ってなことで、まだ「No Man's Land」の記事が全然上がっていないんですが、ネタ的にはこっちも旬なので先に上げてみようかと(笑)

まだ1月(というか、明けて2月ですが)なのに、梅があちこちでいい感じに咲いてます。もろもろ調べてみたら、鎌倉で蝋梅が見頃だ、というので行ってきました。

行った先は長谷寺と光則寺。ま、お隣というか歩いてナンボかしかない距離なんですけどね。
とりあえず、6枚どーぞー。
c0071763_241189.jpg

c0071763_2411226.jpg

c0071763_2412358.jpg

c0071763_2413688.jpg

c0071763_2415023.jpg

c0071763_2423619.jpg

ってな感じで。上3枚が長谷寺で、下3枚が光則寺です。

長谷寺はもう何度か行っているので、中の様子は一切撮らずに梅だけ。蝋梅も何本かあるにはあったんですが、ちらほらしか咲いていなかったので、とりあえずスルーで。というか、梅はやっぱりドカッと咲かない花なので、被写体としては今ひとつこう美しく見えないというか。寄ってもちらほらしか写らないんでねぇ。

光則寺は初めて行ったお寺さんでしたが、こちらは門より手前に見事な蝋梅があったので、サラッと撮ってみました。蝋梅も花が小さくて黄色で可憐な感じなんですが、これまたドカッと咲かないんで、なかなか撮りどころが、って感じです。

もう一度くらいどっかできちんと梅を撮りつつ、そんなことを言っている間に河津桜が咲き始めたりして、春ももうすぐ、って感じなんですね。ま、今週は節分ありーの立春ありーの、って週だし。
とっとと再編集しないと、写真も多いんで気づけば2週間くらいかかりそうな勢いなので(笑)

ということで、前回の再編集版では上野から弘前まで寝台特急に乗ったとさ、ってな話をまとめてみましたが、今回は弘前到着以降の話です。

で、弘前到着が9時ちょっと過ぎ。当初はそのまま弘前城へ行き、紅葉を撮って弘前市内を撮って、のんびり角館へ移動してお宿に、という計画だったんですが、宿を取る段階でチェックインを19時に設定したのと、過去二度の遠征で「あんまり早く宿に着いてもやることねぇよな」という反省を踏まえて、計画の変更を特急の中で思い立ちます(笑)

急遽浮上したのが「斜陽館に行くか」というプラン。が、弘前城を撮ってメシ食って移動、とやると列車の時間が非常によろしくない。で、秋田の手前くらいから考え始めて、たどり着いた結論が「先に斜陽館、戻って弘前城」という紅葉撮影をそっちのけにしたプラン(笑)

特急が弘前に着いて、10分強くらいの時間で五能線なるローカル線に乗り換え、そこから五所川原に移動しました。そんな関係で、実は弘前駅の写真が一枚もない(笑)

五能線ってのは弘前から秋田県の東能代までつながってる結構長いローカル線だったりするんですが、当たり前のように弘前から2駅先を除いて全線非電化。おまけに当たり前のように単線だし、当たり前のように1時間に1本あるかないか、くらいの余裕たっぷりのダイヤ(笑)。さらに弘前から東能代まで直通で運転されている列車が、臨時の快速以外に1日1往復しかないという素晴らしさ(笑)。このおかげで、スケジュール立てに苦労したワケですが。

弘前から五所川原まで小一時間。生まれて初めて乗ったディーゼルカーを堪能しました(笑)。ま、遅いのとエンジン音がうるさいこと以外は電車と変わらないんですけどね(笑)

五所川原に着いて、そのまま跨線橋で移動した先が、ストーブ列車で有名な津軽鉄道。
c0071763_1022291.jpg

この写真はJR五所川原駅ではなく、津軽鉄道の「津軽五所川原駅」だったりします。こちらもまた典型的な超ローカル線で、乗り換え改札なんぞ面倒なものはなく、駅員さん兼運転手さんが乗り継ぎ精算するくらいののんびりしたもの。

