<   2013年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

いろいろありましたが、まぁあと数時間で終わりってことで総括などを。

毎年の目標

転職する
彼女を作る

はまぁ、お約束通り残念ながら達成できず。彼女はともかく、転職だけはどうにかしたいんですけどねぇ。今年は実に5ヶ月稼働していない状態があったので、さすがにもう今の会社じゃ続かないことは明白。何とかしたいもんです。

年間100冊の本を読む、は大幅に上回って122冊読めました。その2/3は電子書籍だったので、ワタクシには電子書籍が性に合ってるようです。

映画は10本目標のところ、7本。まぁアニメの劇場版しか観ていないんで、このくらいになってしまったのは仕方ないかなぁ、と。

ということで、簡単に今年の総括終了。
年明け後にまた更新することになると思います。
家族、稼ぎ、男…メディアが報じない浅田真央の“私生活”

どうだっていい話ですよね、コレ。どうだっていいからメディアも根掘り葉掘りしないわけで。

フィギュアスケートって華麗に見える分、どうもスポーツのイメージとはちょっと違う印象があるかも知れないですが、あのスケーティングをするためには相当なトレーニングが必要なわけで、いわゆるアスリートそのものだったりするんですよね。

で、アスリートの私生活をわざわざ探るなんてこと、フツーはしないでしょう? 彼女の場合は見た目にかわいいので、芸能人みたいな扱いを受けるのかも知れないですが、それにしたって私生活までどうこう言われるんじゃかわいそうってもんで。

こういう下世話な記事ってウケはいいかも知れないですけど、感心できるもんじゃないですね。
すごいダンサーがアニソンで踊っちゃう理由

テンポのいい曲が多いので、ダンスには向いてるのかも知れませんね。

ただ、惜しいのは選曲がいかんせん古い(笑)
アニメなんて1クールにどれだけ放送されているか見当も付かないくらい放送されてるんだから、その中のヒット作とかからチョイスすればいいのに、80年代・90年代と古いのばかりなのがアレですね。

記事を読むだに、どうやら結構名の通ったダンサーさんのようで、アニメにも自然になじんだ、という人みたいですが、そういう人だからこそ今日びのアニメから曲を拾ってやって欲しかった気がしますね。

ま、やっぱりダンスとアニソンの親和性は高そうなので、そのうち最近のアニソンも振り付けが付くかも知れませんね。
きのこの山 対 たけのこの里! 現在はどちらが優勢か?「圧倒的にたけのこの里」

多数派のたけのこ派です。

きのこもあれはあれで美味しいとは思うんですが、きのこの柄の部分がクラッカーなのがちょっとアレなんですよね。あれがクッキー素材だったら、きっといい勝負になったと思うんですけど。おそらくはあの部分の好みでクッキーを使っているたけのこ派が優勢なんじゃなかろうかと。

なので、コンビニとかで買おうと思ったら、迷わずたけのこをチョイスします。この調査ではたけのこがかなり優勢なようですけど、結構きのこ派も少なからずいるので、どっちが優勢とは言いがたいんじゃないかなぁ、と思ったり。
ハリウッド女優も使っている“貼るパンティ”とは?

あるもんですねぇ。
コレがある、ってことはちゃんと需要があるわけで、男には想像もつかない話だったりするんですけどね。

しかし、コレ、横に何も締めるものがないので、フツーに歩いてたりする時に間違って落ちちゃったりはしないんですかね? パンツルックの時は剥がれちゃってもさほど支障はないでしょうけど、スカートとかだったりしたらいろいろ大変なことになりそうな。

パンツルックでパンティラインが響かないってのと、締め付け感がないってのがウリみたいですが、女子にとってはその辺りって結構気になるところなんでしょうね。ワタクシはそんなもん考えたこともないですが。

ま、値段もフツーの下着に比べればお手頃価格なんでしょうし、そういうところでも需要が生まれてるのかも知れませんね。
こんなにも違う!日本人とイギリス人が考える「世界がっかり名所」

違うような気がしますね。もちろん、視点が違うからこそがっかりする名所も違うんでしょうけど。

日本人は割とまんべんなく世界各地を巡った中で「コレはナシだろう」って名所をピックアップしている印象があるんですが、イギリスは上位2つがフランスってあたり、歴史的対立が裏側にありそうな感じがしないでもないわけで。

もっと言うと、どうして日本とイギリスなんでしょう? という疑問も出てくるわけですけど。アメリカとか中国とかとも比較した方がもっと面白い結果が出そうな気がするんですけどねぇ。

ま、いずれにせよ、こればっかりは行ってみないことには分からないわけで、いくらマーライオンがしょぼいと言われてもどんだけしょぼいのかは分からないですからね。
ってことで、分かりやすいイルミネーションを軽く撮ってきました。
とりあえず4枚どーぞー。
c0071763_2240315.jpg

c0071763_22404030.jpg

c0071763_22405558.jpg

c0071763_2241499.jpg


今回もPENTAX Q7で撮ってきました。なので、三脚も使わず手持ちでサクッと撮った次第です。ISO感度が上がってる分、少し眠い画像になってますが、そこはそれということで。

しかし、下の3枚は新宿南口のイルミネーションなんですが、こんなにシンプルだったっけなぁ、という印象ですね。
アマゾン社員が仰天した「意外な売れ筋」ベスト5

仰天するまでもなく至ってごもっともな売れ筋商品じゃないですか?

エロ商品は店舗へ買いに行くのは恥ずかしいし、さりとてそれ系の商品ばかり置いてるECサイトで買い物するのは気が引けるし、ってことで、フツーのECサイトで商品をごまんと置いているアマゾンに行くのは必然じゃないかと。

ただ、強いて言うなら野郎のものではなくて、女子向けのエログッズが一番売れてるってのが意外と言えば意外でしょうかね。

おむつはたぶんフツーに買うとかさばるんで、通販で買った方が便がいいってことでしょう。アマゾンなら最速翌日到着ですから。肉丸ごとってのも同じくかさばるし重いんで、どうせ置いてあるなら買っちゃえってくらいの勢いじゃなかろうかと。

と、考えるとアマゾンってつくづくすげぇサイトだなぁ、と思う次第です(笑)
3Dで「自分がどう太っているか」診断してもらった

あまり知りたいとは思わない情報だったりしますけどね(笑)

使ってる機械がよく分からないんですが、CTとかMRIの類とは違うものみたいですね。なら、どうやって体脂肪の付き方とかって把握できるんだろうか、って感じもするんですけど。

ま、体の輪切り写真なんかだと一目瞭然になってしまうので、見ればよりショックも大きいんでしょうけど、この程度の検査であれば、視覚的にはショックを受けずに済むのかも知れないですねぇ。

ダイエットするためにはこうした情報も必要なんでしょうけど。おまけにお値段もリーズナブルなので、試すのにそれほど躊躇しないようにはなっているんですけれど。でも、ワタクシはやらなくていいです。ええ、割と体重は上下しやすい体してるので、きっとこんなことをしなくても大丈夫なはず。
どのくらい写るのかテストしてみました。なので、被写体もアングルもつまんないものばかりですが。とりあえず4枚ほど。
c0071763_16475948.jpg

c0071763_16481713.jpg

c0071763_16483598.jpg

c0071763_16485634.jpg


全体によく写る印象ですね。
高感度側もISO3200までは余裕で写るので、結構重宝します。ちっこいカメラの割に、交換レンズが明るめに用意されているので、そのせいもあるかも知れません。

とまぁ、雑感などを。