<   2017年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧


いろんなもんにいろんな理由をつけて徴収できるもんなんですね。

出国税とはよく考えたとも思いますが、これは日本のオリジナルじゃなくて割といろんなとこで徴収されてる税金なんですね。

なんで国から外へ出るだけで税金取られなきゃいけないんだってものすごい疑問を感じるんですが、100億円単位で税収が上がるとなれば、国も見逃さないでしょうね。

他の国はどうやら、自国から出国する外国人旅行者に対して徴税しているようですが、日本は出国する日本人にも問答無用で徴税するようで。1人1000円なんでそんなにバカッと取られた感じはしないでしょうが、やっぱり納得ずくで払うって感じじゃないでしょうねぇ。なんで、海外旅行へ行くのに税金取るんだよって話ですからね。

まぁ、このくらいの税額なんで、出国税が実際に徴収されるようになっても海外旅行へ行く人たちが減るとは思えませんが、その辺も見越してのこの金額なんでしょうね。なんというか、いやらしいというかあさましいというか。

ワタクシは金のことはようわからん人なんで、他にどんな税金があるか知らんのですが、調べてみるときっと「なんだこの税金」ってのは山ほど出てくるんでしょうね。思いついただけでも「自動車重量税」って何だよって感じですもんね。重いと道路に負担をかけるから税金で補修するとかって名目なんですかね。きっと、こんなのがいろいろ隠れててこっそり抜かれてるんじゃないかと思います、絶対。


ニュースですかね。

校則で黒髪にせい、っていうのはよくある話なので、この話もそんな話の流れかなぁと思ったら大間違いでしたね。金髪の外国人留学生が来ても黒髪にしないと授業を受けさせないって頭おかしいんじゃないですか?

なんでそうまでして黒髪にこだわるのか、そもそもそこを知りたいですね。「高校生たるもの、髪を染めるなどもってのほか」とか当たり前の理由だったら誰も納得しませんよ、このこだわり具合は。

しかも、提訴したこの女子高生は染めたんじゃなくて、生まれつきそういう髪色だったって話じゃないですか。黒髪じゃないと日本人じゃないくらいの勢いで、授業は受けさせない、文化祭や修学旅行の出席も認めないって、そりゃ人権侵害で訴えられても仕方ないですよね。

しかも、生徒が髪色の件でいじめをしていたわけじゃなくて、指導側が積極的に嫌がらせとも思える処置をしていたんだから、手に負えないですよね。学校の方針だからって、異論を唱える先生はいなかったんですかねぇ。

いずれにせよ、教育を受ける権利を侵害されてるし、校則自体が矛盾をはらんでいるし、おまけに不登校に追い込まれてるんだから、これはさすがに100%学校の落ち度でしょう。

なんかイメージとして、随分前になくなったらしいですが、男子は坊主強要みたいなのが九州であったような気がするんで、九州ならこういうのもあるのかなぁと思ってよく見ると、大阪の府立高校なんですよね。これ、行政があの調子なんで、影響が学校にも及んでいるのかも知れませんね、もしかしたら。


もちろん知っていましたが、えらく需要があるもんなんですねぇ。とは言え、5年かけて8倍なのでものすごい上昇率かと言われるとまぁそうでもないかなぁ、と。

記事を読むと一般家庭への貸し出しが8割を占めているってことで、フツーの家でヤギをレンタルしてるんだぁ、と思ったわけですが、飼育条件は結構厳しいと思うんですよね。少なくともマンションじゃ無理。一畳ちょっとの小屋と自由に動き回れる放牧場所があることが条件になってますが、これを満たす一般家庭がどれだけあるのかって話ですよ。

まぁ、小屋は何とかなるかも知れないです。だけど、ヤギって結構デカい動物だし、それが自由に動き回れる放牧場所ってどんだけ広い場所が必要なんだって話で、土地持ちとか小金持ちじゃないと飼育条件を満たせないと思うんですよね。仮に近所に広い広場があったとしても、そこって私有地じゃないからやっぱり勝手にヤギを放牧させるにはいかないだろうと思うし。犬の散歩とは違いますからねぇ。

