<   2017年 07月 ( 26 )   > この月の画像一覧


使える詰め物ってそうそうないと思うんですが、ワタクシで言えば差し歯が20年くらい持ちましたかね。前歯だったんですが、横の歯がイカれたんでやむを得ず外したら虫歯になってた、ってオチがつきましたが、それでも痛みもなく抜ける気配もなく役目を果たしていましたね。

詰め物も昔はよう取れた記憶があるんですが、最近はそういうのほとんどなくなりましたね。もはや詰め物していない歯が前歯くらいしかないってくらい詰めてありますが、これが意外と何も起こらない。

普段から堅い物を食ったり歯に負担のかかるようなものを食ってないせいですかね。歯磨きはお世辞にも丁寧にやってるとは言い難いので、正直なところいつ虫歯になってもおかしくない状態なはずなんですが、詰め物・被せ物のトラブルはないですかね。

もっとも歯医者にかかっている真っ最中なので、トラブルが起こったとしても割と即応できたりするってのもあるんですがね。

あんまり多発するようなら、むしろ歯医者の腕を疑ってかかってみるべきなような気がしますね。


ワタクシも以前はぼっちがイヤで、お一人様でメシを食うとかできなかったんですが、いつの間にかぼっち恐怖症を克服して、どこへでも1人で行けるようになっちゃいましたね。

この記事によると、まずスタバのようなカフェが挙げられていますが、カフェこそ1人で入りたいですけどねぇ。1人でゆっくりできるところがカフェのいいところじゃないですか。

まぁ、立ち食いそばは分からないでもないです。でも、結構若いねーちゃんとかフツーに入ってきて食って行ったりするんで人によるんじゃないですかね。

回転寿司も別に1人で入れますねぇ。誰かと同伴だと気を遣う場面もあったりするんで、1人の方が気楽じゃないですか。好きなもん好きなだけ食ったって誰の目を気にする必要ないですしね。

ファミレスも1人で余裕で入れますね。まぁ、喫煙席をチョイスするんでより1人の方が都合がいいってこともありますが、1人で数時間居座ることもザラです。

1人居酒屋はやったことないんですよね。フラッとどっかに寄って酒を飲むって習慣がないのと、帰りにどうしても車を使うんで酒を飲めないって事情もあって。ただ、これもちょっと引っかける程度なら余裕で入れそうな気がしますね。

牛丼が入ってなかったのが意外ですが、牛丼は市民権を得たんですかね。あと、1人映画館とか全然余裕です。ヒトカラはやったことないんですが、これはちょっと難易度高いかも知れないですね。1人で延々と歌うってのはちょっと何というか。


当たることがあるので、ヨーグルトならもっと危険性高いんじゃないかと思ってたんですが、腐るってことはなさそうなんですね。むしろカビが危険であると。

もっとも、ヨーグルトは白いんで白カビが生えるようだとまったくわからない可能性大ですが、青カビとかだったら見りゃわかるんで、危険回避は簡単そうではありますよね。ヨーグルトのパッケージの中って適度に湿気があるし、ヨーグルト自体は栄養価が高いんで、簡単にカビが繁殖しちゃうんでしょうね。

納豆とかあまりカビるって話を聞いたことがないんですが、あっちは水分が少なそうなのでカビも繁殖しにくいんでしょうかね。

納豆は元々腐ってるから腐ることはねぇ、って言って1週間くらい賞味期限切れてるヤツを食うヤツがいたりしますが、ヨーグルトで同じことをやるとやっぱり当たりそうな気がするんですよね。カビていなくても。

冷蔵庫の中に入っていても、一度開封したら危険なのは記事にも書いてある通りでまぁ、できるだけ食い切っちゃうのが一番でしょう。納豆を後生大切にちまちま食うヤツはいないと思うんで、あっちは残すことはないでしょうが、発酵食品だからって油断は禁物ってことでしょうね。漬け物なんかも結構危険だと思うんで、賞味期限切れを食うときはほどほどにしときましょう。


仕掛けの公園ですね。日本にはこういう発想はないので、アメリカならではの仕組みじゃないですかね。有り体に言えば金を持っていれば使えるというサービスみたいな。

257人が年間で4万弱払うことで利用しているらしいですが、たかが公園に4万払えるんだから、やっぱりそこそこいい収入があって、余裕のある人たち限定の公園ってことになるんでしょうかね。

