのに理由もないのに押しちゃいけません。
調剤薬局で、こんな経験ありませんか

ほとんどなくなっちゃったんじゃないですかねぇ?

ここんとこ病院に通い慣れてるワタクシですが、どこもかしこも基本的には処方箋を出してくれるだけで、院外処方になってますね。

まぁ、院内処方の方が待たされはするけど、実はラクなような気がするのは記事と同じ。ただ、会計にも待たされて、薬の処方に待たされて、って感じになるので、どんだけ病院にいればいいんだ、って感じがしないでもないわけで。

でも、まぁ、世の流れは院外処方が主流なので、これはしょうがないんじゃないですかね?
「パケット定額」で、数十万円相当の料金が数千円になるのはなぜ?

このパケット料金ってのが、もしかしてキャリアの言い値じゃないかと思ってるんですよね。
だから、そもそものコストを乗っけたにしても、値段設定は結構いい加減じゃなかろうかと。

なので、パケット定額制にしたところで、ペイするというかそもそもどんな設定にしても、実はペイできる構造じゃなかろうかと疑ってみたり。

定額に入ってないで、数十万円の請求が来ても、一度は見逃してもらえる、っていうことがあるそうで、そのあたりもやっぱり「定額制ってのが言い値」なんじゃないかという感じがするわけで。

数千万契約を持つキャリアなんだから、小額徴収でも実は結構な額になる、ってのもミソですよね。確かに使っていて損した気分にはならないですけど、じゃあ得をしてるか、と言われると実はそうでもないんじゃね? っていうのが正直なところです。
わずか2分で測定できるiPhone用放射線センサー

何ができるわけじゃなし、ましてや人体に影響が出るほどの放射能がそこかしこに散らばってるわけでもないので、この手のものって結局興味半分のものでしかないと思うんですよね。

なので、たとえ2分で測定できようが、「だから何?」ってなっちゃうんですけど、ワタクシだけですかねぇ?

仮に、万が一人体に影響が出るような放射線量が検出されたとして、検出された時点で被曝してるわけで、短時間とは言え穏やかじゃないですよね、気分的に。

ならば、いっそ知らない方がいいと思うわけで、放射線探知機みたいなもんって結局不要じゃないかと思ったりするわけです。
限定50部!JR九州東京支店の女性社員が作る、超手作りフリーペーパー「鉄聞」

小学校の頃に作った壁新聞っていう体裁ですなぁ。
手書きでここまで作っちゃうのはなかなか大したもんなんですけど、これを50部作るって相当大変だと思う……ので、きっと原版を作ってコピーしてるんでしょうね(笑)

これを業務として認める大らかさが残ってる、ってのは会社組織として悪いコトじゃないと思うし、がんばれるならぜひがんばって欲しいなと思いますね。

で、なぜかななつ星の話も併載されてるんですけど、110万ってべらぼうな金額だったんですね、アレ。カシオペアよりも全然高い。よっぽど金持ってないと乗れない列車だったとは。もうちょっと庶民でも乗れる金額設定にしてほしかったなぁ、と思うです。
触手がうにょうにょ クトゥルフのウェディングケーキ

よりによって、クトゥルフ神話のウェディングケーキってどうなんでしょう(笑)

あんな、めでたくもない、邪神ばっかり出てくる神話(正確には神話じゃないけど)をめでたい席に持ち込むっていうのは、ネタですよねきっと。

しかし、それにしたってイメージがイメージ(名状しがたいと称されている)だけに、そりゃもう気持ち悪い形状ですな。触手が出ているウェディングケーキなんて初めて見たし、これにケーキ入刀ってのもアレだし、まして土産になんてされちゃった日にゃもう、って感じですよねぇ。

日本じゃマイナーな部類なんでしょうけど、彼の国じゃ結構メジャーだろうから、こういうのもネタになるんでしょうね。
ごはんが水色!? ギャルママの仰天レシピ

子供の頃からそういうものを食わせちゃいかんと思うですよ。
体にも悪そうだし、何よりも「こういうのもフツーにあるんだー」と刷り込まれちゃうから。

見た目、かわいいお弁当にしてあげよう、という心意気は分からんでもないですが、やっぱり「フツー」に収まるレベルでやるべきだと思うです。

もっと言えば、食欲って本能なんで、果たして水色のメシを見て「うわあ、美味しそう」ってなるか、っていう疑問もあったりはしますねぇ。子供と言えど人間なので、そのあたりは正直に反応するんじゃないかなぁ、と思うんですけどね。それとも「うわぁ、かわいい」でやっぱ食っちゃうんですかね。

いろいろもやもやが残る記事でした。
今、「DIY女子」が急増中!?

いろんな料理を「自作」する女子のことだったんですね。
何とも紛らわしいというか何というか。

確かにレシピさえあれば、たいがいの物は自分で料理できちゃうんでしょうけど、そこまでやるかねぇ、というのが正直なところ。

まぁ、自分で作った方がどうこう、って話もあるかも知れませんが、手間と時間を考えると買ってきた方が費用対効果が高そうな気がするんですけどね。

料理好きが高じて、何でも自作してみよう、って流れなんですかねぇ?
料理好きなら、きっと作ってる工程も楽しいでしょうからね。
ケンドーコバヤシ監修! 美少女が見つめてくれるだけのアプリ

コレって美人時計とか美人天気とかと同じ類のアプリですよね。
天気も時計も「天気」とか「時計」って付加価値があるから、まだ入れて使ってやろうか、って気にもなるんですけど、見つめるだけじゃねぇ。

それに、スマホの画面ってそんなに見つめるもんじゃないでしょ。
どちらかと言えば、操作してる方が多いはず。となれば、まるっきり必要ないような気がするんですけど、それでも需要あるんですかねぇ?

ケンコバが監修って言われても、「なんでケンコバ?」って感じも否めないし。
ネタとしてイマイチじゃないですか? コレ。
スマートフォンへ乗り換えるときの5つの落とし穴

ですけどね。ガラケーからスマホに乗り換えた(というか買い増した)ときに。

入力はさすがに慣れなかったので、フリック入力ではなく、タップで入力してましたが、慣れてくればフリックの方がはるかにラク。ここは意外にすんなりクリアしましたねぇ。

有料サイトなんかも一つしか登録してなかったので、解約のときにやや面倒はありましたが、とりあえず解約はできたので、コレもクリア。

パケ代はハナから定額プランだったし、巨大な(PCに比べれば微々たるもんですが)データをやりとりするのがわかってたので、むしろ定額プランを使わないのがナンセンスってもの。

ガラケーから乗り換えるに際して、お財布ケータイ機能なんかは使うことがわかってたので、それに対応した機種を選んだので、これもクリア。

結局、乗り換えるときに何ら問題は発生しなかった、ってことですね。
強いて言うならバッテリーがもたないんで、それが難点といえば難点っていうくらいのもの。