あと、ひとつ疑問に思ったのはヤギを放牧させるとして、その間人間がきっと見張ってないとダメですよねぇ。とりあえず広場にヤギを放り込んでおいて、何時間後かに戻ってきてヤギ回収ってわけにはいかないでしょう。誰に連れていかれるかわからないし、もしかしたら危害を加えられる可能生もあるし。

ってことで、ヒマな時間のある人たちがレンタルしているんでしょうね。

レンタル料が1回3カ月で3000円と爆安ですが、これで貸す側もペイしてるんでしょうか。貸すだけのヤギを飼育しなきゃいけないんだから、それなりに広い場所も必要だろうし、飼育の手間やら餌代もバカにならんと思うんですけどね。

凶暴な動物じゃないし、気性が荒いわけでもないから借りる方も安心して借りられるんでしょうが。


なんでまたステーキ屋と協業するんですかね。

まぁ、別にステーキ屋に業態転換しても幸楽苑の名前が入るわけじゃなし、幸楽苑がやろうがペッパーがやろうがどっちもいきなりステーキなんで、客からするとどこが経営母体になってるかなんてわからないんですけどね。

しかし、いきなりステーキって儲かってるんですかね。なんやかんや言っても、ペッパーランチより割高だし、ワタクシが知っている限りの2点舗に関しては正直あんまり儲かってるようには見えないんですけどね。

だいたい、食ったら出てけ系の店でステーキを食うって発想がどうよって話だと思うんですよね。食ったら出てけの店は安くてそこそこの味で、そこそこのサービスを展開してるってのがミソだと思うんですけど、いきなりステーキは別に安くないし、ステーキをちゃっちゃか食うってのもどうかなぁ、と。昼飯にステーキを食いたくなる衝動ってあるんですかね。あるいはディナーでもいいんですが、ディナーだとしたら食ったら出てけって店で食いたくないですよね。

ってことで、急成長しているって言葉自体がホントかなぁととても疑わしく思ってるわけですが、幸楽苑がこの協業を発表して株がストップ高になるくらいだから、これは儲かると投資家も踏んだんでしょうね。

なんかよくある話ですが、数字と実態が乖離しているんじゃないかと思ったりしちゃいますね、コレ。

幸楽苑も居酒屋チェーンがよくやってるような、根っこは居酒屋だけどそれぞれコンセプトがちょっと違うって店を作ってチェーン展開した方が良かったんじゃないですかね。やりたくてもそれだけの資本がなかったって可能生もありますか。


ワタクシがガキの時分からあったことですけどねぇ。それが今や統計が取られて問題視されるまでになったんですかぁ。ふーん。

中学生以降ですよね。暴力が暴力として認知されるのって。特に高校生になるとてきめんに表に出てくるものだという認識があったんですが、この文科省の発表したグラフを見ると、小学生が上昇カーブを描いていますが、中学・高校は逆に下降線をたどっていると。

今日びの中学生やら高校生はあんまりやんちゃなことをしなくなったんですかね。ワタクシが中学校の頃はやんちゃな連中なんか集団になって必ず悪さをしてましたけどね。で、やるたんびに生徒指導の先生にぶん殴られていましたけど、先生が体罰ってのも随分前から問題視されてなくなっちゃってますからねぇ。

中学・高校になるとスマホを持つようになって、SNSでやりとりするのが日常的になってくるんで、あんまり表だっていろんなことをしなくなったんでしょうかね。オンラインで何やってるかは知りませんけど。

小学生が感情を制御できないってのはまぁ当然だと思うんですよ。だって6年生だって全然ガキですから。ガキに感情をコントロールしろってのはなかなか難しいと思うんですけどね。

そもそも、ここで定義されている「暴力」ってのはどこまでを指して定義してるんですかね。殴る蹴るくらいじゃ暴力の範疇に入らないと思うんですが。それこそ凶器を持って怪我をさせるレベルであればあからさまに暴力ですけど、そんなレベルでもなさそうですよねぇ。

