タグ:パワースポット ( 16 ) タグの人気記事

ってなことで、今年もやってきました初詣。

例によって鶴岡八幡宮で、これまた例によって割と遅めの時間から出撃していったんですが、それでもこの有様(笑)
c0071763_156954.jpg

かっちりロープで入場制限されちゃいました。

とは言え、毎年だいたい40分前後でお参りできるわけで、この日も30分少々でお参りすることができました。これ、元旦の真っ昼間だったら余裕で2時間くらいかかっちゃったりするんですけどねぇ。

c0071763_157436.jpg

去年折れた大銀杏もだいぶ息を吹き返していたようでした。さすがに初詣なので、いつもに比べれば注目する人も少なかったんですが。

でもって、毎度恒例のおみくじ。今年もかっちり引いてきました。
c0071763_1591819.jpg

今年は珍しく「吉」と、とってもプレーンな感じのおみくじ(笑)。願わずとも願いは叶う、なんてうれしいことが書いてあったりして、ちょっといい感じでした。

ってなことで、ごくごく簡単に初詣レポでしたー。
ってのが、1ヶ月前(笑)

先々週に於岩稲荷2カ所行ってきたんですが、その2週間前に行ってたのがココ。

まずは写真をば。
c0071763_11243654.jpg

c0071763_11245235.jpg

という感じで、境内もボチボチ広いし本殿もかなり立派なもんでした。

赤坂豊川稲荷、という名前の通り、愛知の有名な「豊川稲荷」の東京別院という位置付けです。祀られている神様も「豊川だきにしんてん(漢字が難しくて出てこない)」という神様で、主に商売繁盛の神様として知られているようです。

普通、お稲荷さん(正確にはここの神様はお稲荷さんではない)の祀られているお社って、他の神様もいろいろ祀られているもんですが、赤坂豊川稲荷の場合はその数と規模が結構尋常じゃない(笑)
以下、こんな感じです。
c0071763_11312056.jpg

c0071763_1131355.jpg

c0071763_11315185.jpg

c0071763_1132426.jpg

c0071763_11322214.jpg

c0071763_11324048.jpg

c0071763_11325248.jpg

ってなとこで、あとひとつふたつ写真を撮ってないところがあったと思います(笑)

1つ目は大岡越前で有名な大岡忠相の御廟で、神様扱いとなってます。
2つ目はダキニテン、3つ目は融通稲荷さま、というお金を融通してくれるお稲荷さんで、1年の期限付きで黄色い小袋に入った「お金」を融通してくれます。お金に困っているワタクシもしっかり融通していだたきました。5つ目は弁天様です。

商売繁盛の御利益であまりにも有名すぎて、近隣の大企業やらマスコミやらのお供えもたくさん見かけました。

で、ここはCREA的にパワースポット扱いでしたが、十分にパワースポットだと思います。商売繁盛、開運、金運上昇などなど、ことさまざまな福をもたらしてくれると思われます。ワタクシもここはさすがにちょっと違ったパワーを感じましたし、実際お参りしてから金運で変化も見られているので。

お稲荷さんなので
2週間ぶりの寺社仏閣巡りレポになります。

2週間前にももちろんお出かけしているんですが、今回は順番を逆にして日曜日に行ってきたところからレポしようかと思います。

ってなことで、行ってきたのは四谷三丁目にある於岩稲荷陽運寺。名前の通り、四谷怪談に出てくる「お岩さん」にゆかりのあるお寺さんです。ブログ友だちのさらさんからオススメされたスポットです。

とりあえず写真をば。
c0071763_23536.jpg

c0071763_231841.jpg

というような感じで、場所は四谷三丁目ではあるんですが、オフィス街から外れた住宅街の中にあります。場所柄もあってか境内はごくちんまりしたもんで、あの四谷怪談の中身とは裏腹におどろおどろしい感じはまったく受けません。

c0071763_273817.jpg

c0071763_274995.jpg

c0071763_28149.jpg

で、そのちんまりした境内の中に結構いろんなものがおかれているというか、お祀りされています。観音様だったりお稲荷さんだったり、5枚目の写真みたいにちっちゃい布袋さんがいてみたりと、ある意味ところ狭しといった風情があります。