JR五所川原到着から20分くらいの余裕があったんで、ここでは写真を撮ってます。
c0071763_1211220.jpg

c0071763_1212894.jpg

c0071763_1213732.jpg

c0071763_1214650.jpg

とまぁ、いい感じに朽ちている車両のオンパレード(笑)

ちなみに、この時点で津軽鉄道のホームにいたのは、ワタクシと同じ観光客が15人くらいと地元の女子中学生くらいの娘が1人。学校のジャージ着たままで、素朴な感じがかわいいメガネっ娘でしたが(聞いてないな・笑)。3枚目の写真の奧に見えるのがJR五所川原駅だったりするんですが、そこにも人がいない……土曜日なのに相当に寂れた風景でした(笑)

そんなこんなで列車が着いて、津軽鉄道に乗り込み金木へ向かいます。
ということで、行ってきました。

今はコスモスの時期なんですよね。ここ何年かは、一番いい時期に台風が来たり大雨が降ったりで、コスモスがグタグタになっている状態しか見ていなかったので、今年こそは、と思っていたところ、ちょうどこの週末が見頃になりそう、的なことが書いてあったんで。

とりあえず6枚どーぞー。
c0071763_1373048.jpg

c0071763_1374195.jpg

c0071763_1375260.jpg

c0071763_138310.jpg

c0071763_1381217.jpg

c0071763_1382273.jpg

ってな感じで。

結局のところ、どう撮ってもコスモスなんで、今回はレンズで仕分けしてみました。ま、レンズの違いなんぞに興味がない方には、単純にコスモスの写真がダラダラ続くだけになっちゃうんですけど(苦笑)

で、まずは手持ちのAFレンズ2本で撮った分。18-55mm F3.5-5.6ってなレンズと、55-300mm F4-5.8ってな望遠レンズの2本。最近とある事情で入れ替えたペンタックスの純正レンズでございます。先日の横須賀美術館で撮ったのもこの2本。

そうですねぇ。18-55mmのレンズは、前回の横須賀美術館では特にどうってことのないレンズだという認識だったんですが、改めてこう撮ってみると、それなりにまともに写るレンズかな、と。5000円で買ってこれだけ写れば贅沢なくらいやも。55-300mmの方は前回も思ったんですが、いい写りします。ちょっと色が浅い感じがしないでもないですが、ボケの感じもいいし、好みのレンズです。どっちもカメラ側でそう設定してあるからですが、非常にシャープに写るのが好感持てます。まぁ、それだけ、と言えばそれだけなんですが。

ということで、似たようなコスモスの写真ですが、あと2回続きます。
ってなワケで、行ってきました。

まぁ、ウチからナンボの距離じゃい、ってところなので、とりたてて新鮮味も何もないんですが(笑)。が、これから写真を載せますが、あくまでも「美術館」なので、用事は写真じゃなくって展覧会。展覧会のついでで撮ったもんです。

とりあえず5枚どーぞー。
c0071763_38115.jpg

c0071763_382323.jpg

c0071763_383625.jpg

c0071763_384732.jpg

c0071763_385788.jpg

ってな感じで。

まぁ、どうっちゅーことのない写真ばっかりです(笑)。レンズを入れ替えたので、そのテストランを兼ねて、だったんですが、どうにもフツーに写るフツーの写真になっちゃって、イマイチ撮る意欲がわかないというか。

とは言え、5枚目はある意味狙って撮ったんですが、ちょっと良いかなぁ、と。このサイズだと男性2人に見えなくもないですが、男女です。ご夫婦じゃないですかねぇ?

