<   2014年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

いまや日本人の間でも定番イベントとなっている、10月31日の「ハロウィン」。仮装をして街に繰り出す、ハロウィン女子会を行うといった人も増えていますよね。もともとはアメリカの子供がお化けの仮装をし...
特に各所で盛り上がってたようですが、去年とは段違いの現象だと思いますね。

で、まぁこの記事ではハロウィンが流行するようになった理由なんぞを書いているわけですが、Facebookは関係ないと思いますねぇ。おそらくFacebook使ってない人たちだって熱気に当てられて今年は盛り上がっちゃってるはずですから。

ここ数年毎年こんな調子だったなら、もしかして、という可能性もなきにしもあらずですが、去年と今年じゃ全然違いますからね。

主に小売業が物を売るためにハロウィンを持ち込んで数年、それが定着するのに数年、で、ローカルなお祭りになるのに数年、でもってやっと今年にたどり着いた、って印象ですね。

ま、平日ながらもお祭り騒ぎをすること自体は悪くないと思うので、良い方向に来年はもっと盛り上がるといいな、とは思いますね。
「お化けが出るから近寄らない方がいい」。巷でそんな話がくすぶるようになって以来、通勤のために通過する人はあっても駅そのものの利用客は減るばかりであった。イングランドのほぼ中央に位置するロイヤル・...
バーミンガム郊外の駅で、っていうのは初耳ですが、イギリスでマジに幽霊対策要員を募集してるっていうのはTwitterで見ました。

ネタを最初に見たときは全駅で募集をかけているのかな、っていう印象でしたが、出ると言われている駅の対策要員なんですね。

日本じゃ仮にこんなことがあっても単なるネタとしか思われないでしょうが、彼の国は超常現象を至ってマジメに研究しちゃうような国なので、こういう募集もさもありなん、とは思いましたが。

でもって、エクソシストを募集してるんですね。穏便に事を収めるための要員ではなく、強引にでもその場から退散させる、っていう方向なんでしょうか。記事の結びはそうでもないようなニュアンスですが、悪魔払いとなるとやっぱり穏便に事を収めるのは難しいんじゃないかと思うんですが。
大学設置・学校法人審議会は29日、来年4月の新設を申請していた幸福の科学大(千葉県長生村)について、不認可とするよう下村博文文部科学相に答申した。私立大3校の新設と、公私立大延べ49校の学部や学...
ないですかね。

たぶん、幸福の科学は創価学会の前例を鑑みて設立しようと考えたと思うんですが、教育内容が「霊言」となると、さすがに学術的ではないですからねぇ。

まがりなりにもその辺は創価大学ってクリアしているはずなので、もうちょっと大学の学術的な側面ってのを考慮すべきだったと思いますね。

宗教と大学って結構密接な関係があったりして、キリスト教ならカトリックもプロテスタントも両方あるし、仏教も宗派に分かれていろいろ存在はしているんですけどね。ただ、中で教えていることは至ってフツーの大学教育そのものだったりする(専門の学部は存在しますが)ので、狙い所はそういうところだったと思うんですけどね。

どうにも幸福の科学は何となくやることのピントがズレているような気がしてならないです。
友人の結婚式。勝ち誇ったほほえみでバージンロードを闊歩(かっぽ)する花嫁を見て、「たいして美人じゃないのに何でアンタが結婚できたのよ!」と思わず心の中で毒突いてしまったことはありませんか?外見の...
間違いはないと思うんですよね。

まぁ、いわゆるブスがどれだけ結婚してるのかはわかりませんが、少なくとも容姿端麗じゃなくて、十人並みの容姿であったとしても結婚へ向かうことはできると思うんですよね。

周りを見渡しても、美男美女のカップルはおろか、美女と野獣とかってカップルは滅多に見かけることがないですから。だから、容姿は重要ではあるけれど結婚するに必要なファクターではないと思うんですよ。

ただ、記事で言うように「オーラを見てる」となると話は別ですね。何をもってオーラと言ってるのかがよくわかりませんが、スピリチュアル的な意味のオーラだとするなら、んなもんは見えないし感じることもできないので、おそらくは違うでしょう。

結婚するオーラを持っているとか言うと、いかにもいかがわしさたっぷりになるので、あくまで事実として、ブスと呼ばれる人であっても結婚はできるんだ、というくらいの話に受け取ればいいんじゃないかなぁ、と。
厚生労働省は27日夜、エボラ出血熱が流行している西アフリカに滞在し、東京・羽田空港に同日午後に到着した40代男性に発熱の症状があり、感染が疑われる患者として新宿区の国立国際医療研究センターに搬送...
エボラの脅威がやってきた、って感じですか。

まだ疑い事例なので、感染してなければ単なる風邪か何かとされるわけでしょうが、これが仮に感染となったら、結構大事だったりしますよね。

今のところ西アフリカ以外では感染事例はあるものの、二次感染からの死者は出ていないはずなので、パニックにならずに済んでいますが、これがもし感染者からの二次感染で死者が出るような事態に陥るとえらいことです。

現状、有効な手立てはなく、8割の致死率は相変わらずなので、感染したら高い確率であの世行きです。空気感染しないのがせめてもの救いですが、とにかくこの疑い事例が単なる別の感染症だった、となることに期待しましょう。
今、全米で話題になっている本があるらしい。『TheTell』、邦題が『卒アル写真で将来はわかる』(文藝春秋刊)という不思議なタイトルの本だ。著者は米国デポー大学の心理学者、マシュー・ハーテンステ...
ないんじゃないですか?

