<   2016年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

「ざるそば」と「もりそば」の違いは海苔の有無ではない

前から謎だったんですよね。
ざるももりも見た目ほとんど一緒じゃん、と。確かに海苔の有無はあるけど、それだけの違いなのか、と。

違ったんですねぇ。
かけともりは基本違うのはすぐわかるわけですよ。汁の中に入ってるかどうかってところが違うし、そもそも温かいもりそばは存在しないわけで。で、もりそばっていう大きい括りの中に、特にざるに盛ってあるのがざるそばだったんですねぇ。

……ってか、結局のところ薬味やら汁やらは別口で用意されてるのは同じだし、単に盛ってあるものがせいろなのかざるなのかって違いだけだったんじゃないかと。こうなると、なんで盛ってあるものを敢えて変えるのか、って疑問が湧いてきますね。

まぁ、記事にはカツレツととんかつの違いとかスクランブルエッグと炒り卵の違いなんかにも触れてますが、そっちは完全に別物ですね。ざるそばともりそば。どっちかにしようぜ、って思うのはワタクシだけでしょうか。
「オバサン認定」されてた!? 職場で言ったらアウトのNGワード5つ

口をついてつい出ちゃうもんなんですかね。

ワタクシでもせいぜい「最近の若い衆は」くらいなもんですけど。

「最近の若い子は」はダメでしょうね。同様に「男の子」とか「あの子」とかもNGだと思います。何がNGっていうと感覚的なもんですが、上から目線なんですよね。自分が年上であるという自覚があって、若い衆に向かって言っちゃってるのがダメなんじゃないかと。

あと、語感の問題もありますよね。おばちゃんならいかにも言いそうな語感ってのに問題があるんじゃないかと。

店の人とタメ口になるってのはおばちゃんですかねぇ。シチュエーションとしては、どこぞの商店街か何かで買い物して、そこでつい口をついて出ちゃう言葉って感じですが、何となくシチュエーション自体があまりないような。

自分自身のことを「おばちゃん」呼ばわりするのは微妙なところです。これ、年齢じゃなくて子どものあるなしで出てくる言葉だと思うんですよね。観察してると。少々若くても子どもがいると「おばちゃん」、子どもがいないと多少歳いってても「お姉さん」のような気がするんですよ。

ということで、上三つは納得です。まぁ、実際におばちゃんになるまでは言わない方がいいかも知れないですね。

「年収のいい意義ある仕事」ランキング、上位は医療系が占める

高いのが医者って仕事です。安月給でひーひー言わされて働くフツーのリーマンとは違うんですよ。

意義って言えば、病気や怪我の治療ですからね。誰しも生きてれば無縁でいられない病気や怪我の治療をする仕事に意義を感じないってことはあり得ないでしょう。

で、場合によっては命まで預けるようなこともあるんで、それに見合った収入を得るのは当然です。加えて、医者って表から見ているよりもずっとヘビーな仕事なようで、当直もあるし、休みの日の呼び出しなんかもあるらしいし、かつ日々の診察まであるわけで楽な仕事じゃないわけですよ。これまた業務内容に見合った収入を得てしかるべきでしょう。

ただ、まぁ何というか2ページ目のランキングの上位のほとんどが医療系ってのはアレですね。唯一物理学者って職業が入っていますが、意義はともかく収入ってそんなにいいもんなんでしょうか。

医者は誰にでもなれる職業ではないし、職業としても収入としても特別であることには何の異論もないですね。

中高生限定SNS「ゴルスタ」が大炎上! 運営批判したら垢バン、反省文の提出求める

どんな楽しみがあるんでしょうね。というか、今日びの若い衆がこんなガチガチに規則を縛ったSNSに参加するもんなんでしょうか。

まぁ、中高生限定ってのはわかります。ヘタに大人が入っているといろいろ犯罪の温床になったりする可能性はありますからね。その点、世代を限定すればゼロにはならないまでも、犯罪の発生を防ぐことはできると思います。

個人情報のやりとりも禁止ってのも、まぁ運営側からすると安心は安心でしょう。やられたとしても「それは個人がやったことで、運営では禁止してましたから」って言い訳できますからね。

問題というか、違和感があるのはその運営サイドを批判しただけで反省文を提出する必要があるっていうところ。運営は何様だ、って感じがすごくするんですよね。しかも、ゴルスタ内ではなくTwitterで批判しただけでコレってどうなんでしょう。

あと、24時間体制で全部のやりとりを監視するってのもわからないでもないですが、それもいかがなものかと。自由はないし、発言はみんな見られているし、ってSNSの楽しさがまるでないんですが、それでもやる中高生ってのはいるんでしょうか。

企業の4割が正社員不足 放送業界は7割超え

言ってる割には中途採用ってあんまりやってないんですよね。

ということは、現場レベルでは間違いなく人員不足に陥っているんだけど、会社の都合で採用できないってことなんでしょう。何のことはない、人件費が高くついて今の利益率では人員を補充してもペイできないってことなんでしょう。

もうひとつ、中途採用をやっていないのもさることながら、特に放送業界とか入社するまでの敷居が異常に高いってのも原因があるでしょう。マスコミに入るのは難関ですからね。それで人手不足感が強いとか、ぶっちゃけ何言ってるんだ、お前らって感じがしますが。