たぶん、こういう作りというか構成もあってのことでしょうが、陰気どころか陽気な印象さえ受けるお寺さんです。

もちろん、由来はお岩さんなので、そのパワーたるや強力なものがあるようで、それがプラスの方向に働く、という感じみたいです。主に縁切り・縁結びに御利益があるとかで、10分やそこらしかいなかったんですが、ひっきりなしに人が入ってきてはお参りをしていました。場所は地味ですが、実は知名度はとても高い、ということなんでしょうね。

無論、ワタクシも今の悪縁との縁切りともろもろの縁結びをお願いしてきました。

ちなみに写真は撮れなかったんですが、おみくじも引いてみました。小吉ということで、お仕事は今ひとつな感じのご神託でしたが、女子とのご縁はかなりいいことが書いてあった……ような気がします(笑)

でもって、実はコレ続きます(笑)
と、いうのが月曜日の話(笑)
何気に先週の日曜日の話を書いてなかったりしたりするんですけどね(笑)

で、等々力渓谷の続きの話です。

東急大井町線の等々力駅から等々力渓谷の遊歩道へ行くわけですが、その遊歩道のほぼ終点部分にあるのが等々力不動。渓谷もさることながら、このお不動さんは有名なようです。

とりあえずこんな感じで。
c0071763_0561764.jpg

c0071763_0554619.jpg

c0071763_056212.jpg

渓谷の方から入ると、ちょっとした階段を上っていくんですが、正門は上にある道路に面しているという(笑)。ま、そこから入るのは当然アリなんですが、そこから入っちゃ風情がないというか。

境内は結構広くて、とっても清浄な感じのするお寺さんです。

c0071763_0585934.jpg

役行者が修行をしたという不動の滝……なんですが、もろもろ工事をしていたようで、風情もへったくれもない感じです(笑)

CREAによれば、ここはパワースポットらしいんですが、御利益を調べても特にエッジの立った(笑)御利益はないようで、どちらかというと都内で豊富な自然が残っている、っていうところと修行者たちの修行場としての成り立ちがそういうエネルギーを作ってるのかなぁ、と思ったりもしました。

それだけに、川がリアル渓谷でなかったのが非常に惜しまれますねぇ。生き物もいないので、カワセミも来ないだろうし。

ってことで、等々力渓谷編終了。
日曜日には先週の日曜日分のを載せる予定です。あくまで予定ですが(笑)
昨日はGW連休がなかったワタクシのGW代わり連休でお休みでした。

で、どっかに行かなきゃもったいない、ってことで、行こう行こうと思って行けていなかった、等々力渓谷へ行ってみました。

23区内で唯一の渓谷、ということもあって、結構期待して行ったんですけどね……。
とりあえず写真をば。
c0071763_2291624.jpg

c0071763_2292795.jpg

c0071763_2294671.jpg

という感じで、遊歩道が整備されているだけなく、この川も含むすべてが公園として機能しているようです。

まぁ、遊歩道を整備するのはいいし、それで人が来るならそれもまた結構。
結構なんですが、決定的に川が汚い。前に横浜にある「滝」紀行でも紹介したような「よく整備されたドブ川」に近いものがあるんですよ。

c0071763_232097.jpg

c0071763_2321295.jpg

c0071763_2322540.jpg

こんな風に撮ると意外にキレイなんじゃん、と見えなくもないですが、実際はゴミは落ちているわ、水が泡立っているわ、おまけにドブの匂いがするわで、状態は決してよくない川です。渓谷と銘打たれてますが、例えば奥入瀬なんかと比べると激しく見劣りする場所です。生き物らしい生き物が水の中も上もまったく見あたらない、っていうのにも問題がありますね。

が、23区の中にこれだけ整備された緑のある場所って実はあまりないのか、通りすがりのねーちゃんたちはいたく感動しておりました。他を知らない、というはある意味幸せで、ある意味不幸なことですね。ホント。

ちなみにここ、奧に等々力不動さんが控えているせいもあって、全域がパワースポット扱いされています。空気もいい、雰囲気も悪くない、というレベルの場所なので、パワースポットというにはちょっと……と抵抗があったり。

そして、話は続きます(笑)
というのは……(以下略・笑)。もう毎度毎度同じパターンを繰り返しているので(笑)

