<   2015年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

いろいろありましたが、まぁあと数時間で終わりってことで総括などを。

毎年の目標

彼女を作る

は予定調和の如く達成しませんでした。まぁ、ご縁あってのものですからね。これは仕方ないかなぁ、と思ったり思わなかったり。

年間100冊の本を読む、は大幅に上回って138冊読めました。うち83冊は電子書籍だったので、ワタクシには電子書籍が性に合ってるようです。

映画は5本目標のところ、6本。達成です。もちろん、全部アニメですが去年は実質ゼロだったことを考えるといろいろ見に行きましたね。それだけ劇場版アニメが多かった、ってこともあるんでしょうが。

ということで、簡単に今年の総括終了。
年明け後にまた更新することになると思います。
「日本残業協会」の会長にこれからの残業を聞いてみた

ことはわからないでもないですが、まぁどこまで行っても残業はポジティブなものにはならんと思うわけです。早く帰れるならそれに越したことはないですから。

ワタクシのいる出版業界なぞは残業って何ですか? くらい残業に対してはアバウトな業界なので、まともに残業代を払ってる会社って大手の版元くらいじゃないですかねぇ。おそらく編プロレベルでは残業代を払っているところはないでしょう。そのくらい残業が常態化している、というか勤務時間って何ですか、定時って何ですかそれ、っていうところですから。

だから、フツーの会社でフツーに働いていて残業が発生する「こともある」レベルならまだマシだと思いますね。それで青天井で残業代は払ってもらえるなら、少なくとも損したことはないわけで、労働がゼニになっているという意味ではまっとうだと思います。
デスクトップPCはもう不要?自作erの私が家でもノートPCを使い始めた理由

確かに不要とも言えるかも知れないですね。

記事にもありますが、ノートPC1台の中に必要なものはあらかた内蔵されているので、デスクトップであれば別々に購入しなきゃいけないものも、すべて収まっているという点でアドバンテージはあるとも言えます。

2画面化も簡単にできるのも確かで、ノートのディスプレイと液晶ディスプレイの両方で2画面化は可能です。ま、これもアドバンテージと言えばアドバンテージでしょうかね。

ただ、これはあくまで省スペース型の自作PCと比較した場合の話。ノートはディスプレイサイズに限界があるので、大画面で使いたい人は必然的にデスクトップになるでしょうし、吊しのメーカー製ならノートと同じく必要なものはだいたい内蔵されてたりします。

自作機はパーツの交換が安易なことと、自分で予算内で必要なスペックを揃えられることが魅力。ノートや吊しのメーカー製ではできない芸当です。それに最近のノートは光学ドライブがなかったりする場合もあるので、別途邪魔だけど購入という可能性もなきにしもあらず。

と考えると、結局のところ自分がパソコンをどう使っているかがすべてでしょうね。ワタクシはノート派ではありますが、家ではデスクトップ使ってます。結局ノートで賄いきれないことが少なからずあるので。
【紅白】「μ’s」南條愛乃、出場辞退「晴れ舞台に相応しい実演が困難」

なことではあるんですがね、コレ。

最近のμ'sはテレビ出演のとき、大抵8人で動いてるので、もしかしたら8人組と誤解している人がいないとも限りませんが、9人です。ナンジョルノがいるんです。

結構前にブログで告白していた、膝の慢性症状がやっぱりよろしくなかったんですね。fripSideでなら大きく躍りを入れなくてもステージは成立するでしょうが、μ'sの場合はアニメの振り付けと同じものを担当声優が実際に演じる、っていうこころがミソなので、さすがにあのパフォーマンスはナンジョルノの膝には相当な無理を強いることになるんでしょう。

パフォーマンスさえしなければ9人で出てもなんら問題はないので、せめてファイナルと銘打たれたイベントなりライブなりのどこかで顔を出してほしいものです。それっきりになるとするのであれば。やっぱり8人μ'sはμ'sじゃないと思うんですよね。
宅配に「届けない」新形態 背景には19.6%の再配達〈AERA〉

ってヤツですかね、コレ。

まぁ、だいたい2割が再配達になるっていうのは仕方ないと思います。フツーの家は配達してそうな時間に人がいないことの方が多いわけですから。で、再配達できる時間帯に帰ってくるなら御の字で、だいたいその時間も外れて帰ってくることが多いはず。

結果的に、月曜配達のものが週末まで受け取れないなんてことはザラにあると思うんですよね。なので、発想を変えて「配達しない」はある意味正解ではあると思うんですよね。コンビニでいつでも受け取れるようにしておく、っていうのは一見不便そうでそこそこ便利なシステムじゃなかろうかと。もっとも、受け取りに必要な書類なり何なりが必要で、それを持っていないと意味をなさなかったりするんですが。まぁ、会社帰りに受け取りとかアリなので、コレはコレでいいんじゃないでしょうかね。

もう一つは、そもそも昼間の配達自体を諦めてしまうという方法。いっそ夜に集中的に配達したっていいんじゃないかと思ったりもしますね。あまり合理的じゃないでしょうが。
軽自動車は実は安くない? 「軽」が高価格化する理由

安くないですね。支払う価格だけ考えれば、1300ccクラスのコンパクトカーの最下位モデルの方が安いです。それは記事でも書かれていますが、150万を超える軽はザラにありますからね。

とは言え、軽は所詮どこまで行っても軽。規格に縛られているところもあって、フツーに作ればあちこちに無理が出てくるのは仕方ないところです。これを広く、軽く、安全に、となると開発費が嵩むのは仕方ないところで、結果車両価格に転嫁されているところはあるんじゃないですかね。

