<   2016年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

蹴っても車とぶつかっても「転倒しない」電動バイクが開発される

カテゴリはバイクじゃなくてクルマじゃないですか、コレ。バイクと言うにはちと密閉度が高いのと、ハンドルがクルマのものそのものですからね。

で、転倒しないっていうんで、どんなもんかとYouTubeを見てみたんですが、確かに転倒はしないようですね。ピックアップトラックが横から引っ張っても転倒しなかったので、スタビライザーシステムはかなり強力なもんが積まれているようです。だいたい、動画を見ていて思ったんですが、静止しているのにスタンドを立ててないんですよね。スタンドは写真で見る限りはあるっぽいんですが、使ってないってことはスタビライザーが動作してるってことなんでしょうか。

とりあえず、電気バイクで6時間充電で320km走るっていうんだから、普段使いなら1週間くらいは充電なしで使えるんじゃないですか? 動画では内部の様子もちょっと写ってましたが、後部は剥き出しの電子機器満載で、さすがに荷は積めないですね。足下に置くくらいのことはできそうですが。

ここまでのものを作ったんで、270万っていう値段はある意味納得なんですが、それにしちゃちょっとチープな感じが否めないなと。270万って言えば、もうちょいで中の上くらいのクルマが買えちゃいますからね。
誘拐容疑者「女子高生アニメ」熱中と報道も「いまどき普通」と総ツッコミ

知りませんが、主にテレビ媒体の方々は人の生き死ににまつわる犯人とかがゲーム好きだったり、アニメ好きだったりするとこぞって取り上げる傾向がありますよね。で、おそらくその報道の裏には「そんなヲタだからこういう犯罪に手を染めたんだ」という論旨が盛り込まれているような。

まぁ、こういう報道をしてる人たちはさほど違和感がないんでしょうが、おそらくは実情を知らないんでしょうね。記事にもあるように、アニメ観るくらいフツーです。ヲタじゃなくても深夜アニメを観る時代ですから。というか、むしろゴールデンタイムのドラマよりも支持者が多いんじゃなかろうかと。

だいたい、紅白にアニメから生まれた声優ユニットが登場する時代です。しかも、深夜アニメから。そんな時代にアニメ好きだから犯罪とかって考え方はなじまないですよね。エロゲー好きで殺人とかってのもイマイチピンと来ないというか。

ただ、視聴者はこういう報道をされると「ああ、やっぱりね」って感心の仕方をするんですよね。それだけテレビに毒されているという証拠でしょう。現実は意外にフツーなことっていっぱいあるんですけどね。
「娘は公衆電話の使い方知らない」中学生"誘拐"事件で公衆電話の重要性に再注目

前にネタにした、音楽を聴くのはストリーミング配信しか知らないっていうのと相通ずるものがありますね。それだけ今のガキどもは便利な環境に育ってきているってことでもあるんですが。

公衆電話を知らないっていうのは、2つ理由があると思うんですよね。1つは携帯電話が普及して公衆電話の需要がなくなったこと。電話を誰かにかけると言ったら、公衆電話じゃなくて携帯電話使いますからね。もう1つは公衆電話自体が大きく減ってきていること。携帯が普及しちゃったから、公衆電話を使う人自体が減って、維持コストがかかる公衆電話を撤去しちゃった結果なんでしょう。

だから、身の回りにないものを使い方知らない、ってのはある意味仕方ないことではありますね。ただ、今回の監禁脱出劇で公衆電話が重要な役割を果たしたのは事実なので、公衆電話の使い方くらいは教えておいてもいいと思いますね。拉致監禁されたら携帯とか間違いなく取り上げられますから。

あと、これに関連して、自宅の電話番号を覚えていない、って話も結構あるそうで。これも携帯の電話帳からかけると、番号覚えてなくてもかかるんで仕方ないと言えば仕方ないんですが、自宅の番号くらいは空で言えるくらいにしておこうよ、と思わないでもないですがね。
あの人は意外と寝ていた!? 「成功者」はどれぐらい眠るのか