あと、考えられるのは採用をやっていたとしても、業務自体がしんどいってのも敬遠される原因かも知れないですね。特に小売り系とかは給料安い割に重労働ですから。割に合わないんですよね。放送とか情報サービス系とか建設、飲食なんてどれもみんな高い労働力の割に安く買いたたかれるから、みんな行きたがらないってのもあるんじゃないですか。

少子高齢化がさらに進んで、新卒の学生はこういう業界をいよいよ敬遠する傾向が強まるんじゃないですかね。

世界最大の航空機、電柱に引っかかり墜ちる。テスト飛行最中で怪我人はなし

世界最大のなんてあるのか、と思ってみたら飛行船じゃないですか。これは航空機とは言わないですよねぇ。空を飛ぶから広義の航空機、ってことですかね。

飛行船っていうと、相当古い話になるわけですが、あのツェッペリン号の事故がすごく印象に残ってるんですよね。映像になっているから余計にそうなんでしょうが、どうもアレを見ちゃうと飛行船って安全な乗り物じゃない気がしてならないわけでして。

なので、飛行船が電柱に引っかかって落ちたってのもまぁあまり驚きはないかなぁ、と。むしろ、電柱が引っかかる程度の高度で飛ぶなよ、って話じゃないかと思うんですけどね。

どうやら旅客用として運用を視野に入れてるらしいですが、電柱に引っかかって落ちる程度の飛行船を果たして旅客用に運用していいのか、って疑問がありますね。さすがにそれは考え直した方がいいんじゃねぇの、と思ったりもするわけですが。

<麻疹>大規模コンサートに感染者 2次感染可能性を警告

確信犯でしょうね。

バリ島から戻ってきて熱発し、さらに全身に麻疹が出ているのもわかった状態で東京と横浜に出かけている上に、2万人規模のライブにまで行っているので、確信犯的に「感染してやる」と思ってやったことじゃないですか、コレ。

知識があったかどうかは知りませんが、麻疹は大人がかかるといろいろと厄介な上に重症化するし、感染力も高いので、インフルエンザと同じく外出禁止令が出てしかるべきなんですが、まったく無視したわけですな。

ついでに言えば、おそらく帰国して熱発している状態からずっと医者にかかってなかったんじゃないですかね、コレ。医者にかかっていれば一発で麻疹と見抜くだろうし、当然禁足令も出すでしょうから。

結構前に、自分がエイズとわかっていて性交渉した人に殺人罪が適用されたとかどうとかって話が海外であったと思うんですが、そういうレベルの話ですよね、これ。

「安倍マリオ」の腕時計を特定しようと愛好家が大盛り上がり

見るところが違いますね。
仮にワタクシが閉会式を見てたとしても、絶対に腕時計なんかに目が行かないですから。

しかし、有名人になると身につけている時計まで特定されちゃうもんなんですね。セイコーの時計を着けてるなんて全然知らなかったし、ましてや時計が映るようなアングルでテレビとか写真とかに出ることもそうそうないと思うわけですが。

で、なぜか着けていたのがオメガの時計だったと。
スポンサー関連の義理立てがあったんじゃないですかね。あるいは私物を身につけて公式の映像に出るわけにいかなかった、って事情もありそうな気がします。

ワタクシも時計は嫌いじゃないですが、その程度の人間から言わせてもらっても「どっちでもいいじゃん」となっちゃうわけなんですけどね。

まさかの「安倍マリオ」 リオ五輪閉会式、安倍首相がマリオ姿で土管から登場

ぜひ見たかったですねぇ。

残念ながら、日本時間では月曜日の昼間にかかっちゃったので、テレビを見ることもできなかったわけですが、安倍ちゃんも一体何があったんでしょうね。一国の総理大臣がコスプレするってのはなかなかのもんだと思うんですが。

それにしても、日本のプレゼン時間は8分しかなかったにも関わらず、実に多くの人が関わっていたようで、力の入り具合がだいぶ違ったようですね。オリンピックの閉会式だっていうのに、日本のプレゼンの方が注目されちゃっていかがなもんだろうかと。

これで、再来年の冬のオリンピックを挟んで4年後に東京なわけですが、すったもんだありながらも、リオの閉会式でここまでやったんだから、4年後に期待外れなことにならないように祈るばかりです。リオの閉会式の方が開会式より良かったじゃーん、とか言われかねないですからね。

ぜひしっかりやってほしいものです。

朝日記者の「押し紙」内部告発 公取委に怯える新聞社

思っていた以上に部数減に苦しんでいるようですね。

この「押し紙」っていうのは初めて聞いた言葉ですが、要は販売店に注文部数以上の部数を押しつけて何とかさせている、って仕組みのようですね。新聞社の方は「とにかく部数増やせや、契約してこいや」ってやるだけなので楽なもんですが、販売店はたまったもんじゃないですよね。

それが朝日新聞の現役記者に公取委の委員長講演会で暴露されちゃったんだから、騒ぎにならないわけがない。

記事によれば朝日の部数の凋落は大変なもんらしいですが、読売も毎日も似たようなことは確実にやっているでしょうね。たまたま内部告発されないだけで。

個人的には情報が古いなー、と思いつつも毎朝新聞には目を通しているので、なくなってもらうといろいろ困るんですよね。ま、ニュースだけならウェブでもいいし、Twitterが一番情報早いので、それで手に入れればいいだけなんですが、そういうもんじゃないんですよ。ワタクシにとっての新聞って。

なので、身の丈に合った販売をきちんと公正にやってほしいものです。