<   2016年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

<都知事選>小池氏出馬、自民動揺…与野党混迷「顔」選び

実は一枚岩じゃなかった、ってことですかね。

小池さんなら勝機は十分あるでしょうが、この人も国会議員やって長いので叩くといろんなホコリが出てきたりしないんですかねぇ。本人もその辺は自覚しての出馬宣言なんでしょうけど。

都連の方は連絡なしでいきなりの出馬宣言だったようですが、この際乗っかった方が得策なんじゃないですかね、自民党にとっては。このまま応援しない、って姿勢をとったままだと分裂選挙になりますからね。票が割れて不利になるだろうし、一枚岩であるところを見せるのが必要なことだと思うんですが。

民進党も候補を擁立するようですが、たぶん勝ち目はないでしょう。とにかく党自体の人気がなさすぎるので、そこを敢えて投票する人はそうたくさんはいないと思うんですが。

ぶっちゃけ、神奈川県民のワタクシとしては完全に対岸の火事なので、誰がなろうと知ったこっちゃないんですが、まぁ金もかかるしまともな人を選べるといいですね、としか言いようがないですか。
なぜ、東京都民は長野県民の2倍もビニール傘を買うのか?

突然の雨で「困った」を金で解決するのが都民ということなんでしょう。まぁ、実際都内にいると突然雨に降られることは少なからずありますから、需要として存在するのはよーくわかります。

逆に47位の長野県は「雨で困った」がないように事前に傘を持ち歩いているのか、あるいはクルマでの移動が多いので傘自体に需要が少ないのか、ってことじゃないですかね。

で、都民としては「困った」を安価に買っているので「もう困ってない」状態では、邪魔になって故意に置き忘れるのが拾得物としての傘なんじゃなかろうかと思うんですけどね。

個人的に言わせてもらえば、ビニ傘って突然の雨にはとても重宝するんですが、コンビニで買うと500円なんですよね。これって実は意外とバカにならん金額で、ワタクシは余程のことでもない限りはビニ傘買いません。その場限りで使って用済みにするには高価なので。200円くらいであれば、躊躇なく買って会社の置き傘にでもするんですけどね。
今のクルマにはない楽しさがある「旧車」の世界と選び方

どうも筆者の方と嗜好が近いようで、ワタクシもイタ車、仏車の旧車には思い入れがあります。今でもできるもんなら買って所有して乗ってみたいとすら思ってたりします。

まぁ、確かに今のクルマはいいんですよ。燃費もいいし乗り心地も決して悪くない。アメニティ装備も充実しているので、大層快適にクルマに乗ることができたりするわけですが、そんなもんを通り越した先に旧車好きはいるんですよね。

今のクルマにはない独特の雰囲気とか、昔ならではの乗り心地だったり装備だったり。何より古いんで運転してる感が半端ないんですよ、コレが。その辺転がしてるだけでも楽しい。

ただ、維持費もまた半端ないんですよね。場合によっちゃ修理できないとかって事態すらあり得るし。どっか壊れると軽く10万円コースだったりして、しかもよく壊れる。おまけに13年超えの旧車は税金も上乗せされて高いし、ガス代もバカにならん。ということで、旧車ははっきり言って嗜好品です。ただ、タバコとかと違ってケタの違う金のかかり方をする、というだけの違いで。
「世界都市ランキングトップ20」 香港5位、東京は将来性に懸念?

一概にここがすげぇ、とも言い難いこのランキング。

とは言え、アジアでトップの4位に東京が入ってるっていうのはまずまずのところなんでしょうかね。その上はパリ、ロンドン、ニューヨークなんでまぁ妥当なところと言えば言えなくもない順位じゃないかと思いますね。

ここには単純な順位しか載っていないので、それぞれの指標がどうなっているかは記事から見当を付けるしかないんですが、上位5都市は前年とほぼ同様なので、評価軸もそれほど大きくは変わっていないんでしょうね。ロンドンとニューヨークが入れ替わっている格好になっているのが違いと言えば違いですか。

ついでに言えば、上位10都市にしてみても前年同様がほとんどなので、ある意味固定された評価なのかも知れないですね。と、考えるとシカゴとワシントンDCとロスが入っているアメリカ強し、ってとこでしょうか。そんなに素晴らしいのかは疑問の残るところでもありますが。
一生分の「午後の紅茶」を見た キリンビバレッジ湘南工場に潜入

ですね。ま、さすがに野郎1人で行くような場所ではないですが。

しかし、午後ティーも湘南で作ってたんですね。工場があるとは知りませんでした。遥か昔にコカコーラの工場見学に海老名へ行った記憶があるんですが、この手の清涼飲料は神奈川に工場があるんですね。なんか理由でもあるんですかね。

しかし、ワタクシが工場見学に行ったときは、単に生産ラインを見学しただけだと思ったんですが、キリンビバレッジはその辺、もっと飽きさせないようにいろんな要素を盛り込んでいるあたりはさすがというか、今風なんでしょうかね。