関係ないんじゃないですかね、コレは。

話に聞くと、歴史に名が残るような人たちは概ね睡眠時間が短めなような気はするんですが、それは「成功するために睡眠時間を削った」わけではなくって、単に生活習慣として短かっただけだと思うんですよね。睡眠時間を削って物事を探求し続けた結果そうなった、とも言えそうですが。

ならば、真似をして睡眠時間を削ればいいかと言えばそんなことはきっとなくって、普段寝ている人が寝ないようになるときっと弊害の方が多いと思うんですよね。

つまるとこ、睡眠って人が持っている個々のリズムなので、長く寝ないとダメな人はやっぱり睡眠時間は必要だろうし、短くても大丈夫な人は多少寝なくても平気、ってことなんじゃないかと。ちなみにワタクシはショートスリーパーなので、平日は4時間前後しか寝てないです。行きの電車ではがっつり寝るので、それも含めれば5時間弱といったところでしょうか。夜になると眠気も飛ぶので、完全な夜型。眠気は飛ぶと行っても、入眠は前に比べると短くなったようなので、そこそこちゃんと寝れてはいるんじゃなかろうかと。もっとも、休みの日の午前中はほぼ寝てますが。
世界初の"十字型テント" 秘密基地を目指したら野外フェス仕様になった!

アホっぽいですが、なかなか良さげじゃないですか、コレ。

従来のテントっておそらく、最大公約数的に居住空間を追及した結果、ああいう形になったんだと思うんですよね。四角錐にすることで、高さと面積は稼げるので、圧迫感がないし何人かが入っても寝られるだけの空間を確保できるっていうところがあったんじゃないかと。

その点、このテントはまったく逆の発想で作られてますよね。天井は低いし底面積も決して広くはない。その代わりきちんと4人が寝られるスペースを確保するために4人分のうなぎの寝床を作ってみた、ってところじゃないでしょうか。

まぁ、これでプライベートが守られるとは到底言い難いし、いびきなんか誰かがかこうものなら、やっぱりダイレクトに聞こえるとは思うんですが、寝ているときは少なくとも隣に誰もいない状態で寝られるし、寝ているときに高さは不要なので、合理的にもできているとは思います。

1人でテントなら従来型の方がいいでしょうが、複数人いるのであればこのタイプのテントもなかなか悪くないんじゃなかろうかと。
コーヒーで頭は覚醒するって本当なのか

確かに覚醒すると思いますね。毎日睡眠不足でだるだるな状態で会社行ってますが、建物に入る前に缶コーヒーを1本飲んで一服つけてから入るんですが、これでだいぶ頭がすっきりした状態になります。

ってなことをおそらくここで紹介している本では、科学的な裏付けと共に解説をしているんでしょう。

ただまぁ、こういうのは理屈じゃないですからね。ワタクシは覚醒効果があると思っていますが、一方でコーヒーを飲むと眠くなるって人たちもいたりするんです。もうこれは覚醒効果がどうこうではなくて、感覚的にそうなっちゃうから致し方ないところじゃないかと。

個人的にはコーヒーは覚醒効果以外に、リラックス効果もあると思いますね。コーヒーの良い香りは気分が落ち着きますから。なので、喫煙者のワタクシは近寄らないですが、スタバが禁煙を貫いている理由がこの香りの部分にあるというのも納得はできます。もちろん、納得するだけですが。

文系な脳みそのワタクシはきっとこの本を読んでもあまりタメにはならんと思いますが、感覚的なところを科学的に証明するっていうスタンスはあってもいいと思いますね。
"国民薬"ロキソニンに重大な副作用〜空腹で飲んではいけない理由はここに!