ということで、亀戸天神の続きです。東京の地理に極端に疎いワタクシは、亀戸から秋葉原が近所だということを当日知り(笑)、当初は芝とか白山あたりに行こうと思ってたんですが、急遽秋葉原の神田明神へ行くことにしました。

こんな感じで。
c0071763_10255097.jpg

c0071763_1026046.jpg

c0071763_10261533.jpg

というか、神田明神はここでも何回か紹介しているので、今さら感たっぷりな感じなんですよね(笑)。なので、写真もごくさっぱりとしか撮りませんでした(笑)

神田祭が近かったせいもあって、人も意外に多かった感じです。コレを書いている今日が神田祭ですね。もっとも、神田祭目当てで来る人よりはアキバのあれこれを物色する人の方が多いんでしょうけど。

お祀りしている神様に平将門がいることで、源氏の血を引く人は入りにくいとかっていう話もあります。また、成田山を信奉する人は神田明神に行ってはいけない(その逆もしかり)らしく、なかなか縛りの多いお社です。

とは言え、ここも多くの本がパワースポットに指定しているようで、由来からして、というところがあるみたいです。で、縁結びをはじめいろいろな御利益があるということで、結構強力なお社です。ちなみに、亀戸天神のところで紹介した「東京十社」に含まれる神社です。

以上、レポ終わり(笑)
今日もおでかけの予定です。はて、どこへ行こうかな。

ここでもきっちり
ってことで、コレは先週の話(笑)
今週はおでかけしていないので、来週末は一体何を載せるんだろう(笑)

で、根津神社から「どっかへ行こう」と思い、方々調べたら(現地でね)神田明神か湯島天神が近いぞ、と。神田明神はアキバにいた頃何度も行ったんで、今回はより手前にある湯島天神へ行こう、ということで、行ってきました。

とりあえずこんな感じ。
c0071763_2561865.jpg

c0071763_2562911.jpg

境内は思ったよりも広くなかったんですよね。というか、湯島天神って大学の頃は割と近所だったのに、実は行ったことがなかった場所。ゼミで湯島「聖堂」は行ったんですけど。

c0071763_2573938.jpg

ま、学業成就の神様、ってことで死ぬほど境内には絵馬があったり。ちなみにワタクシは二度の大学受験のいずれも神頼みしてませんでした。仏様に頼んじゃいましたね(笑)

c0071763_2585179.jpg

天神様なので、先々週行った北野神社と同じく神様は菅原道真公。で、お使いは牛さんってな感じで割と地味なところに牛さんがおりました。この牛さんも体の悪いところをなでなでしたり、全身をなでなでしながらお願いをすると叶えてくれる、とかっていう御利益があるそうなので、めちゃめちゃなでなでしてきました(笑)

c0071763_304189.jpg

境内にあった泉鏡花の筆塚。云われはよく分からないんですけどね(笑)

ここも一応パワースポットらしいです。まぁ、パワースポットというよりは、とにかく御利益のあるお社、という感じですが、根津神社ほどではないにせよ、空気のいい場所でした。こちらはより街中にあるので、本当の意味での空気はあまりよろしくないんでしょうけど(苦笑)

という感じで先週分はお終い。
来週も行くは行くです。あくまで予定ですが。
ということで、今週も懲りずに寺社仏閣巡りです(笑)。どこの引退じじいか、というツッコミはナシの方向で(笑)

で、今週は根津神社に行ってきました。由緒はとっても正しい神社のようで、創建は日本武尊だとか。で、太田道灌が社殿を奉建し、江戸時代に入って五代将軍綱吉が世継ぎを決めた際に現存している社殿を元々千駄木にあったものから、根津の地に遷座させたという話。

由緒正しい神社なので、建物も
c0071763_2164336.jpg

c0071763_2165286.jpg

c0071763_217236.jpg

と、大変立派なものです。

天気が良かったのと、金曜日からつつじ祭りが始まったこともあって、ぼちぼち人も多くて縁日も出てました。境内も広くて立派ななりなのに、場所柄もあってか親しみやすい居心地のいい空間でした。