3枚目はここが開館した当時に同じ構図で似たようなカットを撮ってます。

ちなみに、本筋の展覧会は、と言えば、クレーの展覧会だったんですね。横須賀美術館じゃ久しぶりの大物作家の展覧会だったので、観に行ってみた、と。なかなか良かったです。若干、説明書きが多かった気がしないでもないですが、いい作品が多かった気がします。もっとも、印象に残ったのは、クレー本人よりもクレーがそれを下敷きにして描いた北斎の絵だったりするんですが(笑)

横須賀美術館も、横浜美術館と同じようにもっと企画展をやればいいのに、と思わないでもないですね。箱は立派だし、ロケーションも抜群。なのに、どうも垢抜けない企画展が多いような。横浜美術館の方が魅せる企画展が多いです。もうちょっと頑張って欲しいなぁ、と思う次第です。
ってことで、昨日は完全に寝落ちしちゃって上げられなかったので、今日改めて。

帷子川へ行ってきた話の番外編です。
とりあえず3枚どーぞー。
c0071763_3193977.jpg

c0071763_3195577.jpg

c0071763_320662.jpg

ってな感じで。帷子川とまったく関係ない雲の写真です(笑)

いや、ワタクシがこんな雲の写真を撮って上げるなんて珍しいわけですよ。だからって、そんなにインパクトのある雲だったのか、と言われるとそうでもなかったんですが(笑)。3枚目は唯一「何か久しぶりに見る入道雲だなぁ」と思って、何となく切った1枚ですが、残りは意味なし・意図なしカット(笑)

たまたま何となーく撮ったら、何となーく見栄えしたので、上げてみた次第です。

ってことで、帷子川編終了。
今週末もきっと何かを撮って上げることでしょう。もしかしたら、20世紀少年の完結編が封切りなので、それを観に行ってたりして、何も撮らない可能性もゼロじゃないですけど(笑)
ということで、神楽坂その2編で予告した通り、出かけてきちゃいました。

場所は横浜市内を流れる帷子川。え〜っと、かなり前にアゴヒゲアザラシの「たまちゃん」が登場して話題になった川です。ま、一口に帷子川と言っても流域は広いわけで、今回はその中でも相鉄線鶴ヶ峰駅から徒歩ちみっと、で着ける帷子川親水緑道へ行ってきたわけです。

まずは3枚。
c0071763_3233084.jpg

c0071763_3234099.jpg

c0071763_3235182.jpg

という感じで。

緑道自体は端から端までで、感覚的に2kmはないな、という感じで、1枚目は駅から一番近所に位置している公園風の場所で撮ったもの。暑いんで、水が流れるこういう写真を撮りたくてしょうがなかったんですが、まぁ、そこはかとなく満足。とは言っても、写真で見るよりはるかに落差ないんですけど(笑)

2枚目、3枚目は帷子川の流れです。なんとなーく渓流っぽい雰囲気ですが、そう撮れているだけです(笑)。実際はただの川で、水も決してキレイなもんじゃあございません。かろうじて生活排水が流れていないのかな、という感じ。

とは言え、魚なんかいねぇだろ、と思っていたら、1匹うぐいだか何だかが泳いでたし、撮り損ねましたが、3枚目に写ってるせり出した枝の上にはカワセミも来てたので、意外に環境は悪くないのかも、と思ってみたり。

ついでに言うと、これに感動してたりします。
c0071763_332576.jpg

c0071763_3321532.jpg

そう、イトトンボがいたんですよね。割とたくさん。ワタクシがガキの頃は川辺に行けばフツーに見られた(それでもフツーのトンボよりは少なかったですけど)んですが、もう何年も、十何年も見てない、すっかり見なくなったトンボです。

感動した割に、写真はイマイチですが望遠で撮った上に、ヤツらはちっこいし、おまけに通り雨に降られて最悪な環境で撮ったので、手ブレに悩まされて、ギリギリ許せる範疇のカットがこの2枚だけでした。三脚を持って行けば良かったんですけどね。

で、この後、これがもうひとつの目的だったんですが、緑道を抜けて歩くこと20分強。白根神社なるお社があって、そこにある横浜最大の「滝」、白糸の滝を撮ってきました。
c0071763_3362184.jpg