しかし、簡単に計算してみると257人が年間に払う額を4万として、年間トータルで1028万。一見、額はデカそうに見えますが、かなり広いこの公園を維持するのに1000万やそこらで足りるもんなんですかね。

ホテルに泊まることで鍵を借りて入場することも可能なようですが、それでもやっぱり1泊4万弱なので、どっちにしても4万は使わないと入場できないようで。鍵を持ってる人が5人まで同伴して入場できるそうですが、257人しか鍵の持ち主がいないんだからフツーの人じゃまぁ入れないでしょう。

園内は一切の娯楽が禁じられているようなので、中に入ってボーッとする以外にやることはなさそうですが、その時間が重要と考える人は4万払っても惜しくない時間ってことなんでしょう。

日本でもこういうの作ってみればいいような気がするんですが、そもそもこの公園は個人所有の公園のようなので、日本だと金云々の前に個人所有の場所にお他人さまを入れないですよね。だから、日本じゃこういう文化が根付かないのかも知れないですね。


斬新な考え方をしてお店を経営していかないと続かなくなっていくかも知れないですね。

これの勝因は50分単位で働ける環境がある「お手伝いさん」が全国から押し寄せることもさることながら、そもそもこじんまりとした店でやったところでしょうね。行ったことはないので何とも言えませんが、カウンターだけの店ってことはうなぎの寝床状に細長い狭い店なんでしょう。

これが、テーブル席が何席もあるような規模になると、店の維持費が大きくなって人件費がかからないとは言ってもそこそこ負担になると思うんですよね。ましてや神保町の駅近となるとショバ代も安くはないはず。

その点、店を狭くしてるんでそういうところのコストが低く抑えられているってのは大きいはずです。あとはお手伝いさんが喜んで自分のためにもなると思って仕事をやってくれるっていうのもあるでしょうね。

店主が頭のいい人なだけではなくて、人の扱い方がすごく上手いんだと思うんですよね。人件費は出せないけど、まかないは食べさせてあげるから。その分、学びたいことは学んで行ってね、っていう姿勢はなかなかできそうでできないもんです。

こういう一風変わった目線のお店がもっと増えるといいと思いますね。


本当に迷惑なんですよね。この件に関して言えば、無断使用された写真の持ち主は頭にきたって当たり前だし、何なら裁判起こしたって勝てる勢いですよ。

たぶん、オカルト番組が減ってるのってこういうところに理由があると思うんですよね。実は本物が入手できなくて番組を構成できないっていう。今はいかにも本当にあったような合成が簡単にできるんで、心霊動画とか心霊写真とか簡単に作れたりするんですよね。

こういうのが横行すると、本物だけを紹介していたとしても「どうせヤラセじゃん」って目で見られるわけで、オカルト好きとしては甚だ迷惑な話なんですよ。

現実問題として、ヤラセじゃない本物の心霊動画って存在するし、心霊写真だってあるわけです。現実にワタクシは二度も心霊写真撮ってますから。だから、現実に存在するんだから本物だけで何とかしろよ、と。それができないなら、そもそも番組として放映するなよ、と声を大にして言いたいわけです。

いろんな意味で悪質極まりない一件です。


普通の神経を持っていれば降りる覚悟を決めてもいいもんなんですけどね。安倍ちゃんはそうではなく、内閣改造で乗り切ろうとしていると。

何か別の記事にも書いてありましたが、仮に小泉進次郎を入閣させたとしても支持率が上がることはないでしょうね。支持率の低下はそこに理由があるわけじゃないので。

閣僚の度重なる失言と加計、森友問題がまったく説明されていないところに不信感を抱いているわけで、そこを解決して改めてさぁどうなるか、って話ですよ。

本人は改憲の足がかりを作って、東京オリンピックを自分の手で開催まで漕ぎ着けたいと考えているでしょうが、半年前の安倍ちゃんならともかく、今はもう無理でしょう。下手すると年内持たないんじゃないですかね。さすがにここまで支持率が落ちてきて、いずれ自民党を積極的に支持する層だけになってくると次の選挙は負け決定ですからね。

