<   2017年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ですねぇ。労働時間が短いのもさることながら、残業もないという、日本どころか世界でもなかなか見かけない労働形態の会社じゃないですか。

そりゃ、社員から不満が出るわけないですよね。給料も別に他より労働時間が短い分だけカットされているわけじゃなし、通勤ラッシュに無縁の通勤ができるし、余暇時間が平日に存在するっていうのはもうこれ以上望めない条件じゃないですかね。

不動産コンサルティングの会社らしいですが、不動産業とかって午前にあまり問い合わせとか連絡が来ない業種なんでしょうね。この労働時間を実現するためには、つきあいのある他社とも関係が出てくるので、他社は午前からバリバリ動いて連絡が取りたい場合があるのに、この会社は午後から就業だから誰もいねぇし、だと都合悪いですからね。

フツーの会社に働いてると、やっぱり他社さんとの絡みもあるんで、就業時間を極端にすることはなかなか難しいでしょうね。せいぜいできてもシフトで動かす程度でしょう。

そういう意味では、この会社の成功例はレアケースなのかも知れませんね。望んですぐにできるもんじゃないですから。

一瞬わからなかったんですよね。NHKの画像付きでツイートが流れてきて初めて理解できたという。だいぶ乗り遅れました。

これはNHKが悪いです。まぁ、良し悪しを言うところではなく、ネタとしてかなり秀逸だったってのがお題だったりするんですが、キャッチを付けるにしてもいろいろ修飾語を省くからこうなるんだ、って典型的な例ですよね。

これでは確かに官房長官が日本海に落下したと読めますよ。いや、そう読む人が大半じゃないですか。無論、マジメな人は修飾語が省かれたこのキャッチで、理解したんだと思いますが、主語に官房長官で、適当なてにをはをつなげればそのまま一文として成立しちゃうところが問題なわけで。この場合、正しくは北朝鮮の発射したミサイルが主語で、日本海に落下が述語として成立しなきゃいけない文章なわけです。

ネット民というかツイッター民がこういうネタを見逃すわけがないじゃないですか。そりゃ大喜利化したってしょうがないですよ。挙げ句、安倍ちゃんの画像を持ってきて「自力で上陸は困難」とか字幕付けてる画像までありましたからね。

公共放送なんだから、もうちょっと気を遣わないといかんのじゃないですかね。

透明な、いわゆる外見は水だけど味がいろいろ付いてる水ってのが次々と登場してますが、海の向こうではコーヒーまで透明にしちゃいましたか。

日本ではレモンティ止まりでしたがね。あれはワタクシも飲みましたが、味は間違いなくレモンティです。だけど、見てくれは完全に水。ならば、レモンティ飲めばいいじゃんと思わないでもないですが、別に透明になった分高くなってるとかそういうこともないので、メーカーとしても何か考えるところはあったんでしょう。

このコーヒーに関しては「歯に色が付くから」って実利的な理由だったりしますが、おそらくブラックコーヒーの味がするんでしょうね。ただ、コーヒーの難しいところは必ずしも誰もがブラックを飲むわけじゃないってとこでしょうかね。

ミルクやら砂糖やら入れた場合に果たして透明でいられるかどうか。日本のメーカーもきっと同じ事を考えて透明コーヒーって絶対に開発していると思うんですが、きっとミルクと砂糖の問題が乗り越えられないんじゃないかな、と。

もっとも、仮に出たからと言って喜んで飲むかと言われれば微妙なとこですか。一度はお試しで飲みますが、二度目があるかどうか。

ですね。前にネタにしたオール個室の高速夜行バスもあれはあれで良かったですが、こっちも悪くはなさそうな感じです。

JRってこともあって、オール個室とかあまり極端な方向に振らずに、3列シートと2列シートでそれぞれコンパートメントもどきにできるように工夫をして快適さを追及してみた、ってところでしょうか。手堅い感じですね。

写真で見る限りでは、結構リクライニングするみたいで、寝るには十分な感じそうです。上のランクのシートなら充電用のコンセントやら読書灯やらくっついているっぽいので、長い時間の移動でもさほどストレスにはならなそうな。寝返り打てるくらいのサイズを確保してるってことなので、おそらく狭苦しさもないんでしょう。

ただ、お値段考えるとあんまりお得感はないんですよね。新幹線より数千円安い程度ですからね。どうしても大阪に午前中に着いて何かしなきゃいけないとかって言うのであれば、それなりに使いでもあるんでしょうが、それも余裕があるのであれば最終の新幹線で大阪へ移動してホテルで一泊する方が時間的にも精神的にも楽そう。

現状は「大阪へ行きたいけど金はない、でも普通の夜行バスは移動がつらい」っていう人の需要が見込める感じでしょうかね。あとは高速バス好きとか新しモノ好きとか。

MVNO業者がサポートに力を入れ始めると何が起こるかというと、利用代金の上昇につながるわけですよ。無店舗で、最低限のサポート体制で運営しているからこそ低価格でサービスを提供できるわけで、そこを曲げてしまうと格安じゃなくなっちゃうわけです。

で、格安スマホって安いのがあるのは知ってるって程度の初心者が手を出したい理由はわからないでもないです。キャリアに比べれば大幅に安いですからね。でも、キャリアみたいに手厚いサポートは受けられないし、店舗がないからトラブルが起きたときは基本電話対応。何が言いたいかというと、そもそも存在自体が初心者向けじゃないってことです。