ま、コレなんですけどね。……滝っつーか、落差のある流れ、ってだけじゃん(笑)。滝の落差はどうでも良かったワケです。個人的には。一番重要だったのは、その環境。ここは見て分かる通り、すっかり整備されていて、風情はゼロ。自然の状態はまったく残っていません。ま、それでも一応3mだかの落差はあるので、なんとなく滝っぽくは見えるワケでして。

もひとつ悲しいのは、水の匂い。せめてフツーの水の匂いだったら良かったんですが、ドブの匂いそのものでした。……いかんですよねぇ。整備されていても、おまけ程度に魚とかいてくれりゃ格好も付いたんでしょうが、それもなく。

そもそも、ここを何で知ったかと言えば、FM横浜でたまたま聞いたから(笑)。ちょうど川を撮りたかったし、行ってみるかと。もっとも事前に調べはつけて行ったので、「もどき」であることは承知の上で行ったんですけどね(笑)。ただ、白糸の滝はホントに期待はずれでした。わざわざ石碑まで建ててるのに、そりゃねぇだろ、という感じ。神様も怒るんじゃないっすか、コレじゃあ。

ということで、あと3枚だけあるので、次回へ回します。
ってことで、丸一週間引っ張っちゃいました。

今回がもちろん最後、思いつきで撮ったもろもろを上げておきます。
c0071763_303092.jpg

噴水はちろちろとしか出てなかったんですが、クソ暑い日だったので子供はコレだけでも大喜び、の図です。ちなみに奧へ行くと水着着用で遊べる水場があったりするんですが、さすがにそこでカメラを向けるとお縄になりかねないので(笑)

c0071763_314680.jpg

c0071763_32153.jpg

c0071763_321293.jpg

意味なしカット三連発(笑)。ベンチはよくネタにするモチーフなので、これはまぁ狙って撮ってるかも。

c0071763_331468.jpg

c0071763_332445.jpg

ちびこい花の写真を2枚。まぁ、これまたよくネタにするので、別段珍しい写真でも何でもないんですけどね。

ってことで、これだけ引っ張ったのでさぞかしソレイユの丘とは楽しいところだったんだろう、と思ってる方もいるやも知れませんが、実はそうでもない(笑)

大人だけで行ってもさほど面白くないです。きっと。子供連れなら一緒に思う存分楽しめるだろうし、そういう施設もあちこちにあるんですが、大人が楽しめるところってありそうで意外にないです。BBQの施設があったり、乗馬できたりするんですが、目に付いたのはその程度で、大人が丸一日遊ぶには相当厳しいんじゃなかろうか、と。

単純にのんびりしに行こう、というのであれば、うってつけの場所かも知れないです。何もないかわりに、雰囲気だけはよろしいので。それでもせいぜい2、3時間がいいところかも、ですなぁ。写真を撮るにも、これだけ撮ってきて何ですが、一度行けばだいたい何となく終了、って感じです。個人的には花が少ないので、ちょっと撮りどころにも困るかなぁ、と。コスモスもいいらしいですが、向日葵も含めてドカーンと植わってる、って感じじゃないんですよね。イマイチ絵にならん、というのが本音。平日に行ったからかも知れないですが、一眼抱えてえっちらほ、ってのはワタクシだけでした(笑)

ちなみに、この近所に漁港があるんですが、写真を撮るならそことセットにして行動するといいかも知れないです。

ということで、ソレイユの丘終了。
来週の月曜日は何を撮りますかね。
ソレイユの丘ネタ、3回目です。遠くどころか、ヘタすりゃ歩いて行かれる距離なのに、何故か旅写真と同じくらい続いているという。何ででしょうね? 撮った自分にもよう分からんです(笑)

ということで、今回は「窓」編です。
c0071763_4192599.jpg

c0071763_4193816.jpg

c0071763_4194856.jpg

c0071763_4195994.jpg

c0071763_4201086.jpg

c0071763_4202240.jpg

c0071763_4203532.jpg

c0071763_420467.jpg

とまぁ、大量アップしちゃいました(笑)

