<   2014年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

みなさんは、日常に取り入れている開運行動はありますか?今回は、開運指南のプロである占い師の先生たちが実践している運気アップ習慣を大調査。15人の先生に教えてもらいました。【住まい編】●玄関、トイ...
いいんじゃないかというようなフツーの方法ばかりですね。

あくまで占い師がやる、ってことで信憑性を付け加えたいんでしょうが、の割にはあまりにもフツーすぎてどうかと。

風水的な何か、っていう感じが割と多めですね。何かを置くとか掃除するとか空気を入れ換えるとか。パワースポットなんかは本が山ほど出ているので、言わずもがな。吉方位に出かけるっていうのは、占い師じゃないと分からないことかも知れませんが、これもネットを漁ると割と出て来そう。

ま、重要なのは占い師がやっているからやってみよう、じゃなくて自分の経験律でこうしたらいいことがあった、みたいなのを実践するっていう姿勢じゃないですかね。パワースポットなんかは、その人だけのパワースポットみたいなものもあるでしょうし。
オリエンタルランドユニオン「なのはなユニオンHP」より「週刊ダイヤモンド」(ダイヤモンド社/8月9・16日号)は『最強のテーマパーク』という特集を組んでいる。東の優等生東京ディズニーリゾートと西...
確かこんなようなネタをネタにした記憶があるんですが。

オリエンタルランドユニオンなる労働組合から聞き出したお話、ってことでディズニーリゾートの人員の扱い方のひどさを記事にしているようですが、どうやらみなさん解雇されてから労働組合に入っているようで、果たして就業中にはそれができなかったんですかね、というのが疑問その1。

ま、オリエンタルランドのことなので、労働契約にそういうものを作っちゃダメ、入っちゃダメっていうのが明記されていたのかも知れないですけど。

ワタクシはディズニー否定派なので、正直もっとやれ、ってな気分だったりするんですが、こういう事実が仮にあったとして、ネットもあることだしもっと世の中に知れていていいもんだと思うんですけどねぇ。それがないってのは案外裏の取れない記事だったりするのかも知れませんが。
iPhone6とiPhone6Plusに関する情報が洪水のようにあふれ続けている。今も新しいiPhoneを求める人たちで携帯ショップや家電量販店がごった返しているが実は、少なくない人たちが機種変...
確かにiPhoneってのはジャストサイズで、5sになってもさほどに大きく感じないっていうのは美点かも知れないですが、6とか6Plusが良くないかと言われるとそうでもないと思うんですよね。

6Plusは確かにパッと見でかなり大きく見えますが、あれって画面もデカいから実は結構使いやすくなってると思うんですよ。そもそも片手で使うこと前提で話をしているわけですが、別に片手にこだわる必要はなくて、両手で使う分にはまったく問題ないはずなんですよね。

大きさに慣れたので、今さら4sがいいとは思わないし、andoroid機の大きさにも慣れているので、買い替えるなら迷うことなく6Plusですけどね。2年縛りの呪縛がなければ、間違いなく機種変しているレベル。

敢えて先代のモデルに買い替えること自体がナンセンスだと思うんですけどね。
節約というと、家計が苦しい人だけが取り組むと思われがちですが、実は豊かな人こそ「お金を無駄に使わない」ことを徹底しています。そうでないと豊かさを持続できないと知っているからでしょう。節約に取り組...
節約するのも前向きにやるか後ろ向きにやるかで違う、って話ですかね。

ワタクシ、正直言って金遣いは荒い方なので、節約ってあまりしないわけですが、それでも最近は「これは必要なものか?」を考える習慣がつきましたね。

欲しい物を端から買うほど金がないのも事実なんですが、記事にあるように「欲しい物」を「必要な時」に買うようになったんだと思います。

まぁ、世間で言うところの節約も必要なんでしょうけど、安かろう悪かろうを敢えて節約のために買うような行動よりは、あるものは使う、必要なものは値段を問わず買う、くらいの姿勢の方がいいのかも知れないですね。
イオンの岡田元也社長は、記者会見などの写真でほとんど笑っておらず、厳しい表情をしている。セブン&アイの鈴木会長と比べて欲しい。この意味に気がつく人は大半が商人と呼べるだろう。商いは飽きない、これ...
とは言え、ガキの時分から親しんできたダイエーの屋号がなくなるっていうのは寂しいもんですね。

ダイエーもイケイケの拡大路線からどこかで方向転換できればまだ良かったんでしょうが、事ここに至っては屋号の消滅もやむを得ないというところでしょうか。

記事では一時期回復傾向を示していたようですが、同じく回復傾向にあったヨーカドーと違い、功労者を放り投げてしまい、世襲路線を敷いてしまったのが敗因のように書かれていますが、やっぱり肉親の情が入るとこういう商売は難しいんでしょうね。

イオンも本業以外での儲けで本業を支えてるって状態らしいので、やっぱりダイエーも時代の流れに合わせて進化していくべきだったんでしょう。
サウンドサイエンスが、“とにかく不便”なiOS向けカメラアプリ「Tomo(トモ)」を発表しました。開発企業が自ら不便さをアピールするとは……なんで作った!?このアプリ、なんとデジタルなのに撮影し...
ですね、コレは。