だって、人相っていうか人の顔の特徴で儲かるだの殺人をするだのってのが判別できるわけないですもん。

そりゃ、統計学的に何かの傾向は出るのかも知れませんが、さりとてそれをもって「この人は離婚する」だの「この人は犯罪に手を染めるだの」なんて予測が成り立つとは思えないですから。

だいたい、心理学的な基準っていうのもよく分からないですよね。心理学的な側面ってのは顔形にどう影響が出るのかさっぱり分からないですから。

なので、これはさすがに眉唾なんじゃないですか?
男子だけではありません。すごくかわいい女の子が見に来ていて、その子に見とれてしまったくらいなんです。女子にも人気のかわいい「水中ニーソ」。ダイビング雑誌からも取材が来るほど、正当な評価を受けはじ...
特に何の感慨も持たないニーソですが、世の中には好きな人がいるんですねー。しかも、男女問わず。

で、ただのニーソではなくて競泳水着にニーソという何ともマニアックな取り合わせなんですが、そんなもんでも写真展ができるほど話題になっちゃうんですね。

なんでしょう、どんなところに引っかかるんでしょうねぇ? ワタクシにはさっぱり見当も付かないんですが、記事にあるように大きな写真だけに、人体の細部までよく分かるところに加えて、競泳水着でニーソってのがそそられるんでしょうか?

なんか、こういうのがアリになると実は何でもアリなんじゃないか、って感じさえしますね。とりあえずやってみればウケるかも知れない、くらいの気分で続々と挑戦者が現れそうな予感すらするんですが。
【ニューヨーク共同】米インターネット通販大手アマゾン・コムが23日発表した2014年7~9月期決算は、同社初のスマートフォンの販売不振が響き、純損益が4億3700万ドル(約470億円)の赤字にな...
アマゾンが大赤字ぶっこいてるっていうのは意外でしたね。

日本にいる限りにおいては、便利に使わせてもらっているし、実はそこそこ依存度も高かったりするので、似たような現象は他の人にも起こっているんじゃなかろうかと思うんですけどね。

ま、この記事だけだと分かりにくいんですが、他のソースを読むと売り上げ自体は決して悪くないようなんですよね。とにかく記事にもあるようにスマホ参入に大コケして、100円そこそこで投げ売りしても在庫が捌けずに、結果として大赤字になっているようで。

なので、スマホからはとっとと撤退すべきでしょうね。スマホに注力するならアプリを充実させて、今あるインフラに乗っかる方が正解だと思うんですよね。そういう意味ではKindle Fireなんかも同じで、時前でタブレット作るよりは、インフラに乗っけた方が効果的だと思うんですが。

アマゾンになくなられると、一番困るのが電子書籍の扱いだったりするので、ぜひ大赤字を解消してほしいものです。
zyugo曰く、Microsoft公式コミュニティなどで話題になっているが、今月中旬頃からWindows8ユーザーの間でWindows8.1に強制アップデートされる事例が続出している模様。事例に...
Windows 8から8.1のアップデートってそれほど大きく違いはないと思う(デスクトップで使う分には使い勝手の悪さに変わりがない)んですが、なぜにそこまでしてアップデートさせたいんでしょう?

また、とにかく作業中に思い出したかのようにポップアップが出て来て「さぁ、アップデートしろ」っていうのは、OSの挙動として褒められたもんじゃないと思うんですよね。率直に言えばえげつない感じ。

で、アップデートするかしないかの選択権をユーザーに与えず、強制アップデートっていうのもスマートじゃないですよねぇ。MSはこんなことまでして8.1にさせたい理由というか意図が分かりません。

まぁ、セキュリティ上の問題とか何とかそれなりに言いたいこともあるんでしょうが、だからって強制アップデートはただでさえ評判の悪い8の評判をさらに落とすだけだと思うんですけどね。
社会、芸能、スポーツ、海外などニュース速報に加え、エキサイト独自の明日使えるコネタ、びっくりニュースも配信中。
別に内容自体はどうってことないもんなんですよね。

単純にイベント失敗して、責任者が自腹で赤字補填したってだけの話なので。その赤字補填のやり方に問題があったとか、どうとかって話はさておき。

個人的に気になったのは、観光局の局長クラスになると、2700万って大金をほいっと補填できちゃうっていう事実なんですよね。

例えば、民間企業が同じようなイベントをやって、失敗しました。赤字が出ました、っていって責任者が個人で赤字補填できるってことはそうそうないと思うわけですよ。それができちゃうってことは、相当な金額の収入があるってことですよね。貯金するにしたって、2700万なんて簡単に貯められる額じゃないですから。

公務員も下級だと民間企業と大差ない報酬みたいですが、役付になるとドーンと上がっていくもんなんでしょうね。