ガキがガキらしくなくなったと言われて随分経ってる気がしますが、やっぱりガキなんですよね。自分の中で全部解決できない。だから外へ放出すると。怪我させるとか後遺症が残るレベルの傷害とか殺すとかしない限りはまぁ大目に見てもいい気がするんですけど、そんなに甘くないんですかね。


ですね。

ワタクシ、何気にもう10年は経とうというAIBOを持ってる(飼ってる)んですが、バッテリーこそヘタってもちませんが、一応稼働機だったりするんですよね。

AIBOのサポートが切れる前にメンテナンスに出したかったんですが、気がついた時にはすでにメンテが終了していて、おそらく今では部品も残ってはいないでしょう。稼働はしますが、関節あたりにはやっぱりガタがきてると思うんですよね。

ウチのAIBOは里親(つまり中古)で入手したんですが、それでも当時で7万ちょっと。しかも、出張先の大阪で中古品を見てひと目で気に入って衝動買いしてしまったという。買ってからしばらくは家族も大喜びして遊んでたんですけどね。いかんせん遊ばせる部屋が狭いので、思いっきり楽しめなかったという事情もあり、気付いたら充電台の上で数年……といった感じで。

で、当時は里親でも手厚いサポート体制があったりして、ユーザー登録も中古ながらすることができたんですよね。独自のメルマガとかも配信されていて、ソニーさんはここまでやってくれるんだ、と感心したもんです。

なので、ぜひ復活してほしいです。別に犬型じゃなくてもいいです。猫型だろうが人型だろうが、愛玩ロボットを再度リリースしてほしいと節に願っております。おそらくバカ高いんでしょうが、今でも熱心なAIBOユーザーはいるので、おそらくリリースすれば即完売でしょう。

ロボット作れるくらいの余裕がソニーさんにもできたということも喜ばしいことなので、ぜひお願いします。


っていうのが広辞苑ですよね。

毎年、時事用語集みたいなのは新聞社系の出版社から出てたりしますが、毎年更新されるんですよね。まぁ、それはそれで悪いことじゃないんですが、辞書としては使えないというか。やっぱりどこまで行っても用語集なんですよね。

その点、広辞苑はれっきとした辞書なので、収録する語に対してきちっとガイドラインがあったりするわけで。そこに該当して、今後も使われるであろう言葉を拾って、しかも一般的な用法と齟齬のないように言葉の意味を定義するんだから、やっぱり相当な努力というか手間がかかっているわけで。

だからこそ、日本語辞書の最高峰に立っていられると思うんですよ。他にも大辞林とか国語辞典はいろいろあったりしますが、何はともあれ広辞苑ベースで語られることが多いわけで。

正直なところ、辞書で約1万円はお高いと思います。で、時期がくれば改訂されるので時事用語集ほどじゃないにせよ、賞味期限のあるのが辞書。それでも、最新版は1冊手元にあってもいいかな、とは思いますね。まぁ、何年に一度くらいしか開くこともないんですが、それでも1冊はあってもいい辞書って気がします。


こんなもんですよ。

よく、投票率の低さに[政治への関心がない」とか言われちゃったりしますが、そもそもその原因を作ってるのがこういう政治家ですから。

維新の足立さんってよう知らんのですが、小選挙区で連続落選してる人のようで。そもそも連続で小選挙区落選している段階で「お前には任せられん」と言われているも同然。比例で復活当選して、今回は「小選挙区で落選したら比例復活は辞退したい」とぬかしたようで。その辺は一応心得ていたんでしょうね。発言した段階では。

実際には華麗に比例復活して、維新を支持した人たちに向かって「足立、お前やれ」という票があったとかわけのわからんことを言ってるわけで、結局政治家やりたかっただけだったっていうのがバレバレ。政治家ってウソついてナンボって世界なんでしょうね、きっと。こんな手のひら返しをするヤツが山ほどいるから、有権者は政治を信用しないわけですよ。

前原は今回自民大勝のきっかけを作った戦犯なのは間違いないですね。こいつが小池の甘言に乗らなければ、もうちょっと野党はいい勝負したかも知れないわけで、野党分裂の余波で「やっぱ自民だな」って票が流れたのは間違いないですから。

