<   2017年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

早くて23時台後半、遅ければ1時、2時なんて時間にメシを食ってますが、そうしたことで極端に体重が変わったってことはないですねぇ。

元々重いのは認めますが、より一層増えたってことはないですね。むしろ、トータルで見れば体重は落ちているんじゃないかってくらいです。

食事の間隔が長いんですよね。8時に朝飯を食って、昼飯が16時前後、晩飯は上記の通りで概ね7〜8時間くらいの長いスパンで食ってるってのがあるんで、識者に言わせると飢餓状態でメシを食うので、より一層吸収されやすいなんて言われてたりしますが、案外そうでもないです。

前は間食でチョコとか食ってましたが、今は朝と夕方にコーラ1本ずつ飲むだけであとは何も口にしてません。まぁ、それほど腹が減らないってのもあるんですが、食わなければ食わずにいられる人なので、それもあるのかも知れません。

あと、朝が遅い分夜更かしなので、晩飯食ってすぐ寝るわけじゃないのも太らないのに貢献してるんじゃないですかね。実際、ホントに言うほど体重に影響は出ないですよ。むしろ、3食いい時間に食べているものの、1日部屋に閉じこもる生活をする方が太りますね。

マリーンズの外人さんが東京と土気を間違うってのはわからないでもないです。外人さんにしてみれば、音で聞こえてくるのにあまり差がなさそうですから。ローマ字読みだってどこまで通用するかわからないですからね。

ただ、マザー牧場へ行きたいのに佐貫町ではなく、茨城の佐貫へ行っちゃうのはどうかと思いますねぇ。この間違いはスマホを使うとか何とかって問題ではなくて、マザー牧場が千葉にあるってことを知らなかっただけの話じゃないですか。時刻表見たってマザー牧場の位置は載ってないですからね。単に無知で調べが足りなかっただけのことだと思うんですけど。

草津温泉へ行くのに滋賀の草津に着くってのもおかしいでしょ。草津温泉がどこにあるか知らないだけの話で、スマホアプリのせいじゃないですよ、コレ。移動してる段階で「おや?」とおかしく感じるのが普通だと思うんですが、何の疑問も持たなかったのがおかしいです。これも単に無知で調べが足りなかっただけの話じゃないですか。

最近の乗り換え検索アプリとかウェブの乗り換え案内って単語に対して、複数候補があるとそれぞれ表示する上にバス路線があれば、そこまで候補に表示しますからね。それで間違うのはよっぽどだと思うんですが。

紛らわしい地名・駅名で注意喚起するのは当然だとは思うんですが、上2つとは性格が違いますよね。上2つに関しては間違う方に問題があるとしか思えません。

議論だったりするんですけどね。

物書きに限らず、名刺に肩書きを入れた段階でその人はその肩書きの人になるわけです。つまりは言ったもん勝ち、書いたもん勝ちってところでしょうか。世の中の人や名刺を受け取った人が何と思おうと、肩書きは名乗ったらその通りとしか言いようがないです。

ここでは物書きの肩書きについて論議になっているようですが、個々人でその肩書きに対してある程度イメージというか範疇みたいなものを持っていると思うんですよね。で、そこが他の人とズレているから論議になるだけで、実際のところはズレようが何だろうがその人が「作家」と名乗ったら作家です。

肩書きというから大層なもんだと思ってしまいがちですが、会社の役職としての肩書きと違って、ライターと名乗ろうが作家と名乗ろうがギャラは変わらないですから。故に名乗ったもん勝ちです。こんなもんは好きに名乗っておけばいいんだと思いますけどね。

マズいんじゃないですかねぇ、安倍ちゃん。

記事でも触れられていますが、やましいところがないのであれば、野党が要求する証人喚問に応じて、身の潔白を証明すべきだと思いますがね。そこを苦しい言い訳で言い逃れして、証人喚問を拒否するから国民が不信感を持つわけですよ。ちょっと考えればわかることだと思うんですけどね。

安倍ちゃんにしてみれば、この程度のことでミソを付けたくはないんでしょうね。佐藤栄作を超える長期政権を狙っているんだろうし、安定政権を確立するためには醜聞はできるだけ避けたいと。

まぁ、そうだとするんであれば、なおのこと証人喚問に応じるべきだと思うんですけどね。ウソを言えば偽証罪に問われるわけで、先の籠池さんと逆の証言をすればどちらかはウソをついてることがわかってしまうわけです。自信があるなら堂々と証言すればいいだけの話だと思うんですけどね。自信がないから終始逃げ腰になってるんじゃなかろうか、と国民も思って不信感を抱いてるんだと思うんですけどね。

ちょっと形の変わった政治と金の話ですが、逃げないでちゃんと決着した方が却って国民の支持を受けられると思うんですがどうでしょう。

なるほど、テレビがあったって必ずしもテレビ番組を観ているとは限らないわけですね。言われてみればごもっともな話で。

家でテレビを観る習慣がない子どもだとなおのことCMが何なんだかわからんという事態が起きるかも知れませんね。

有料動画配信サービスが充実してきているし、アレはスマホやタブレット、パソコンだけじゃなくてテレビで視聴することもできますからね。CMがまったくないそういうサービスを利用しているとなると、CMの概念は理解できなくなるでしょうね。有料サービスだから、CMを導入する必要もないですしね。知らない子は本当に知らないままで大人になる可能性はゼロじゃないです。

