何やらメンテが始まるらしいので、とりあえず上げるだけ上げてみたり(笑)

この間の京都遠征で結構お世話になった京阪電鉄。実は意外とネタが多かったので、写真に残してたりしました(笑)

一番衝撃を受けたのがコレ。
c0071763_055149.jpg

ドアのところに無造作にシートをくっつけてあるという(笑)。最初は改造かな、と思ったんですが、ラッシュ時対策のようで。ラッシュが過ぎるとこのシートをくっつけて、座席を増やしているようです。面倒そうだけど、ちょっとした工夫。

c0071763_0561150.jpg

去年の5月に遠征したときにもネタにしましたが、京阪って通常運賃で2階建て電車が走ってるんですよね。しかも、座り心地のいいシートで。これもちょっと驚きでした。2階建て車両なんて、最近はJRでもグリーン車と新幹線くらいしかないですからねぇ。あ、寝台があるか(笑)

c0071763_0575519.jpg

Twitterで流しているときに「おけいはん」の言葉を目にして、「?」と思っていたんですが、コレのことでした。上手いコピーです。おまけに写真には入れてませんが、「おけいはん」がちゃんといるという。美人さんでした(笑)

ということで、埋め草的な京都小ネタ終了(笑)
って、先々週の話になっちゃうんですな、コレ(笑)

もー、前と違って、帰ってきて夜何もしないでバタンキューなので、この手の更新が覚束ないという。かなりいただけません。

ってことで、鈴虫寺編からだいぶ経っちゃいましたが、次なる場所へと移動です。
経路は来た道を戻る感じで阪急松尾→桂→河原町、ここから徒歩で京阪祇園四条→出町柳、さらに出町柳から叡山鉄道に乗り換えで、一路貴船神社に向かいました。

この叡山鉄道なるローカル(?)線。
実は、詩仙堂へ行くのに去年も乗っていて、その時はただのローカル線、と思っていたんですが、今回は
c0071763_9434415.jpg

こんな車両に乗っちゃって、えらい観光列車風になってて驚きました(笑)。ちょうど席の向きだと電車がえっちらおっちら登っていく間に、良い景色が楽しめる算段になっているようで。

でもって、出町柳から乗ること35分。体感的にはもっと乗ってた感じもするんですが(笑)、何しろ貴船口駅に着きます。
c0071763_952397.jpg

見るからに山奥(笑)。そして、ここはソフトバンクは圏外です。ドコモは入ってたので、さすがドコモ、と思ったりして(笑)。コレが追々効いてくるんですが、それは次の話で(笑)

ここからさらにバスで5分くらい、歩けば30分の道のりを経て貴船神社に着けるんです(笑)。この先は写真が多いので別枠にします。できるだけ今夜中に上げたいな、と思っているので、期待しないでお待ちくださいまし(笑)
いつもなら、もっとダラダラ載せていく感じになるんですが、今回はなぜか割とコンパクトにまとまったので、早くも京都遠征のおまけ編となります。

まずはコレ。
c0071763_1191717.jpg

ちょっと分かりにくいかも知れませんが、行きの新幹線車内から見えた「虹」です。本当に久しぶりに虹なんて見ちゃったもんだから、「こりゃええことあるなぁ」と寝不足の頭でボーッと思いつつ、ついでだから写真撮っちゃえ、とGRで撮ったらこの程度になっちゃいました(笑)。おまけにいいことも別になかったのはここだけの話です(笑)

c0071763_123165.jpg

祇王寺をお参りしたあと、去年の桜遠征の時に使ったパックチケットと同じものを使ったので、3000円分の何でもチケットが付いていて、それを有効活用すべく渡月橋の近所で食べたお昼です(笑)

何とか弁当って名前だったように記憶していますが、すでに忘れてたり(笑)。パッと見、量がありそうに見えますが、カレースタンドの大盛りカレーの方がきっと量はあるでしょう(笑)。とは言え、ボチボチ美味しくいただけました。去年、祇園で食べたお料理の方が美味しかったのはここだけの話です(笑)

c0071763_126184.jpg

いつもなら、あちこちでおみくじを引いてたりするワタクシですが、今回はなぜかおみくじ運に恵まれず(笑)。やっとこ引けたのが曼殊院。そもそも神社じゃないし、まぁ、いっかぁ、と思いながら引いたのが良くなかったのか、ボチボチな感じの末吉でした。おみくじマニアとしては、ちょっと食い足りなく感じた原因のひとつですかね(笑)。次回遠征のときは、もっとがっつり引けるルートを考えないと(笑)

c0071763_1282981.jpg

ちょっと分かりにくいですかね。詩仙堂のすぐ近所にある「宮本武蔵と吉岡一門」がここで戦ったよ、という記念碑です。ま、それだけっちゃそれだけなので、石碑も「宮本・吉岡 決闘の地」としか書かれてないんですが(笑)