紅茶なんで、ちゃんとお湯から作ってたってのがちょっと驚きでした。コーヒーなんかも粉を使ってるにしても、お湯から作ってるもんなんですかね。

とかいろんな面白そうな要素があって、いいなぁと思ったところでした。
<英EU離脱>日本の私たちの生活への影響は…

大騒ぎするほど生活には影響ないと思うんですよね。

為替が大きく変動して、円高ドル安になっても海外旅行にでも行かなければ影響はないし、むしろ海外旅行するのであれば歓迎すべき方向だったりします。

為替変動とか株相場の変動とかで大きく影響が出るのは企業ですよね。しかも一部に上場するような大企業で、輸出に重きのある企業。そう考えるとこれまた結構限定的な影響だと思うんですよね。イギリスがEU離脱しました、じゃ給料10%カットとかって考えにくいので、現状は何も起こらないんじゃないですかね。ボディブローみたいに後からじわじわ効いてくる可能性はありますが。ただ、それも一般庶民のほとんどには影響ないでしょう。

食糧やら消費材やらで影響が出るとも考えにくいし、フツーに生活できちゃうんじゃないですか? 日本よりイギリスの近隣諸国は外交的にも深刻な影響はあるかも知れませんが、遠く離れた日本には及ばない話だと思うんですけどね。
【クイズ】40代以上ならわかる?昔のパソコン「記録媒体」クイズ

こういった体の小ネタを投下してますね。もはや記事の体を成していないので、やめた方がいいような気がするんですが。

ちなみにこのクイズ自体は当然全問正解。全部は使ったことがないですが、半分以上は何かの形で使ってましたね。

使っていた当時はそれで済んでいたわけですが、例えば3.5インチフロッピーなんて容量1MBですよ。スマホの撮影画像1枚すら記録できない小容量。デジカメの黎明期にコレを記録媒体に使ったカメラがあったりしたんですが、まぁ古い話です。

この中で唯一GB単位の容量を持っているのがJaz。もっともメディアも高かったしドライブも互換性がなかったもんで普及はしませんでしたが。それでも1GB。97年当時に買ったPowerMacintosh 7600のHDD容量が1GBだったので、これをフルバックアップできるってくらいの(当時は)大容量だったわけですが、1GBはもはやダウンロードできる程度の容量でしかなくなっちゃいましたからね。

今やUSBメモリですら32GBとか当たり前、切手より小さいmicroSDで128GBがあるくらいなので、時代は大きく変わっちゃったもんです。
「田舎に興味持たなければよかった。大馬鹿でした」――憧れの地方移住に消耗し3か月で断念したブログが話題に

ないですが、田舎に引っ込んだからとて都会の苦労から解放されるだけで、別の苦労は背負い込むってのを理解できないとダメですよね。

ワタクシも適度な田舎でのんびりやりたい派ではありますが、田舎に引っ込むと不便も多いんですよね。まぁ、記事のケースの場合は加えてぼろ家だったってのが致命傷になったようですが、これはリサーチが足りなすぎでケチりすぎ。田舎ならどこでもいいやと思う発想から変えないとダメですね。

ド田舎に引っ込むと職がまずないわけですよ。ホームタウンレベルの田舎ですら地元で仕事を探そうと思ったら大変なくらいなので、ド田舎に引っ込んだら輪をかけて大変になるわけです。で、物価は安いでしょうが、光熱費やら何やらと物価以外はたぶん都会と何ら変わらないはずなので、結局意外に金がかかる、って話にもなるわけです。

田舎の家は土地だけはとにかくあるし、家で葬式をやる関係もあってかデカい家が多いので、管理も大変なら固定資産税だって実は結構バカにならん金額なはず。

ということで、ド田舎への移住を望むなら念入りにリサーチすべきですね。納得できたら移住すればいい。ちょっとした田舎程度であれば、都会より不便ってレベルなので住み心地は悪くないです。その辺を狙うべきじゃないですかね。
女性4人切られ1人死亡=商業施設で無差別殺傷―男逮捕、「死刑にして」・釧路

死ぬなら1人で勝手に死ね、ってところでしょうかね。

確かアキバの通り魔の犯人もこんなこと言ってたような気がするんですが、「死刑になりたいから人を殺したかった」ってどういう神経なんでしょう。

死刑になりたいのはいいとして、そこまで覚悟を決めてるなら飛び降りるなり海に沈むなり勝手に1人で死ねばいいと思うわけですよ。どうして巻き添えになる人が必要なのか全然分からないんですよね。

殺人は確かに重罪ですが、自分が合法的に死ぬために人を殺していい道理があるわけがない。で、死刑になりたいとか言いながらも案外その場に直面するとジタバタするんじゃないかと思うんですけどね。

とにかくどういう育てられ方をしたか知りませんが、人には迷惑かけるな、ってことです。死にたいなら勝手に迷惑のかからないように死ね、と。
コピー用紙のサイズはなぜA判とB判があるのか

これは知りませんでしたね。

学生の頃は大学生の時も含めてB版を主に使っていた記憶があるんですが、社会人になってから本を作るに際してすっかりB版は使わなくなって、A版ばかりになりましたね。

記事にもありますが、90年代かどうかは定かでないにせよ、ある時を境にB版って世の主流から外れた存在になっている気がします。ノートもA版、プリンターもA版、本なんかもA版基準で作られていることがほとんどだと思います。

B版の出番というと、A4とかA4変形版で本を作ったときに、トンボを付けて1ページ出力するのにB4版がちょうどいいサイズだったりする、って程度でしょうかね。ただし、思いの外B5版は使われている印象がありますね。A5とかA6だとちとちっちゃいっていう時に使われている感じがします。