で、CMを収入源にしているテレビ局はとても困った事態に陥るわけですね。企業がCMを打たなくなれば、テレビ局の経営は立ちゆかなくなりますからねぇ。テレビ局も自局でコンテンツを作っているんだから、そこから金を取れる仕組みを作ればいいんですよ。テレビが一番すげぇメディアだと思い込んできた関係者の怠慢でしょうね。

いずれ、テレビ局もあり方を考える必要性に迫られること請け合いです。どうするんでしょうね。

会社に入る前に一服するついでに気付けのつもりで1本飲んでるのが欠かせない感じですかね。休みの日に散歩へ行くのに駅へ立ち寄って1本というのもありますか。

ただ、家に帰ってまで缶コーヒーは飲まないですかね。パックになっているコーヒーとかもっとサイズの大きい缶のコーヒーを選びますね。基本、缶コーヒーって割高な飲み物だし、量も家でゆっくり飲むにはちょっと少ないので需要がない感じです。外で飲む分には逆に量が多いコーヒーは困るので、缶コーヒーが重宝したりします。

だいたいの人がこんな感じじゃないですかね。外で飲む分には割とちょうどいいサイズで、持ち歩きたければお茶なり清涼飲料水なりを選べばいいので、サッと飲む分にはとても手堅い存在だと思います。

ただ、コーヒーショップと比較されたら比較になりませんね。コーヒーショップは長居するところだし、出されるコーヒーも比較にならんですからね。そこまで込みの市場シェアとなると缶コーヒーには分がないでしょう。

確かに郵便配達のバイクはさほど距離を走るわけでもないし、きびきび走ってくれれば十分に用をなすので、電動バイクにしてもデメリットがないですよね。

最近は、警察もカブじゃなくてスクーターを使っていたりするので、これも時流なんですかね。原付の免許さえあれば別にギアがあろうがなかろうが運転はできるんですが、ギアチェンジするようなバイクは流行らないってところなんでしょうか。あるいは、あまりにも長く使っていたので、カブが軒並み償却時期に来ていてスクーターに置き換わっているとか。

郵便局が電動バイクに置き換わると、無音になるので郵便が来たことがわからないっていうちょっとしたデメリットがなくはないですが、ガソリン代とかメンテ代とか考えると結構なコストダウンにもつながるでしょうから、民営化された郵便局が積極的に考えるのも当然といえば当然かも知れませんね。

意外に食う機会が少ないんですよね。回る寿司屋にでも行けばイヤでも食うことになりますが、焼き魚だの煮付けだのってなると定食屋にでも行かないと食えないし、これがお値段が結構いい値段するわけで。

個人的には魚は好きです。もっとも外食で食う魚限定ですが。家で出てくる魚料理ってなぜかちょっと生臭さが残っていたり、調理法がイマイチだったりして美味しく食べられることが少ないんですよね。その点、外食で食う分にはそういうのがないので美味しくいただけると。

ただ、上に書いた通り決してお安くはないのと食えるところが限られているので、滅多に食うことはありません。少なくとも寿司とか飲み屋でのつまみを除いて、純粋なおかずとして魚を食ったのは10年単位でご無沙汰してると思います。

もうちょっと安くなって、方々で食えるようになると魚もメシの選択肢に入るんですけどね。

結果ですね。

企業が宣伝のために使うSNSってなぜかFacebookが多かったりするんですが、意外にも「使いたい」になるとTwitterが1位になっちゃうんですね。LINEなんかも人気のようですが、Twitterの方が拡散しやすいし、手軽に扱えるってことでしょうかね。

FacebookとTwitter、LINEあたりはなんとなく使い方がわかるんですが、Instagramって果たして宣伝にどうやって使うのかが見当付かないんですよね。何か宣伝の写真でも投稿して、って感じなんでしょうか。

SNSのあり方からすると、Instagramってちょっと特殊な立ち位置のような気がするんですよね。宣伝向けじゃないかなぁと。

注力したいSNSだとTwitterが最下位らしいですが、記事によれば海外でのユーザーが少ないということのようで。逆にLINEが1位なのは国内で一番使われているからということらしいですが、LINEはパーソナルで使われる側面が大きいと思うので、拡散力はTwitterの方が上だと思うんですけどね。ただ、国内の企業が運営しているのでレギュレーションがしっかりしているというところは安心感につながるのかも知れませんね。

そう考えるとFacebookってどうしてそんなに使われるのか、やっぱりちょっと分からないんですけどね。

バレたとしても、たぶんレギュレーションには引っかからないんでしょうね。出題は「テーマに沿って作文せよ」なので、そこに架空の話を書こうが何だろうが、とにかくテーマに沿っていればOKということだったんでしょう。

しかし、たった600字という制限で限られた時間の中でよく架空の兄の話を創作できましたね。そこがすごいと思います。ワタクシには到底できないし、その場にいたらバカ正直に本当のことを素直に書いていたことでしょう。

入試に際しては小論文だの作文だのを課せられない学校・学科ばかりを選んだので、こういうシチュエーションは皆無だったわけですが、今でもやっぱり三題噺とか書いてみろと言われたら相当時間をかけて書くことになると思いますね。書くこと自体は抵抗ゼロなんですが、得手不得手はありまして、創作系は才能がないようです。