本気で改憲やりたいとか思ってるなら、首をすげ替える以外に方法ないんじゃないですかね。

まぁ、安倍ちゃんにしてみれば「何もしてないのに何でこんなことになってるんだ」とか思ってるかも知れないですが、不正疑惑が持ち上がってるのが致命的でしょう。裏付けの証拠もじゃんじゃん出てきているようですからね。果たしてどう乗り切るのか。

前にも書きましたが、ここで見切りを付けて降りる方が本人の今後のためだと思うんですがね。


出たんですね、この話。

確か、楽天がネットで薬を販売することに対する規制は違憲であるって大騒ぎして、署名運動までしてたような気がするんですが、それってもう何年も前の話だと思うんですよね。

まぁ、裁判なんで時間がかかるのは仕方ないんでしょうが、それにしたって時間がかかりすぎじゃないですかねぇ。年単位でもめるような話でもないと思うんですけどね。それに、判決が出るまで販売が差し止められるわけでもなく、問題になっている薬だけが販売できなかったっていう従来のままの販売形態だったわけで、あまり実害もなかったんじゃないかと思うんですけどね。

控訴するかどうか知りませんが、個人的に言わせてもらえば風邪薬とか鎮痛剤ってネットで買うもんじゃないと思うんですよね。なぜなら、その場ですぐに症状を改善したいものだから。ネットで買って配達されるまで痛みに耐えろとか、風邪を悪くするなってそりゃないでしょうって感じじゃないですか。アマゾンじゃないですが、購入してから1時間以内に配達してくれるっていうなら話は別ですが、そうじゃなければネットで買う意味ってほとんどないと思うんですよね。

なので、危険性云々以前に楽天が思ってるほど需要ないんじゃないかって気がしますね。


わかりますが、iOSとAndroidに大きな差があるかと言えば、それほど大きな差はありません。

アカウントだったり設定だったりで名称が違うので、一見まったく違うもののように見えるんですが、実はやっていることはほぼ同じで、両者で乗り換えしてもさほど困ることはないと思います。

強いて大きな差があると言えば、Androidは基本的に母艦を必要としないし、Androidと連携するデバイスも実はそうたくさんないので、スタンドアローンで使うことになるのですが、iOSの場合はアップル製品と連携させてさまざまなことができるようになっています。アップル製品の個々のOSが持つ機能がそれぞれ別のOSと重なっていることもあって、連携ありきで使う必要があるものが多いという違いがあります。iOSデバイスも一応母艦不要ですが、Macを母艦とすることでさまざまなことができるようになっています。

逆に言えば、この程度の差しかないと言えます。アイコンをタップしてアプリを起動させるのも同じだし、アプリはApp Storeで入手するかGoogle Playで入手するかの違いはあれど、やっていることは一緒です。

なので、どちらを選ぶかはほぼ好みの問題でしょう。使い勝手がいいと感じた方を選べばまず間違いなく快適なスマホライフを送ることができるようになると思います。


やっぱり吉野屋ですかね。残念ながら、今の職場の近所には松屋しかないので、牛丼とはだいぶご無沙汰している状態ですが。

おそらく、3つ並べて名前を伏せて食い比べをしてもほとんど差を感じないんじゃないかと思ったりはしてます。イメージの問題で、吉野屋が一番自分の思っている牛丼の味に近いものが出てきて、すき家、松屋の順に続くという感じですね。

で、実際に行くと吉野屋はメニューがそこそこあっても牛丼か豚丼かの二択であまり考えることはないんですが、すき家へ行くと牛丼以外の丼が選択肢に入ってくるというかむしろそっちを積極的にチョイスしちゃうんですよね。松屋に至っては牛丼じゃなくて定食ばっかり食べてます。牛丼が不味いわけじゃないんですが、松屋では何か牛丼を食べたくないというか。

あと、これは人によりけりなんでしょうが、松屋って問答無用で味噌汁が付いてくるんですよね。あれ、要らないんです。別に味噌汁なくても牛丼食えるし、定食食えるし。猫舌なんで余計に要らん一品だったりします。で、この間たまたま定食でサラダ要らんって言った客に返金してたんで、味噌汁も返金してくれるかなと思ったら、味噌汁は要らんというと出て来ないだけで返金はされないんですね。なんか不公平だなー、と思った瞬間だったりしましたが。

ということで、とにもかくにも牛丼一択で選択するなら吉野屋派です。一番美味いと思うんですけどね。