最後。
c0071763_132392.jpg

詩仙堂のお参りのあと、時間があったので河原町へ戻り、あちこち散策した結果、ちょいと教えてもらったのがコレ。どこをどう歩いたかさっぱり覚えてないんですが、割と有名らしい「豆乳ドーナツ」でございます。なりも一口サイズでちっちゃいんですが、20個で500円と結構安い(笑)。そして、実は何気にハマる美味しさ。揚げたてを買って食べたんですが、コレはきっと楽天でも買えないブツでしょう。本当に惜しいのは、次に京都へ行ってもたどり着ける自信がないことですか(笑)

ということで、今回の京都遠征のネタ終了。
自分でもやや消化不良気味になってるのが、書きながらよーく分かった遠征でした(苦笑)

おそらく、リベンジの意味も込めて、紅葉の時期に行くことでしょう。その時はもっとがっつりネタ蒐集も含めてがんばっちゃうと思うので、行くかどうか知らんですが、乞うご期待(何だそりゃ・笑)
ということで、位置をずらしたらうまいこと時系列に並んだので、京都遠征最後の訪問地、詩仙堂編です。

え〜、詩仙堂は曼殊院から歩いて10分くらいのところです。曼殊院の方が奧で、詩仙堂は結構手前、一乗寺の駅からそう離れていないところにあります。

とりあえず、ここも結構切ってます。
c0071763_9335569.jpg

c0071763_9324582.jpg

c0071763_9324754.jpg

c0071763_9343742.jpg

c0071763_933119.jpg

c0071763_9332222.jpg

ってな感じで。

成り立ちは割と新しい方で、江戸初期だそうな。まぁ、詳しいことはWikiでも見りゃ分かるので激しく割愛(笑)。ここも庭園がとても立派です。枯山水ではないですが、眺めていて気持ちの和むいいお庭です。

鹿威し発祥の地? とか何とかで、かっこんかっこん音がしてましたが、やっぱり鹿威しって乾いた感じで「カコーン」って響きの方が良いなぁ、と思ったりして(笑)

ちなみにここも室内は撮影禁止。まぁ、お寺さんで室内だけ撮りたい、ってところはほとんどないので問題ないっちゃないんですが、世知辛いなぁ、と思ってみたり(笑)

ということで、今回の京都遠征終了。
去年の桜に比べると、奥地に行ったせいかあまり回れていないですね。もっとも、こっちじゃなきゃ醍醐の方を考えていたので、どっちにしてもあまり回れなかった可能性大ですが(笑)

あとはいつものごとく、オマケ編があります。
もうしばしお付き合いを。
飛び飛びで紹介していますが、祇王寺に続いては曼殊院になります。

嵯峨野の祇王寺から嵐山へ戻り、そのまま河原町→出町柳→一乗寺とちょうど地図上では逆サイドへ移動しています。

まぁ、本当なら嵐電にでも乗って、行ってそうで行ってない北野天満宮やら妙心寺、等持寺あたりをグルッと回って、というルートもアリだったと思うんですが、時間に追われてたせいもあって、どこにも寄らずに逆サイドへ移動、という感じになっちゃいました。

で、叡山電鉄の一乗寺駅からこれまた意外に距離があることが分かり、時間短縮のため再びタクっての訪問と相成ったのが曼殊院。

ここはとっても格式の高い門跡さんで、皇族に連なる方々が住職を務めてきたってこともあったり、国宝もいくつか収蔵されてたり、とちょっと敷居の高いお寺さんです。

枯山水の庭園が有名、ってことで、遠征してきたんですが、無情にも「室内・庭園撮影禁止」の貼り紙が……。室内については、確かに古今集の写本やら天皇の宸筆やら国宝の仏像やら(レプリカだった気がしますが)が展示されてたりするんで、保護のためにもそりゃ撮影はいかんよなぁ、と納得したんですが、庭園はどうよ、と疑問を抱きつつ、それは立派な庭園を堪能しました。

ということで、4枚どーぞー(笑)
c0071763_1414086.jpg

c0071763_1415163.jpg

c0071763_142170.jpg

c0071763_1421267.jpg

という感じで。

撮影ダメよ、ってあったんで、ガマンしてたんですが、他の観光客がフツーに構えてフツーに記念写真を撮ってたりしたんで「こらもったいないわ」と思い直し、でも、一眼を構えるとツッコまれたらイヤだな〜、と思って、間を取ってGR DIGITALで撮ってます。