ちなみにお目当てはというと
c0071763_2212834.jpg

ご神木の萱の木。これにお願いすると願いごとが叶うとか、ということで行ってみたらこんな感じ。コレは絵馬でお願いするのかな、と思って極めて珍しく絵馬を奉納してきました。

いやまぁ、こんなんでお願い叶うならどこへでも行っちゃいますわ、的なところもあるんですが、神頼みでもしないとやってらんないところもあったりして(苦笑)

ってな感じで、根津神社は終わり、と言いたいところですが、つつじ祭りもちみっと行って撮ってきました。もちろん、ほとんどの木はまだまだ咲いてない、ってくらいでしたが、ぽちぽち咲いてる花に見かけないのが結構あったので、写真に撮ってきました。

で、それは続く(笑)

お約束なので
というのは先週の日曜日の話(笑)

ええ、いつもいつも行ってきた翌月曜日にひとつ上げて、それっきり1週間経ってるんですよね。もうアップする元気も吸い取られてるので。

で、先週の池上本門寺の続きになります。

西馬込から都内なのに電車を乗り継いで着いた先が春日。以前行った傳通院もご近所なんですが、ここにあるのが北野神社です。

こんな感じで。
c0071763_11391127.jpg

c0071763_11392751.jpg

c0071763_11394155.jpg

実はこれだけのちんまりした神社です。とは言え、祀られてる神様は太宰府でおなじみの菅原道真公。ここに勧請したのは源頼朝なので、歴史もあれば由緒も正しい神社です。

行った時間が遅かった(16時くらい)せいなのか、天気も悪かったせいなのか、社務所は閉まっていておみくじは引けず、きちんとお参りもできなかったんですが、
c0071763_11431511.jpg

目的だったこの「願い牛」なるお石様にはお会いできました。で、このお石様、願いごとを唱えながら左側から右へ向かってなでなですると、願いが叶うという御利益のあるもの。ええ、しっかりお願いしてきました。

ま、肝心の神様にお願いしないでこちらにお願いしたんじゃ本末転倒ではあるんですが(笑)

ここは住宅街のど真ん中にあるせいか、閑静な場所ではありますが、ウェブでも自ら「パワースポット」と謳っているだけあって、後から考えてみると気のいい場所だったような気がします。

何よりちゃんとお参りできなかったのがちょっと心残りなので、もう一度行ってみたいな、とは思っています。

で、先週分お終い(笑)
今週も行っちゃいます。おそらく今夜には一発上げられると思うので、乞うご期待。
ということで、相変わらず週末になると寺社仏閣巡りをしているワタクシ(笑)
あたかも年寄りのような行動様式になっている、と激しく自覚しておりますが(笑)

で、今回は門前仲町にある富岡八幡宮へ行ってきました。

まずはこんな感じで。
c0071763_3381372.jpg

まぁ、下町とは言え、都会の真ん中にある八幡様なので、大鳥居から眺めるとビルまで入っちゃう、というどうにも風情のない雰囲気ですが。

c0071763_3393460.jpg

本殿はやっぱり例にもれず立派なものです。

c0071763_3404198.jpg

昨日はたまたま月次祭に当たっていて、境内はあたかもフリマの様相を呈していました。ま、八幡様でフリマは言い過ぎなんでしょうけど(笑)

c0071763_3435267.jpg

奧にはこんなところもありまして、鹿島神宮だの富士浅間神社だの大黒さんだのが祀られていました。末社として人々から尊崇されてきた証しみたいなものとも言えそうです。

c0071763_3505232.jpg

ここの八幡様は勧進相撲発祥の地でもあるらしく、奧の方には「横綱力士碑」なる立派な石碑が建っています。

ということで、ざらりと写真を載せてみましたが、江戸最大の八幡様ということでとっても由緒正しい神社なんですが、下町にあるということもあって、結構ざっかけない空気が流れています。縁結びの神様とかいうことで、CREAによればパワースポット扱いされていますが、どちらかと言えば、そういう場所ではなく、街のみなさんにめっちゃ愛されている神社、といった風情で、スーパーなイメージはありません。とは言え、人の少ない場所へ行けば、どこか荘厳な雰囲気もあるので、そこはそれ、というところなんでしょう。

で、富岡八幡宮のお隣には深川不動があったりします。
もちろん行ってきたので、このネタ、続きます。

神社と言えばコレ