ソレイユの丘の園内(言い回しがヘンだな・笑)は、南仏プロバンス(コレばっか)風の建物があちこちに点在しています。もちろん、意味なしで建っているワケじゃなく、例えばトイレだったり、例えば休憩所だったり、有料施設の受付だったり、売店だったりと機能は持たされているんですが。

で、たまたまふと思いついて窓だけ切り取って撮ってみたら、意外に雰囲気いいんじゃないの? と思い、あちこちでいろいろ撮ってみたら、表情は微妙に違うし、面白いじゃん、ってなことで8枚も撮っちゃった次第です(笑)

ワタクシ、あんまりこういうテーマを持って撮ることが極めて少ないんですが、たまにはこういうことをやってみるのも一興だな、と思った次第で。

でもって、まだ続くんです(笑)。次回が最後ですかね。
引き続き、ソレイユの丘ネタです。

ま、ハナから知っていたので、別に驚きも何もしなかったんですが、ここには動物も住まわってたりします。ただし、動物園ではないので、いる動物は「南仏プロバンス」な雰囲気(?)のヤツら。

ってことでまずはコレ。
c0071763_0184981.jpg

ヤギですな。こんなかっこで草を食むには
c0071763_021673.jpg

こうまでしてたワケです(笑)。コレ、角を切ってあったので、柵の間から頭も入ったわけですが、角があったらどうしてたんだろ?(笑)
c0071763_022861.jpg

こんくらいの角が生えたりするわけなので、さすがに頭は入らないよなぁ、と。

c0071763_0224227.jpg

乗馬できるので、当然お馬さんもいたりして。持って行ったレンズが90mmマックスだったので、もっと長いレンズがあれば、もっと寄って撮れたんですけどねぇ。
c0071763_0234170.jpg

こんくらい繋養されてたりします。ケツからでスマン、って感じです(笑)

c0071763_0244399.jpg

照れ屋なのか、単純に暑くて動くのが面倒だったのか、頭をビミョーに動かしてただけのロバ。

c0071763_0252156.jpg

ヤギがいれば羊もまたいたりします。

ということで、ほら、南仏プロバンスな感じでしょ?(笑)

そして、さらに続くのです。
キレイな花火写真、撮ってみた!
と言っても、先週の土曜日の話ですが(笑)

7月の久里浜の花火のところでもちょっと触れた、横須賀の花火に行ってきました。例年のごとく、今年も1万発を40分そこそこでバカスカ上げる、という景気のいい(?)花火大会です。

今年は横浜の花火大会が一度しかなくて、しかも同じ日程に当たったので、横浜以北に住んでいる人はおそらく来なかっただろうし、横浜の花火よりも景気よく玉数も多いので、お得感(?)たっぷりで割と楽に観られたハズ……の花火でした。

とりあえず4枚どーぞー。
c0071763_12163637.jpg

c0071763_1216475.jpg

c0071763_12165798.jpg

c0071763_1217627.jpg

ってな感じで。

毎年だんだんとグレードアップしていくこの大会ですが、今年もド派手でした。見応え満点。ただ、肝心の写真となると例年で一番不作だったかも。

天気は予報に反してきっちり持ってくれたんですが、その代わり風がなくて、花火はバカスカ上がるものの、煙が一向に流れずに半分隠れて花火が見える、というような状況。

その上、ワタクシ、調子に乗ってE-P1で動画を撮ろうと2台持って行って、両方を気にしながら撮っていた結果、実はどっちもロクに撮れていないという状況。動画は確かにいい案配に撮れてました。ただし、縦位置で(笑)。縦位置の動画ってカメラ以外では観られないんですよね。PC上で横長で観る縦位置動画。はい、動画慣れしてないのが見事に露呈しちゃいました。

で、写真もイマイチ。二兎を追う者は一兎をも得ず、のことわざが身にしみました。来年は……というか、今年もう一カ所どこかでリベンジ……したいなぁ……江ノ島明日なんだよな……会社休めないけど……はぁ……(笑)