薬でも副作用みたいなもんな多かれ少なかれあるってもんで、別にロキソニンだけが副作用を起こすわけじゃないわけでして。

それにしても、昔は鎮痛薬と言えばバファリンとかエキセドリン、ナロンエースみたいなところが主流だったと思うんですが、今はすっかりロキソニンが定着しちゃいましたね。元々処方薬だったのが市販されるようになったってのも大きいんでしょうが。処方薬ってなんか効きそうな感じがしますからね。

で、今回はたまたまロキソニンで腸閉塞を起こすっていう事例が挙がったもんで、注意書きに書かれることになったから、ちょっとした話題になってるわけで。

基本的に鎮痛剤は空腹時に飲むもんじゃないですよね。ロキソニンに限った話ではなく。おそらく記事にあるようなことが理由で、数ある鎮痛薬の多くは食後に飲んでくれって話になってると思うんです。ま、基本は注意書きの通り、処方された通りに飲むのがスジですが、鎮痛薬は痛みが治まらないとつい飲みたくなるもんで、食後のタイミングじゃなくても欲しいときはあったりするんですよね。そこがまぁ、難しいところなんだと思うわけですが。
女子中学生「音楽は通信制限かかるから聴かない」ツイートに衝撃が走る

こういう学生ばかりじゃないと思いますが、少なくともこういう中学生がいる、っていうことは衝撃ですね。

音楽を聴くのにストリーミング配信しか知らないということですから。ダウンロードして買う、というレベルすら通り越しているのはすごいというか何というか。我々のようなおっさん世代には信じがたい話なんですよね、コレ。

我々の世代は音楽の転換期をちょうどいい節目で迎えているんですよね。CDの登場が中学生になるかどうかくらい、MDの登場が大学生になるかどうかくらい。iPodの登場が社会人になってからなので、だいたい音楽に興味を持ち始めたあたりから、変化し続けている印象がありますね。でも、今日びの中学生とかはすでにストリーミング配信が普通だと思ってるフシがあって、音楽の入手方法が他にわからないということなんでしょうかね。

そりゃCDの売り上げも落ちるし、いずれダウンロード販売も落ち込むことでしょう。若年層が不自由のない環境にいるだけに却って不自由しているのが皮肉というか何というか。レコードの復権なんかも言われてますが、そりゃもう我々おっさん世代が喜んで買ってるからでしょう。もっと高齢化が進めば、音楽産業も危うい気がしますね。
「ランドセルはいらない」児童養護施設のタイガーマスク運動に関するツイートが話題に

問題ですよね。それこそ児童養護施設に勤務している人じゃなければ内情がわからない話。

ランドセルってあんなもんでも意外に値が張るので、新品を送ってる人はもう善意でしか送ってないんでしょうが、内部から見るとそれが徒になってしまうという。中古品を送ってる人はまぁ、厄介払いもあると思うので、その辺は一概に何とも言えませんが。

いくら税金で運営されているとは言え、税金だって無尽蔵に使えるわけじゃないですから、養護施設の人のツイートは結構真に迫るものがありますね。ランドセルくらいは本人の好きなものを選んで買ってあげたいっていうのは紛れもない本心だと思います。

だから、寄付する意志がある人は養護施設で何が求められているのかを把握してから寄付に動くべきなんでしょうね。ちょっと考えさせられるネタだと思います。
「人に道を聞かれる人」の傾向が判明!声を掛けやすいのは…

割合、人に道を聞かれる方ですね。最近はそれほど頻度は高くないですが。

年代別だと40代男性が一番少ないような統計ですが、とは言え聞かれるときは聞かれちゃうから仕方ない。で、聞かれるときに限ってようわからん土地にいるときだったりするんですよね。そりゃ聞かれてもわからんわ、となることが多々。

それでも、駅はどっちだとかならまだいいんですよ。入り組んだ路地の中にある建物とか知らないビルとかへ行くにはどうしたらいいよ、とか聞かれたらアウトです。さすがにそれはわからない。もうそういうときは素直に「ここの人じゃないんでわからないです」と言っちゃいますね。申し訳ないなー、とか思いつつも。

あと、最近はカメラをかついでどっかに行くこともないので、めっきり機会がないですが、カメラを持って出かけてたときはよく記念撮影を頼まれましたね。ま、ある程度心得てるので、上手いこと撮ってあげるわけですが、これはあまり外したことないです。概ね満足してもらえるので、これはいいかなと。

ま、そのくらいナビレベルの精度で道案内できればアレなんですかね。相手が外人さんだったらアウトですが。まして、英語圏以外の人だとホントにアウトですが。