ただ、コンパクトカーと同等かそれ以上の値段だとしても、ランニングコストが安いんですよね。軽の自動車税が上がったと言っても1万円台。コンパクトカーなら軽く2万オーバーなので、税金が安い。車検も軽の方が断然安く上がりますからね。

かく言うワタクシも軽に乗り換えたクチですが、燃費と加速性能以外は概ね満足してます。燃費はせめてリッター20kmは走ってほしいかな、と。加速もここぞの加速がもっとすばやくできるといいな、という程度ではありますが。
<新型たばこ>路上禁煙条例 「煙なしでアウト」の理屈とは

まぁまぁ、そもそも成り行き的には起きてもおかしくないものですよね。

タバコの葉っぱを使ってはいるものの、煙が出ない、ニオイが少ないとなれば果たして罰則の対象にするべきか否か対応がわかれるのは仕方ないかなぁ、と。

で、この記事の下の方で識者がコメントを付けているんですが、そこで気になるのが「紙巻きタバコ」というワンフレーズ。紙巻きタバコを吸うことが受動喫煙につながるのか、害の元になるのか、という話。ならば、煙管は? パイプは? 水タバコは? 噛みタバコとか嗅ぎタバコは? タバコがダメなら葉巻はどうだ、と思うわけですよ。

大多数は紙巻きタバコを吸っているからこういう議論になるわけですが、ワタクシは別に吸えるなら煙管でもパイプでも葉巻でもいいと思っているので、罰則の対象外なら変えますがどうでしょう。

結局のところ、喫煙を声高に反対する人たちは紙巻きタバコしか視野に入ってないんですよね。だから、煙の出ないタバコが登場すると1枚岩ではないことが露呈してしまうと。受動喫煙がどうこうっていうのは後付けの理由にしか聞こえないんですけどね。
古舘さん「辞めたいから辞める」 報ステ降板で

ないんじゃないですかねぇ。

降板の理由を「辞めたいから辞める」って小学生じゃないんだから。いろいろ事情はあるんでしょうが、そこは大人の対応で上手いこと言いくるめるくらいじゃないとダメでしょ。

こう言われると「じゃ、最初からやるなよ」と言いたくもなるわけで。まぁ、ニュースステーションの頃とは違って、いろいろ物議を醸してきた番組だけに、辞めたくなった気持ちもわからないでもないですけどねぇ。ま、そこはそれ。辞めるなら辞めるなりにきちんと説明するなり、心情を明かすなりしないと。例え口から出任せでも言ったもん勝ちですから。

たぶん、この人は報道系の番組には不向きだったんだと思いますね。それでも12年はよく続いたもんだと思います。この人の真価はやっぱり実況系でしょう。スポーツとかの。それで名前を売ってきたんだし。
Apple Musicが来年ハイレゾ対応?

のぼるんですが、実現してないのがコレ。
前にもネタにしたと思うんですが、アップルに関して言えば現実的じゃないなと思うんですけどね。

そもそも、記事には192kHz/24bitのハイレゾ音源の再生に対応とか書いてあるんですが、そのソースはどこですかねぇ。少なくともiOSの解説ページにもiPhoneやiPad、iPod touchの詳細ページにも載ってないんですが。

確かにハイレゾ音源を「再生」するだけなら可能ではあるんですよね。主流のFLAC再生に対応できればいいので、再生に対応したアプリを入れれば「再生」だけはできる。でも、ちゃんとハイレゾとして再生できてるかと言えばそうでなはい、というのがこれまでのiOSデバイスだったんですが、いつの間にやらハイレゾ再生できるようになったんでしょうか。

仮にこれをやるとなると、iPod nanoとiPod shuffleは代替えになるか切り捨てる方向になるんでしょうね。ハイレゾ音源で16GBしかストレージがなくて拡張性もゼロとなると致命的ですから。

もうひとつ、Apple MusicのサービスやらiTunes Matchをどうするか、っていうのもありますね。ビットレートの高い音源をストリーミングで再生させるのはパケット制限にすぐ引っかかるでしょうから。iOSデバイスにはSDカードでストレージ拡張という手段もないので、バカでかいハイレゾ音源のファイルを格納しきれないという問題もあるでしょう。

うん、やっぱり眉唾な話だと思いますね。
「被害者が枕元に」と自首、奈良 県警、殺人容疑で逮捕

ただの殺人事件の容疑者が自首したってだけのよくある報道だったりするんですが、よーく読むと違うんですよね。

「被害者が枕元に立った」っていう一文。これ、おそらく本当のことだと思いますよ。罪の意識に苛まれた結果見た幻覚というセンも捨てられないですが、実際に被害者は枕元に立ったんだろうし、おそらく自首した犯人はそれを毎夜毎晩見た結果、神経が保たなくなって自首してきたんでしょう。

ということで、おそらくコレ怪談です。実話怪談なんかを読んでいると、これに類似した話が出てきたりするんで、これもその一種じゃないでしょうか。

被害者がどんな格好で、どんな風に枕元に立ったかは知りませんが、まぁ悪人の神経が保たなくなる程度には恐ろしいことがあったんでしょう。恨み言のひとつも言われたら毎日失神しますね。

もっとも、自首したからとて解放されるというわけではなく、おそらくですがお勤め中もきっちり出てくるんじゃないですかねぇ。枕元に立って自首を促したのであれば完了なんですが。