設定がわからないって意見が多いようですが、業者のページには必ず載ってます。キャリアは設定不要でそのまま使えるんで、その辺に戸惑いがあるんでしょうが、わからないことは自分で調べろが基本です。なので、調べる行為ができない初心者が手を出すべきではないのがMVNOだとも言えます。

安いのには安いなりに理由があるので、それがイヤなら素直にキャリアの端末を使うべきですね。料金取ってるだけの手厚いサポート体制がありますから。

ここ何年かで急激に減った気がしますね。15年くらい前だったら、今使っている通勤ルートに6軒くらいあったはずなんですが、気がつけば2軒しか残って亡くて、全部コンビニになっちゃいましたね。

ハイブリッド車とか超低燃費車が売れて、ガソリンの給油機会が大幅に減っているのが原因ですよね。あとは記事にもあるように単純な人口減少。車に乗る人口が確実に減っているっていうのも追い打ちをかけていると思います。

でも、ガソリンスタンドって重要なインフラなんですよ。みんなガソリン高いって低燃費車を選びますが、その結果がスタンドの減少を招いているって事実も知るべきですね。日本でガソリンスタンドがなくても走るクルマってLEAFともう1台日産の商業車の完全電気自動車だけってのを忘れちゃいかんです。ハイブリッド車だってガソリンは必要なので、記事にあるようにガソリンスタンド過疎が起こると結局困るのは自分だったりするわけで。

過当競争が起こるほど必要はないですが、道すがらちらちら見かける程度の軒数は必要だと思いますね。


調査結果ですね。政治家のみなさんがどう思ってるかは知りませんが、国民は天皇が女性でも別に抵抗を感じるわけじゃないわけです。

これが戦前であれば、現人神が女性では不都合もあったでしょうが、現状は国民の象徴なので別に女性で不都合は起きないわけです。

有識者会議で一度は容認論が出ているものの、秋篠宮家で男子が生まれちゃったもんだからそのまま尻つぼみになっているのが現状ですね。ここしばらくで何度か書いてますが、女性皇族を臣籍降下させていくと、女子3人に男子1人しか皇族がいないので、残るのは男子1人になってしまうわけで。その頃には今上天皇も含めて昭和天皇の直系の皇族は軒並み鬼籍に入っているでしょうから、なかなか嫁が取れないと皇族1人とかシャレにならん状況もあり得るわけで、とっとと皇室典範を改正すべきだと思うんですけどね。

記事にある5つの選択肢以外の選択をします。会社に戻って会社で一泊するっていう手ですかね。大きな会社だと戸締まりされてシャットアウトされちゃうかも知れませんが、夜通し仕事するような会社なら開いてることがほとんどなので、迷わず会社で一泊でしょう。一銭もかからないですからね。まぁ、体を休めるという意味ではあまり休まりませんが、寝ることくらいはできるので。

まず、タクシーという選択肢はなしです。都内から深夜料金で戻ったら3万くらいかかっちゃいますから。そんだけあれば、フツーのホテルに部屋取れますからね。

歩いて帰るはもっとなしです。一晩で70km超を移動する自信はありません。震災でもあるまいし、わざわざ歩く理由はないですね。せいぜい5〜6km圏内が限界じゃないですか?

漫喫に泊まるのは手です。近辺にあれば、の話ですが。比較的安くて快適に過ごせるんじゃないですかね。同様にタクシー乗るならって前提なら、ホテルを使っても安く上がるかも知れません。休息を取るという意味でもいい選択肢だと思いますね。

迎えに来てもらうっていうのもせいぜい30km圏内の人じゃないとダメじゃないですか。30kmくらいなら1時間で着けるはずなので、帰る意義もありますし。ただ、迎えに来てもらう家族がいるっていうのが大前提ですが。

と考えると、やっぱり泊まれるなら会社で一泊が一番安上がりです。一番に出勤してきた人に不審がられるでしょうが、まぁそこはそれってことで。

ないですかね。こういう下らないことにこだわる会社はロクな会社じゃないんで。むしろ、面接の場で面接官を煽るまでできたのは賞賛に値すると思います。

純日本人が髪の毛を染めて金髪にしているとかであれば論外だと思うわけですよ。そういうことであれば、面接官の言うことはごもっともだったかも知れません。ハーフで生まれつき髪の毛が黒くない人に対して「なんで黒く染めないんだ」はないでしょう。極論すれば、髪の毛薄い人に「なんでお前ハゲてるんだ」って言ってるのと何も変わらないですからね。

面接において、見た目の印象って大事なのは理解できるし、おおよそ社会規範から外れた格好をしていなければ問題はないはずです。ただ、この件に関しては「ハーフで髪の毛茶色」は社会規範に外れてるかと言えば外れちゃいないはずです。

真偽のほどは定かでないと前フリされた記事ですが、本当だとしたら確かに問題ですね。

ですが、そんなに神経質にならなくてもいいんじゃないですかね。

そもそもコレ、読解力を鍛えるためのドリルじゃないですからね。あくまでも漢字を覚えさせるためのドリルなんで、ここの例文を使って学者先生の言うところの「表現」を考えることはないんじゃないかと思いますけどね。

そうじゃなくたって、小学生なんてうんこって言葉を息をするように使うじゃないですか。その延長線上にコレがあると思えば何でもないと思うんですけどね。

学者先生の言う「表現力」は別個で作文なり何なりで学校で鍛えられるわけで、例えばこのドリルをやったからって、作文にうんこを連発するほど小学生ってアホじゃないと思うんですけどね。それはそれ、これはこれっていう使い分けってちゃんと考えてると思いますね。

逆にそんなところに気を回すから、変な方向に伸びちゃったりするんじゃないかと。