<   2016年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

まさか!の「就活の落とし穴」 ハマる女子学生はこんなタイプ

就活している学生にとってはちょっと酷な話というか。

我々が就職活動をしてた頃はちょうどバブルが弾けた直後の氷河期だった上に、学生の数が多い時期だったもんもんで「これをやりたいから」なんて思ってたってそう簡単に就職が決まるヤツなんていなかったもんです。今みたいにインターンシップみたいな制度もなかったですからね。

その点では、今の学生は恵まれているとは思うんですが、それでも仕事の実情を知らない学生に「これは禁句」とか言われても、そりゃあ分からない中で何かを言わなきゃいけない手前、口を滑らせるのは仕方ないんじゃないかと。むしろ、それに対して「実情はこうだからアンタいらんわ」っていうのは酷じゃないかなぁ、と思ったりもしますけどね。

もっとも、これからはよほど景気が悪くならない限りは若い衆が減る一方なので、売り手市場になるのは間違いないので、優秀だと思われた学生にはいろいろ有利に働くこともあるかとは思うんですけどね。多少の失言というか、踏み込んだ発言ってのも帳消しになるんじゃないかなぁ、というのは楽観視しすぎですかね。
SIMフリーのLTEスマホがついに8000円台、格安すぎる「HOMTOM HT3 Pro」の性能は?

少なくとも1万円を切る値段でスマホが買える時代になった、ってことがえらいこっちゃですよね。

ガラケーだって1万円台なんかなかったのに、スマホに変わってからは低価格化がじゃんじゃん進んでいる印象がありますね。ま、おそらく作るのカンタンなんでしょう。量産部品をロットで買って安くして、大量生産すればペイできる、ってな感じなんでしょうか。

で、このスマホ。記事を読む限りでは概ね格安スマホのミドルレンジくらいの性能はあるみたいですね。解像度がさすがに1280×720ってのがちょっとアレですが、他もまぁ似たり寄ったりなんでこんなもんですかね。あと、CPUが得体の知れないクアッドコアってのも気にかかるところですが。

どっかのMVNO事業者がSIMとセットで売ればブレイクしそうな端末ですが、それはないでしょうね。記事にはまったく書かれてないのは意図してやってると思うんですが、この端末技適通ってないですよね、きっと。なので、通信した段階で違法なはずです。技適通してまでこの端末を売るかと言えばきっと売らないでしょうから、スキモノが安いと飛びつくレベルで終わっちゃうんでしょうね。
日本人はギリギリまでアップグレードしない? 期限が近づくWindows 10の無償アップグレード、日本マイクロソフトの施策は?

なんでマイクロソフトが珍しく、というか初めてタダで配ってるWindowsなのにアップグレードしないのかなぁ、という疑問が。

まぁ、未だにVistaあたりを使ってる人にとっては関係ない話なんでしょうが、Windows 7使ってる人ならアップグレードする価値はあると思うんですよね。少なくとも7並みにはよくできたOSだと思うんですが。

8とか8.1を使ってる人なら迷わずアップグレードすべきです。あんなに使い勝手の悪いOSよりは10の方がよっぽど使い勝手がいいし、よくできてますから。

記事にもチラッと書いてありますが、アップグレードした後の不具合がどうこうってのを心配してる人が多いようですが、そう滅多なことじゃ不具合起こらないですって。使ってる周辺機器が古くて7までしか対応していない、とかっていうなら話は別ですが、まぁ、それとて10にしてみると意外に動いちゃったりするもの。どうにでも何とでもなるもんです。

なので、まだ期間はありますが10にしてない人は絶対10にすべきだと思いますね。後から金を払う価値もありますが、タダで配ってるんだから利用しない手はないです。
「昭和64年」の存在知らない平成生まれが4割? アラサー層以上に衝撃走る

仕方ないんでしょうねぇ。1月8日に生まれた子はすでに平成元年生まれですからね。平成より前のことを知るはずもなく、ってところでしょうか。

だがしかし、それにしたって物を知らなさすぎるでしょう、と思ったりもするわけです。フツーに歴史を勉強していれば、明治が45年で大正が15年ってのは知ってると思うんですよね。なのに、昭和が64年ってのを知らないってのはどうよ、と。

まだ昭和が歴史になってないんでしょうね。平成になってまだ28年ですから。30年や40年くらいじゃ歴史にはならないってことなんでしょう。太平洋戦争が終わって70年経つわけですが、それでもまだ70年なんですよ。終戦当時に生まれた人ならまだ70歳なのでご存命の可能性が高いと。そのくらいの年数なので、平成の次の時代になって20年くらい経てば、きっと昭和も歴史になって、64年あったってことが認知されてくるんじゃなかろうかと。
批判も怖い、テロも怖い……熊本地震現場にも、サミット取材にも「行きたくない」マスコミたち

ないですけどね。そりゃテロの標的になりそうなところへわざわざ行きたくないってのは人情でしょうから。

とは言え、それが仕事ですからねぇ。それで金をもらってるんだから、行けと言われたら行かざるを得ないんじゃないですか、コレは。手当てがどうこうなんて話も書いてありますが、少なくとも「テロの標的になりそうな」ところなだけであって、実際の戦場ではないんですよね。戦場なら行った途端に生命の危険にさらされるわけですが、「起こるかも知れない」に金を出すのは保険くらいなもんです。まぁ、いい加減にしろ、って話ですよ。

ついでに言えば、報道は批判に晒されやすいみたいなことが書いてありますが、それは自分の行いが悪いからであって、常識を弁えてフツーに行動する=フツーに仕事すれば、別に批判する人はいないわけですよ。別に何でもかんでもとにかくマスコミだから批判しろ、っていうわけじゃないので、これまたお門違いだろう、と。
日本の被災地では「常識では考えられないことが起きていた」=中国