1枚目、本当に見事な霧島つつじ(って名前のようです)で、写真じゃ伝えきれない、目の覚めるように鮮やかな朱でした。庭園自体はそこそこ広くて、見応えも十分。個人的には玄関を入ってすぐのところにあった、ちんまりした枯山水を撮っておきたかったんですが、土産物販売ブースのおばちゃんの目が憚られて、撮れず終いに終わってしまいました。ちと残念。

同じ撮影禁止でも化野念仏寺とはちょっと意味合いが違うようで、こちらは「そこまで言わなくっても〜」って感じでしたが、まぁ仕方のないところでしょう。

そして、下の詩仙堂に続くのです(笑)
ってなワケで、時系列をまったく無視した投稿です(笑)

嵐山近辺から化野念仏寺まで、実は結構距離あります。歩いて歩けないことはないでしょうが、住宅地みたいな狭い道を突っ切った先、一番奥にあったりして、道も分かりにくいんですよね。

ということで、行きは嵐山からタクってます(笑)。運ちゃんも「しばらく行ってないんですよね〜」と自信なさげに走らせていたので、若干不安でしたが(笑)

化野念仏寺から祇王寺は大した距離ありません。歩いて数分。それは一昨年紅葉撮影で確認してたので、よーく覚えてたんですよね。

ってことで、当初は予定してなかったんですが、念仏寺から「今日は雨降ってるし、苔もいい案配で撮れるかもね〜」と期待して、急遽祇王寺へ立ち寄ることに。

ここは結構切ってます。
c0071763_2356178.jpg

c0071763_23584358.jpg

c0071763_23585483.jpg

c0071763_2359688.jpg

c0071763_23591749.jpg

c0071763_23593149.jpg

ってな感じで。

このお寺さんは紅葉の名所で、実際落ち始めの紅葉と苔の美しさたるや、すばらしいもんです。が、お寺さん自体はとんでもなくちっちゃいお寺で、そこにわんさか人が集まるもんだから、オンシーズンに行くと満足に写真なぞ撮れません(一昨年はそれでも撮りましたが・笑)。が、雨でオフシーズンで、奥地で、となるとやっぱり人がいない(笑)

なので、雰囲気をたっぷり堪能してまいりました。

やっぱり雨降ってましたけどね。まぁ、苔のきれいなところなので、雨降りもまたよろしいんじゃなかろうか、と。

で、まだ続きます(笑)
ということで、編集してるのは翌日だったりしてますが、日曜日は京都に行ってました。

理由?
まぁ、用事があった、ってのもひとつあるんですが、基本は例によって「願掛け」(笑)

去年の桜のときと同じく、JR東海ツアーズのパックチケットでお安く行ったんですが、ボチボチの時間の新幹線がたまたま運休日に当たり、新横浜6時半って割とあり得ない早朝新幹線で出撃。4時半に家を出るって時点でかなりあり得なかったんですが(笑)

で、到着が8時半。そのまま鈴虫寺に向かって、行列することもなくお参り。

お参りを済ませたあたりから本格的に雨になってきちゃって、嵐山で傘を購入し、そのまま第2の目的地、化野念仏寺に向かった次第でございます。

一応鈴虫寺近辺やら渡月橋やらで何となく写真は撮ったんですが、どっちゃでもいいカットなので割愛(笑)

化野念仏寺は一昨年の秋に行った常寂光寺やら祇王寺の近所で、心霊スポットで超有名な清滝トンネルの近所でもあります。ちなみにこのお寺さん「あだしのねんぶつじ」と読みます。

とりあえず4枚どーぞー。
c0071763_23193344.jpg

c0071763_2319507.jpg

c0071763_2320255.jpg

c0071763_23201383.jpg

ってな感じです。

このお寺さん、無縁仏を供養しているお寺さんだそうで、一種独特の雰囲気があります。場所は嵯峨野の奧、雨降り朝早め、ってこともあり、人はほとんどおらず、静かなもんでした。念仏を唱える声も奧から聞こえてきて、何だか、気が浄化されるというか、そういう気分になります。

ひとしきりグルッと回ってきたんですが、いくつかの場所で「撮影禁止」とされているところがあり、弔われている人に失礼がないように、という配慮が見て取れるお寺さんでした。

ここは紅葉の名所でもあるので、秋にもう一度来れたらいいな、と思いつつ、次なる場所へ。

でもって、ケータイ投稿はいきなり詩仙堂になっちゃったんですが、詩仙堂へたどり着く前にもちゃんと違う場所へ行ってます(笑)。時系列で並びませんが続く(笑)