デジタル全盛というか、カメラと言ったらもはやデジタルだろうというようなこのご時世に、敢えてデジタルなんだけどフィルムカメラの感覚を取り入れたっていうのは、もはや勇断というべきでしょう。

スマホで撮っているのに、画面はちっこいしおまけにメモリがいくら空いてても36枚しか一度に撮れない。しかも、72時間後に初めて確認できるという凝りっぷりは大したもんだと思います。

じゃあ、使ってみたいかと言われればまったく使いたくないです(笑)

フィルムカメラを本当に使うならいろいろ仕方ないんでしょうが、デジタルなんだから素直にデジタルでいろよ、というところですね。便利さを敢えて捨てる理由は特にないと思っているので、フツーのデジカメアプリで十分です。
ああ…買ったばかりのiPhone6Plusが!本当かどうかは未確認ですが、一部オーナーから「前ポケットに入れてただけでiPhone6Plusが曲がった」という報告があがってます。そう、前ポケット...
iPhone 6 Plusのせいじゃなくて、扱い方のせいじゃないですかねぇ?

後ろポケットに入れて、立ったり座ったりを繰り返せば、薄手のスマホなんて簡単に曲がるか折れるかしそうですけど。なので、そもそも後ろポケットに入れるのが間違いじゃないかと。

まぁ、曲がるとは言っても写真で何となく分かる程度の曲率なので、気にしない人は気にならない程度のもんだと思いますね。それよりも、折れないってところがある意味すごいんじゃなかろうかと。極端に剛性を高めればパキッといきそうですからね。いい案配の剛性感なのでしょう。

別にかばいだてするわけじゃないですが、薄いのは分かっているんだから、そういうなりの扱い方をすれば少なくとも「曲がる」現象に遭うことはなかったんじゃないですかね。
松本人志や久米宏も番組のファンを公言!2007年のスタート以来、テレビ東京の大ヒット企画となった『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』。筆者も第1弾から毎回観ているのですが、この番組のキーマンであるマ...
マジメに見ていたわけではなくて、たまたまメシの時に流れていた程度で何回か見たことはあるんですが、有り体に言えばフツーの旅番組のようなものなんですけどね。

記事のように蛭子さんをつぶさに観察するような見方をすれば、また変わった面白い番組になるんでしょうけど。

ま、テレ東だし安上がりに面白そうな番組を作るのは得意だと思われるので、キャストの妙がフツーの番組をそうでなくしているんでしょう。

と言って、次回はマジメに見てみようか、とかは思わないんですけどね。やっぱりこう退屈なんですよ、コレ。路線バス乗り継ぎとか18きっぷ乗り継ぎとかって実地にやって楽しいもんなので、誰かがやってるのを見てもそんなに楽しくはないんですよね。
iPhone6Plusこそが真のダイナブック?2014年09月22日TEXT:小川浩(シリアルアントレプレナー)みなさんはすでにiPhone6/6Plusを入手されただろうか?鳴り物入りで発売さ...
ほぼ同等の機能を持っているとは思います。

これだけ大画面化も進んで、より使いやすくなった上に自身で回線を持っているので、いつでもどこでもネットワークに接続できるなんて、軽量を謳うノートPCでは真似のできないことだと思います。

ただ、スマホの大画面化が5.5インチ程度で限界かと言われればそうでもないと思うんですよね。8インチまで行くとさすがにタブレットの大きさになるので、電話としては機能しないでしょうが、6インチくらいまでは十分使えると思うし、その辺りまでは大きくなると思うんですよね。

解像度も上がってきていて、もはやフルHD以上の解像度すら実現しているので、実際にはもうこれ以上スペックアップする必要もないような気もするんですけどね。

アラン・ケイのダイナブック構想はPCではなく、スマホというこの記事のお話はあながちウソでもないような気がします。
生前葬や、一緒にお墓に入る墓友を探す方も増えてきているというニュースを見ると、自分の最後を想像してしまう人も少なくないのではいでしょうか。そこで今回はこんな死に方だけは絶対にイヤと思うものをみな...
イヤな死に方ばかりですね。

でも、冷静に考えるとなかなかそういう死に方はしないだろう、ということも分かると思います。1位は拷問死ですが、戦前の特高警察じゃあるまいし、少なくとも現代日本に住んでいる分にはそう簡単にお目にかからないでしょう。

肥だめに落ちるのもド田舎へ行けばあるかも知れないですが、フツーの街に住んでいる分にはまぁ起こらないですよね。動物の餌食ってのも、クマとかに襲われない限りは大丈夫じゃないかと。犬に噛まれて死ぬことはなくはないですが、ニュースになるレベルのレア度だと思います。

生け贄やってるところはアフリカの奥地にでも行かないと出会えないでしょうから、これもレアな経験になるでしょう。唯一腹上死だけは普段からでも可能性がある死に方です。そして、これはさすがに恥ずかしいので、腹上死だけ気をつければいいんじゃないですかね。