読むとどんだけ中国って荒んだ国なんだよ、と思わないでもないですけど。

まぁ、確かに常識で言えば需給のバランスが崩れたとき、商品は極端に値上がるか値下がるかのどっちかに振れるわけですが、ここで話になってるのは物不足が深刻な災害の現場ですからね。いくら需給のバランスが崩れてるからって、パンを1つ500円で売ろうとかおにぎり1個1000円で売ろうとか思うやつはまぁいないでしょう。少なくとも日本では。

仮にそんなことをやって、上手いこと数がさばけたとしても、そういう実態があったってことがネットで広まろうものなら袋だたきに遭いますって。

これって日本人だけの特徴というか美徳なんですかねぇ。どこの国へ行っても災害の現場でやりたい放題やるヤツはまぁ、いないと思うわけですが、中国ではそんなこともまかり通っちゃうんでしょうか。彼の国も大きな地震がここ数年で何度かあった気がするんですが。
最も価値のある自動車ブランド20 日本から5社がランクイン

もっとも好かん自動車メーカーがトヨタだったりするわけですが、世界的には一番価値のあるメーカーとして認知されているんですね。思うに、世界にはトヨタなんかよりもっと素晴らしいクルマを作っているメーカーはゴマンとあると思うんですが。

ま、でもランキングを眺めてみると、自動車王国のアメリカのメーカーはフォードくらいしかパッとしたところはなくて、日本勢とドイツ勢で上位を独占している感じですね。奇しくも二次大戦の敗戦国が上位を独占しているわけですが、これも何かの因縁ですかねぇ。

フランス勢とかイタリア勢もパッとしませんね。ルノーが辛うじて10位にいる程度で、プジョーはさらにその下、シトロエンなんかはプジョーと一緒くたにみられてるのかランク外です。イタリア勢もフィアットとフェラーリが入っている程度。名門アルファロメオはどうなっちゃってるんでしょう。

イギリスのコンサル会社の集計のようですが、イギリス勢は皆無なのでおそらくは公平に偏りなく集計した結果なんでしょう。まぁ、確かに国産車は壊れないし、サービスも手厚いので安心感は高いですが、それだけと言えなくもないと思うところはあるので、「価値がある」の価値は何を指しているのかで変わってくるんでしょうね。
「明日から何を食べれば…」俺たちの牛丼が終わった日

話ですね、これ。まぁ、90年代を主にネタにしているカテゴリーに入っているようなので、懐かしい話なのも納得ではあるんですが。

BSE問題で牛丼がチェーンから一斉に消えたのが2004年の話でしたか。今から12年も前の話になるんですね。当時は吉野屋の牛丼はアメリカ産の牛肉しか使わないとこだわったところで、メニューから牛丼が消えて、ほかのチェーンも一瞬消えた後にオージービーフを使うことで乗り切った、みたいな話だったような記憶があります。一瞬消えたその時も、なぜか今は亡きらんぷ亭だけは牛丼があった、というおまけ話付きですが。

当時の牛丼は並で280円でしたか。まぁ、今も400円切るか切らないかくらいの値段で買えるので、それほど大きくは値上がりしてないんですね。この当時は値下げ競争のまっただ中だったんじゃなかったでしょうか。

12年経った今は豚丼がむしろ珍しいものになってきて、牛丼は珍しくなくなっていますね。久しぶりに豚丼を食いましたが、当時食ったままの味でした。これはこれでまた懐かしかったな、と。
【自動車保険】知っておきたい“ロードサービス” 「JAF」「クレカ付帯」との違いは?

あるもんなんですね。

ロードサービスと言えば大抵は故障したクルマを工場まで運んでもらうとか、搭乗者の宿の手配をしてくれるとかそんなのを思い浮かべるんですが、基本やることはみんな一緒だと思ってました。

さすがに保険屋のやることだけあって、記事を読む限りではなかなかぬかりない感じですね。故障車の運搬なんかも、漠然と近所の同じメーカーのディーラーまで無料で運んでもらえるものと思ってたんですが、そうじゃなくて「指定工場」まで○km圏内は無料とか付帯条件が付いてるとは知りませんでした。

とりあえず現状は任意保険とクレジットカードでロードサービスを受けられる環境にはありますが、これはしっかり把握しておかないと、万が一ロードサービスを受ける段になって「こんなはずじゃなかった」なんてことになりかねないですからね。
iPad人気凋落が理由? タブレット端末の購入意欲が減少

んじゃないですかね、これは。

かく言うワタクシはタブレットを都合3台持っていますが、基本的にはノートPCの代わりとして使ってます。特にSurfaceなんてはノートPCそのものなので、そこそこ重宝してたりするんですけどね。

だから、タブレットってある程度ちゃんと目的を持って運用できる人じゃないと使わないデバイスだと思うんですよ。タブレットでやれることはノートでできるし、スマホでできる。敢えてその中間点であるタブレットを買って運用するっていうのは理由がないとできないと思うんですよね。

全体のシェアは相変わらずiPadが優勢なようですが、そのiPadも高性能化したと共に値段がドンと上がったので、やっぱり気軽に買えるデバイスではなくなったんでしょう。周辺機器も買うとプラス3万の出費なので、それなりに痛い。その上、意外に使えないので敬遠されてるんじゃなかろうかと。

冒頭に書かれてるiPhone SEですが、これはそうそうポンポン売れるもんじゃないでしょう。安くても小さいiPhoneがいいっていうニッチな層へ向けての製品なので、メジャーバージョンアップ版の登場に比べるとインパクトが薄いと思うんですよ。なので、当然そこそこしか売れないと。