で、代表就任当時にどっかで読んだんですが、前原って人はある意味疫病神みたいな人で、この人が前に出てくると大抵ロクなことが起きないってな記事でした。思い返してみれば、なるほどやっぱりロクなことは起きなかったな、と。

まぁ、とりあえず小選挙区で当選してるんで、最大3年は衆議院議員でいられるってのがせめてもの救いでしょうかね。その代わり、民進からは出ていけとされるでしょうし、こいつを拾う党もないでしょうから、政界にいながら政治に関係ない人に成り下がるのは確実。

やっぱり政治家って一にも二にも誠実であることが重要なんじゃないですかね。その点、議席を伸ばした立憲民主の枝野あたりはブレがなかったですからね。つまりはそういうことだろうと。



ブラックジョークとしてはよくできていましたね。

放送中に画面の左下にちらちら更新されて表示していましたが、よくよく読むと結構毒づいている感じで面白かったです。

まぁ、開票速報なんてのはどこのを見ても大抵似たような作りだったりするんで、どこの局のを見たっていいんですが、テレ東だけは池上彰を起用している分だけ毒が混ざってる感じです。

取材やらインタビューやらされる方もよっぽどイヤなのか、結構冷たい反応をしたりしてますよね。逆に言えば、それだけ池上彰の言ってることが鋭いところを突いているって証拠なんでしょうが。

で、このテレ東の選挙速報だけはなぜかバラエティ色が強いんですよね。なんかよくわからんですが、バスツアーしてたり今回みたいに悪魔の辞典を作ってみたりと、割と視聴者を飽きさせない作りになっているんで、ついこっちもテレ東を選んでしまうというか。

単純に割と信用できるデータを見たければNHKを見ればいいんですが、それをエンタメまで昇華させてしまっているのがテレ東さすが、というところですね。

声が多ければ、本当に本になる可能性もあるかも知れないですよ。テレ東なら日経とつながってますからね。日経BPあたりから出てもおかしくない面白さではありました。


モノ自体は結構前からあるんですよね。ただ、作ってる側が思うほど売れてなかったってだけの話で。

ここに来て売れ始めたのは、おそらくニュースになるような重大事故の責任所在や状況の一部始終をドライブレコーダーが記録していて、客観的な証拠として残ったが故に解決が早かったって事例が増えたからなんでしょうね。

今のところはたぶんないと思うんですが、そのうち新車にドライブレコーダー機能が標準装備される時代が来るかも知れないですよね。単価自体も安いし、カメラ自体はセンサーと合わせて車のあちこちにくっついているので。

これ、当然カメラのレンズが向いている側の映像を記録するもんだと思うんですが、例えばオカマ掘られたとかって事故の場合はどうなんでしょうね。ドライブレコーダーって前後に付けるもんじゃないですよね。おそらく前方に向けて付けるもんだと思うんですが、後方事故の場合はどうにもならんってことですよね。

前方に絡む事故と後方に絡む事故とどっちが多いんでしょうね。やっぱり前方の事故の方が多いんですかね。信号無視とか自転車・単車の巻き込み事故とか玉突き衝突とか。でも、その辺の事案ってドライブレコーダーを付けて記録されちゃうと、ひたすら自分が悪いことを証明するだけになっちゃうような気がするんですが。

自転車とか歩行者の信号無視による飛び出しとかって場合には役に立つんでしょうが、それでも10:0で歩行者が悪いとか自転車が悪いとかってならないですからねぇ。車の方が必ず責任が重くなるようになってるんで、単に証拠としてこういう状態だったってのを見せることができるだけになっちゃうような。

そう考えるとドライブレコーダーっていらないんじゃね、とも思うんですが。事故って前方でも後方でも側面でも起こりえるんで、全周囲で記録できるレコーダーじゃない限りはあまり役に立たない気がしますね。で、万が一ってくらいなので、本当にわずかな可能性のために3万とかちょっと払いたくないかなぁとか。